2流釣り師のブログ(本編も見てください!)

面白い事を書く様に努力してるけど…?
ブックマークから本編『釣魚写真帳&釣行日記』に入れます!

あさりちゃん

2016年10月16日 22時24分00秒 | 釣り
数日後に迫ったカワハギ釣りの支度をしていて疑問が湧いた

アサリ餌はスーパーの食用と釣具屋の剥き身
どっちがお得なんだろう(~。~;)???

過去の経験から
アサリの鮮度は釣果に関係無い事は分かっている

さっそく比較調査を開始する事に…



次回のチーム念仏定例会もカワハギ釣りになるかも知れないし
アサリは冷凍保存可能だから沢山買いすぎて困る事は無いだろう

まずは…
近所のスーパーでアサリを物色

冷凍食品…
シーフードミックス
ボイル
佃煮
種類が多くて全部買うには高額過ぎる

最終的に選択したのは

熊本県産 活アサリ 2パック



続いて釣具屋に行き冷凍アサリを物色…
丸キューの200グラムが480円
400グラムが880円
🉐瓶は1790円

ダイワの100粒が900円
200粒が1480円
お徳用サイズは2180円

この中から選択したのは
比較検討しやすいダイワの100粒



ここまでの比較で既に判明した事が有る
ダイワのアサリは100粒で90グラム強
つまり1粒1グラムの極小サイズだって事!

小さい針でワッペン釣るならコレが最適って事かな?

対して…
スーパーで買った食用活けアサリ2パックには97個入っていた

重さは800グラム!
殻と水がどの程度の重さなのか?不明だから
このままじゃ比較出来ないが
殻と身の比率が8:1ならこちらは100粒で160グラム
ダイワの2倍近い大きさって事になるだろう


ま…
実際に計ってみれば分かる事(@_@)
いよいよ苦手な殻剝き作業に入る…

この作業は30年ぶりだなぁ~(´-`).。oO
三崎の防波堤で石鯛の落とし込み釣りをする時に
カラス貝とアサリを餌に使った以来…

錆びついた貝剝きナイフを砥石で研ぎ直して




昔を思い出しながら剝き始める

スタートしてすぐにチョンボに気づいた
(゜ロ゜;)

冷蔵庫で冷やしたアサリは
その貝殻をしっかり閉じてしまい
ナイフの刃先すら入らない(;^_^A

ムリな力を入れて左手指から少し出血…

やばいな…

少し時間をおいて口が開くのを待とう…

(-.-)y-゜゜゜



(-.-)y-゜゜゜


15分程度待ってから再開すると
少しだけ口を開けてくれた

コレで作業は格段にやりやすくなる(^_^)/


①厚みの有る頂点側から隙間を探りながら刃先をねじ込む


②左側の殻にナイフを沿わせる様に変形させる気持ちで下に刃先を動かして左下の貝柱を切る

更にそのまま、同様に刃先を上に滑らせて
左上の貝柱も切る


③貝を開くと右側に身が付いて左側は空に


④右側の貝柱は上下一気に切り離す!
貝殻に沿わせて刃先を滑らせるのはここまでと同じ



身はザルに
殻はゴミ袋に


この作業を100回繰り返して
作業時間は30分程度

30年ぶりで人生二度目の殻剝きだからこんなもんでしょ?
(*⌒▽⌒*)



殻剝きしたアサリを計りに乗せて計量すると270グラムほど…

ダイワのそれよりも3倍重い(゜ロ゜;)
粒がデカイって事だね…




比較調査の結論は…
【価格】
100粒の値段はどちらも800~900円前後で引き分け!
【品質】
鮮度は勿論の事、大きさも食用が3倍ほど大きいので食用の1勝
【手間】
ダイワの方は釣り場で解凍するだけ
食用は殻剝き作業が必要で1敗
【釣果】
まだ不明!(~。~;)?
今週中には結論出す予定!

ってな訳で
結論はもう少しお待ちを(=^..^=)ミャー
(後日コメントにて!)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 津久井湖ワカサギ調査 | トップ | カワハギ調査 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (番長)
2016-10-19 10:42:01
釣果次第かぁ〰
俺的には殻向きに2敗ぐらいの重みがあるよ(笑)
Re:Unknown (二流釣り師)
2016-10-20 07:16:16
アサリの結論は…
釣果に差は無しで
食用は粒がデカすぎて針に収まらない
ダイワの方は小粒で針にピッタリ!

結果
釣り餌用のアサリに軍配上がる事となった!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。