少しでも長く

夫のがんに、子育てに、右往左往しています。

手術へ

2017-04-18 12:44:45 | 夫のがん治療
2度の抗がん剤が終わって、正確には2クール目の第3週当たりに入ると、気持ち悪さやだるさはすっかり無くなり、大きな変化が現れました。

それは今までドロドロ専門だった夫が、固形の食べ物を食べれるようになったのです。

チキンソテーやステーキ、お寿司、ブロッコリーやジャガイモ‥‥など。
(ブロッコリーは難問です、手術が終わって一年たった今もなぜか難しい、通過する向き?によって引っかかる様子)

「腫瘍が小さくなったんだ」
夫はそう感じて、手術後に向けた準備をし始めなければ‥‥と考えたようです。

手術について調べ始め、ここでまずタバコをすっぱり止めました。
続いて、3歳の息子を持ち上げたり投げ飛ばしたり、ひざ下につかまらせてグイグイ引き上げたり、寝転んだ足の裏に乗せて上下したり(大喜びで毎日100万回でも付き合ってくれます)。
自宅の床拭きは朝だけでなく夕食後もやるようになりました。

食事は変わらず3000kcal以上
いくら固形が食べれるようになったとはいえ、毎回は上手くいきません。
何しろ夫は大の早食いなのです。
詰まります、大して噛んでないんですから‥‥。
詰まると涙目でトイレへゴー!
そしてオエオエしたせいで胃は痙攣を始め、その日はもう食べれません。

考えました。
セルフ 刻み食
「刻み食」というのが病院の食事にありました。「流動食」ほどドロドロでは無くて、みんな5㎜大ぐらいに刻んでありました。
それで夫の食卓にはいつもナイフとフォークをセットして自分で切り刻んで食べるようになりました。

「誰かが一緒に食事をすると、話などに気が取られて詰まってしまう」
食道がんが見つかってから夫は何度もこう言って、一人で食事を取るようになりました。
「パパのご飯の時は邪魔しないんだよ」3歳の長男は誰にでも言うので、その度に私は歯を食いしばって泣かないようにしました。

一緒に眠る事も出来ない、ご飯も食べられない、入院の度に急に居なくなってしまう、知らない人が来て(シッター)ママも毎日居なくなってしまう、
休日も遊びに行くのはママとだけ、旅行も行けない‥‥長男は色々と理解して我慢してくれました。
パパ、頑張れ‼︎

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族の温度差 | トップ | 手術を受ける »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。