少しでも長く

夫のがんに、子育てに、右往左往しています。

再発

2017-05-18 13:19:13 | 夫のがん治療
抗がん剤1.2.→手術→抗がん剤3.4と終わってからは、時々の採血とCTの検査で経過を見ていきました。

最初のCTの時は、夫婦で緊張し過ぎて夜、眠れなくなるほどでした。お互いそんなヤワなことは言いませんけど、起きてるのは分かります(笑)

手術をしてガンが無くなっても、一度なった人はこんな緊張感の中でずっと暮らしていくんだな。
知らなかった世界を知りました。

7ヶ月後、喉に《引っかかる感じ》を強く感じるようになり、「下咽頭に再発か‥」と疑いを抱くようになりました。
それは、食道と喉がつながってることや、病理検査で夫には非連続性に点々とガンが出来ていたことなど、
元々気になることがあったので《引っかかる》と自覚してから不安はドンドン大きくなります。

定期検診のCTでは特に問題は無く、ペットCTと内視鏡検査を受けることになりました。

内視鏡検査では、確かに喉の下の縫合部が、「緩やかに起伏しているが、突起ではなく、全くつまめない状態」と。
ホッとして、気にし過ぎの自分たちを「あはは!」と笑いました。

そして後日ペットCTの結果を聞くと
喉では無く、お腹が、胃の辺りが光っているのです。
外来で先生と一緒に以前のCTを見直すと、その3ヶ月前に受けた、術後4ヶ月後のCTでその場所に言われてみれば薄っすらと影があります‥。
何だろう、これどこなんだろう。
臓器に転移してるの?
声が出ませんでした。

食道癌だもの。ステージ4だもの。
そんな簡単に許してはもらえないですよ、



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退院したら | トップ | 放射線治療 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。