日本共産党八潮市議・鹿野泰司(かの やすじ) ときどきの記

日本共産党八潮市議会議員です。八潮市の東南部地域、潮止地区が活動エリアです。

二丁目の獅子舞

2014-07-18 | 日記
二丁目の獅子舞が今度の日曜日・20日に行われる。

場所は、上二丁目の氷川神社。
共和橋の少し上流、
かつては旧潮止村の田んぼを潤した旧二丁目揚水機場のすぐそばである。


昨年のブログで紹介した二丁目の獅子



党の東京・中野区議会議員が辞職をした。
ツイッターの書き込みに対してものだった。
しんぶん赤旗に関連記事が掲載されたのでコピーをする。


東京・中野区議会議員の辞職について

 東京都中野区の日本共産党区議(金子洋氏)が14日に議員辞職したことについて、日本共産党中野地区委員会と同中野区議団が15日に発表した見解を、「しんぶん赤旗」は17日付の首都圏のページで報道しました。

 首都圏外の党員や党支持者などから、“新聞やテレビでは全国で報道されているのに、「赤旗」にはなんの報道もない。これでは事実関係もわからないではないか”という声が、よせられています。

 この区議会議員は、ツイッター上で暴言を発信したことから、辞職にいたりました。その暴言とは、具体的には、集団的自衛権問題でのやりとりのなかで、「(集団的自衛権を行使すれば)他国との信頼関係は強まるし、働いていないヒキニートのゴミ屑が国の為に働けるんだぜ」などという相手にたいして「おまえこそ人間の屑だ。死ね!」と述べたものです。これが全国に拡散し、都議会での野次・暴言問題での日本共産党都議団の追及などと対比する形で、日本共産党が批判を受けていました。党として調査のうえ、議員本人に辞職を求めていました。

 ツイッターは、未知の相手も含めて発信されるものであり、他人の人格を全面的に否定するようなことは、党の立場から言って許されません。とくに党の議員や候補者などの場合、その発言が「党」を代表する見解ととられることもふまえて、発信することが求められます。
(中央委員会「国民の声」室)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本共産党創立92周年記念... | トップ | 二丁目の獅子舞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事