鹿能リコのおしらせ

BL作家鹿能リコの新刊発売等の情報をお知らせするページです。

【DHC】2/28(火) 百田尚樹・藤井厳喜・居島一平【虎ノ門ニュース】

2017年03月06日 21時50分54秒 | Weblog

【DHC】2/28(火) 百田尚樹・藤井厳喜・居島一平【虎ノ門ニュース】

 

ちょっと古いんですけど、面白かったので。

毛沢東は、大東亜戦争の時、日本軍と裏で手を結んでたから、日本のことは悪く言ってなかったとか、南京大虐殺は80年代まで中国の教科書にのってなかったとか、面白い話が盛りだくさん!

正確な知識というのは、重要だなぁと思う次第。

 

そういえば、菩薩行の内容、わかった。

たぶん、自利利他円満の功徳です。

これ、意味が「他人の利益を測ると自分の利益になる」とか「自分にとって良いことをしてたら、他人の利益になってた!」とか、「他人を利することで、自分の利益を得よう」とか、いろいろ解釈が分れるんですけど、まあ、その辺のどれかだろうなぁ。

個人的には、自分が楽しい! って思う小説を書いたら、みんな喜んでくれた、だといいなぁと思いつつ、読者様が喜ぶ小説を書いたら、本が売れて版元も私も嬉しいね、なのか、よくわかりませんが、エンタメのプロの人なら、みんなやってね? って思った。

 

そうか、クリエイターって、菩薩行してるんだよ、みんな!!

って、膝を打つ。

いずれにせよ、「私」も「みんな」も、楽しいね、嬉しいね、という結果になるのがベストって話ですね。

そういう業界で働けて、本当に良かったなーと思いました。

 

楽しむ、楽しむよ!

ちなみに、私は普通の事務仕事をする時に一番気にしてるのが、仕事でミスらない……ではなく、「どうやったら、この職場の人たちが、快適にすごせるか」です。

これを意識してる人って、思ったより、いないねー。

うんと、私、パフォーマンスの高い職場って、結局、人間関係が円満な職場だと思うのよ。

(なあなあではなく。例えて言えば、文化祭の事前準備で、みんなが夜遅くまで残って、楽しそうにてきぱき作業してる感じ)

 

だから、そういう風になるべく、コピー紙の補給とか朝一でしたり、お茶出ししたり、みんなが快適に過ごせるよう備品の補充したりするの、嫌いじゃないし、黙って率先してやるんだけどね。

たいてい、偉くなる人や偉い人は、私のそういうとこ見てくれて、派遣法が導入されるはるか以前に、派遣でもすぐに社員に誘われたりしたんですけど、優しいからしているというより、親切でやってます。

優しいと親切って、違うんだよね。

 

私は、みんなが好きだから! ではなく、とげとげした環境が嫌いなので(純粋にパフォーマンスが下がるのがイヤ)、それを回避すべくやっている。

親切ってのは、そういう……クレバーな部分があると思います。そこんとこ、ちょっとサイコパスに似てると思う。

感情や好悪でやってるんじゃなくて、理性……信念? で、意識してやってるから(好きだからやる、は、幼稚園児でもできる当たり前の話で、そうふるまうのが社会人として当然と思ってるからそうする、に近いです)。

とまあ、そんな感じで。

職場で上手く行かない人は、親切になるよう、ふるまってみるといいですよ。

ある意味、これも自利利他円満の功徳だと思います!

 

 

……普通の職場では上手くできるのに、なぜ、小説ではイマイチなのか……。

小説ではイマイチだから、課題としてやる意味があるんだろうか……。

小首を傾げる鹿能でした。

傀儡師の愛人、クライマックスシーン、ほぼ書き直し確定で、感謝! うん、もう、絶好調!!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新たな実験の予感……! | トップ | もそもそ生きてます »
最近の画像もっと見る

あわせて読む