漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

健康café 下島和弥先生 85 飲酒と健康 肝硬変、がん・・・飲み方見直そう

2017-06-20 11:52:42 | 日記

昌栄薬品です

産經新聞 平成29年(2017年)6月20日 火曜日 生活面医療の記事です

健康café 下島和弥先生

85 飲酒と健康

 肝硬変、がん・・・飲み方見直そう

 糖尿病などで通院している40代男性はお酒が大好きで、毎日飲むとのこと。

特に同僚と外で飲む時は、ついつい時間が長くなり、かなりの量を飲んでしまうそうです。

血液検査をすると、糖尿病はまずまずですが、肝機能を示す値が毎回、正常範囲を大きく超えています。

本人も気にはしているようで、検査前は1週間禁酒するなど、一時的ではあっても検査値を良くしようとしています。

 飲酒量が日常的に多い人の大半は脂肪肝で、酒量が多い状態が続けばアルコール性肝炎となり、肝硬変、肝臓がんへと続いていきます。

肝臓がんはもちろんのこと、肝硬変も死亡の直接の原因となる病気です。

日本では肝硬変や肝臓がんの原因の8割はB型やC型の肝炎ウイルスですが、肝炎ウイルスによる肝障害もアルコールによって進行が早められてしまいます。

 アルコールが悪さをするのは、肝臓だけではありません。

膵(すい)炎▽口や食道などにがんを発生させる▽高血圧▽不整脈▽心臓を含めた体の筋肉や神経に炎症を起す▽朝から飲酒していないといられないような精神的依存状態に陥る―など多岐にわたります。

 アルコールによる障害を防ぐには、酒量を減らす以外にありません。

自分の飲み方が健康を脅かす危険なものかどうかを知り、そうであれば早いうちに変える努力をしてほしいものです。

 危険な飲酒とは、日常的に飲むお酒の量だけの問題ではなく、飲み方なども関係します。

時々だが大量に飲んでしまう▽飲み出すとやめられない▽飲酒のせいで他人にけがを負わせてしまう▽飲酒後に自責の念に駆られる―などの項目がいくつも当てはまる人は要注意です。

 飲酒をして自動車を運転するのが危険極まりない行為であることは誰もが分かることですが、自転車に乗ることも事故の危険性が高くなります。

米国で昨年6月、都市部において飲酒後の自転車利用は、飲酒していない人に比べ、事故によって重傷を負うリスクが約2・3倍高く、死亡者も多いことが報告されました。

過去の研究では、歩行者も、飲酒後は事故の危険に身をさらす可能性が高くなるという報告があります。

 冒頭の男性には、飲酒は一時的な血液データの良しあしだけの問題ではないことを分かってもらい、お酒の飲み方を見直すように促しました。

納得いただけたようで、最近は肝臓の血液データも正常値に近いところで推移するようになっています。

(しもじま内科クリニック院長 下島和弥先生)

※ ※ ※ ※ ※

 苦味のビール以外の辛味のお酒は肺鼻皮毛大腸に良いのですが、過ぎると肝胆目筋を攻撃します、その為に酸味で肝胆目筋を守ります。

 酒のツマミに酸味のものがつくのは肝臓のグループを守るために食するのです。

 又ビールのツマミは辛味のもの・エシャレット+みそ、おでんに辛子、フランクフルトソーセージにマスタード等が肺鼻皮毛大腸を守ります。

 

 健康の為に食物の性質の解説五味調和の説明

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラス侵入禁止の警告文をつ... | トップ | 軟便だったり、下痢だったり... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。