さわやか易(別館)

人生も歴史もドラマとして描いております。易の法則とともに考えると現代がかかえる難問題の解決法が見えてきます。(猶興)

ヒトラーを語る。(2)ヒトラーの予言

2017-06-12 12:36:02 | 世界史談義

親分、また来ました。

遠慮はいらないぞ。毎日でも来い。ところで今日もヒトラーでいくのか?

そうですね。昨日、ヒトラーの暗殺を話しましたので、今日はヒトラーが何故あんなに国民から支持されたのかを話したいと思います。

そうだなあ、いくら大不況からの脱出に功績があったとしても、あれほどヒトラーー色になったのは不思議だよな。何か特別な力が働いたんだろうな。ドイツ人があれほど熱狂的になったというのはかつてなかったことだろう。いったい何がそうしたのかな。

いくつかの要素があると思うのですが、第一次世界大戦までは皇帝が頂点にいましたよね。その皇帝ヴィルヘルム2世が退陣し、大統領制になりましたが、ドイツにはやはり強力なリーダーシップがないとしっくりしなかったんじゃないでしょうか。

成る程、つまり英雄待望ということだな。フランス革命後のナポレオンと一緒だ。

大恐慌時代の大ピンチに選ばれた大統領がヒンデンブルグという元陸軍元帥なんですが、存在感はあったようですが大ピンチには打つ手がなかったんです。そうしている間に支持をあつめていたのがヒトラーのナチ党だったんです。

民衆の支持を集めたのは解るが、金と力をもった企業家とか銀行家、大地主といった支配階級の支持はどうやって得たんだ?

そこなんですよ。そういう支配層が一番心配したのが共産党の躍進なんですよ。ロシア革命みたいなことが起ることが一番恐いですよね。ところがヒトラーのナチ党は反共産主義なんですよ。それで支配層たちは共産党に政権を取られるよりはナチ党の方がマシだろうと思ったんですね。それでナチ党を支持したんです。

成る程なあ、ロシア革命になっちゃ元も子もないからな。それでナチ党が政権を取ったんだな。支配層もヴェルサイユ条約でがんじがらめの制約で我慢を強いられていたんだろうな。

ヒトラーの人気

政権をとってからのヒトラーが断然凄いことをやってのけるんですね。あれよあれよの躍進で、アウトバーンは建設されるは、ベルリンオリンピックは大成功するわで、国民は沸きに沸くんです。こうなれば、誰もヒトラーに反対できませんよね。ヒトラーの演説にはすっかり魅せられてしまうんです。

ヒトラーの演説はとくに民衆を魅了する力があったようだな?

そうなんです。ヒトラーは演説の天才というか誰でもヒトラーの演説を聞くと従ってしまうんですが、民衆を洗脳する才能があったみたいですね。

そうだな、洗脳だな。オカルト教団の教主みたいだよな。

そうですね。この洗脳にはいくつかポイントがあってそのポイントを上手くヒトラーは使っていたようです。

その洗脳ポイントとはどんなものだ?

ヒトラーは民衆への演説は夜にやったそうです。昼間働いた民衆は頭も疲れていて空腹ですよね。判断力が低下している頃が一番洗脳しやすいそうです。集まった人に自信を持たせる。「ドイツ人は世界一だ。」「我々が歴史を作るんだ。」この解り易く短いフレーズを何度も繰り返すのです。オバマ大統領が「YES WE CAN」を何度も繰り返したのと一緒なんです。そして話は解り易いこと。

政治家の演説で何を言ってるか解らないのもあるよな。あれじゃダメなんだな。

それから二者択一というのも解り易く、良く使ったそうです。例えば、ユダヤ人を絶滅させる話の時は、「このままではドイツ人はユダヤ人に滅ぼされてしまうんだ。滅ぼされる方が良いのか?、それとも滅ぼした方が良いのか?」という論法ですね。

ヒトラーには予言者という顔があるよな。

Yukio Mishima.jpg
三島由紀夫(1925~1970)
 

はい、三島由紀夫がヒトラーは予言者だと言っているそうですよ。あのノーベル文学賞の候補になるような人が「ヒトラーには予知能力がある。」と言っているんですから何か特別な力があったんじゃないでしょうか。

俺はあまり予言とかは好きじゃないんだが、まあ、常人ではないことは確かだよな。あれだけ時代が混乱した時に、世界を動かす地位にいると将来のことが予知できるということもあるんだろうね。

例えば1989年に世界が歴史的な大変化があると予言しているんですが、この年にベルリンの壁が崩壊されるんですね。日本では昭和から平成に変わった年でもあるんです。それを50年前に言っているんです。アメリカがユダヤ人が作った新型爆弾を日本に3か所投下し、焼け野原になるとも言っているんですよ。

確かにヒトラー位になれば、普通の人が解らないような未来が見えていたのかも知れないな。でも、ヒトラーは世界史の中では大きく流れを変えた人物ではあるが、ヒトラーもただの人間だと思うな。あういう人間が時々現れるというのも現実にあるんだということだな。そして歴史が造られて行くんだな。

これからも歴史を作る人物が次々と登場するんでしょうね。とにかくヒトラーの登場は何か特別な意味があると思うんです。人類にとって、大きな反省を促しているんだと思います。戦争では何も解決は出来ないとか、二度と同じ過ちを繰り返してはいけないとか、そんな神様のメッセージがヒトラーじゃないでしょうか。

そうかも知れないな。国際紛争を解決する新たな知恵を人類は見つけなけりゃいけないんだな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトラーを語る。(1)ヒト... | トップ | チャーチルを語る。(1) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。