“カ・ノ・ン”

映画を見た後の余韻をしたためて。。。カノンの旋律のように・・・♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「君に読む物語」(米映画)

2005-04-13 | Movei
監督ニック・カサヴェテス
出演:ライアン・コズリング、レイチェル・マクアダムズ、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー

<Story>
 アメリカ南部のある老人療養所に、老婦人(ジーナ・ローランズ)に話を聞かせに来る老人(ジェームズ・ガーナー)がいる。ノートブックに書かれたその物語は、若い男女の恋物語。それをわくわくさせて楽しそうに聞く老婦人。
 1940年、南部の美しい町に家族とひと夏を過ごすためにやってきた南部の大富豪の娘アリー(レイチェル・マクアダムズ)。アリーの美しさに一目ぼれした地元の青年ノア(ライアン・コズリング)。「君のためなら、何でもできる」とアリーとノアはまもなく恋に堕ちる。しかし、大富豪の娘と材木工場で働く青年とは身分が違いすぎる「17歳に愛はまだ早い」とアリーはチャールストンへ戻り大学に進学、一方ノアは軍隊へ。
しかし、ノアは「今も君を愛している」と毎日手紙を書いてアリーに送っていた。しかし、ノアの想いはアリーの母親に妨げられ、アリーの元には届かなかった。
心の痛手を秘めたまま、アリーは弁護士ロンと恋に落ち婚約する。そのとき、ふと手にした新聞にはノアと愛を育んだあばら家をノアが改築した記事が載っていた。忘れかけていた想いにアリーはもう一度ノアに会いに行く決心をする。

「アリーはどちらを選んだの?」と無邪気に老人に尋ねる老婦人。
若い二人の運命は。。。 老人と老婦人の関係は。。。

kanon の評価:♪♪♪♪♪(♪:1点)

原作はニコラス・スパークス作「The NoteBook」(1996年)「燃え上がる激しい恋の情熱と、長い長い時間を越えて続く愛の継続性を同等に織り込むことに成功した」この小説は、広い世代の共感を呼び、ベストセラーになった。映画「The Note Book」は「マディソン郡」を抜いて1200万人を涙で包んだ。
なみに老婦人役のジーナ・ローランズと監督は実の親子。

<Comment>
老人が語る物語から、この話は始まる。
 若い二人のひと夏の恋物語もいいのだが、ベンチに座って話を聞かせる老人(ジェームズ・ガーナー)とそれを楽しそうに聞く老婦人(ジーナ・ローランズ)がこの物語の重要どころ。
若い情熱の陽と年老いても変わることない深い愛情の陰のバランスがまたいい。

 アリーの母親にもアリーのような燃えるような恋に堕ちたことがあった。しかし、母は無難な人生を選んだ! それはそれで間違っていたとは言えないとは思うのだが、、、
ノアからの手紙をアリーには渡さなかったが、全部保存してアリーがノアのの所に行く時に手渡す。母親も出来ることなら「始めて愛した彼」の元に本当は行きたかったのだろう(?)

 「一人の人をずーと変わらず愛し続ける」それは努力なのでしょうか?

ラストがめちゃいい! 
人生の終演を迎えるとき、側に愛する人がいる。見守って黄泉の国へ導かれたら。。。

この世で一番大切な人と見ることができれば、その人をもっと大切に思うに違いない
コメント (3)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「赤目四十八瀧心中未遂」 | トップ | 「メッセージ・イン・ア・ボ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愛情の深さ! (kanon)
2005-04-14 03:27:47
★kossyさま TBありがとうございます



>恋人同士で観に行くのはやめたほうがいいのかもしれない



「君と読む物語」のキャッチコピーは確か「大切な人と見にってください」ってな感じだったかと???



「愛情の深さ」とはなんで」しょうか?

長く一人の人を愛すること。

大切に思うこと。

側にいること。
いいでしょ~ (cyaz)
2005-04-14 08:50:07
kanonさん、TBありがとうございましたm(_ _)m



昨夜もkanonさんのブログは覗いたのですが、これについては

アップされていなかったのでTB戴いてビックリ?!



でも良かったでしょ^^



>「一人の人をずーと変わらず愛し続ける」それは努力なのでしょうか?

 ・・・少なからずそうだと思います。

 僕にはもう無理ですが(謎)?!



ジョアン・アレンも地味だけどなかなか良かったでしょ?!

本当に よかったです! (kanon)
2005-04-14 11:17:23
★cyazさま

TBありがとうございます。それに、コメントまで。。。

 めちゃビックリ(?!)

ブログも見てくださっていただてなんて。。。

(緊張します←汗・汗・汗・・・)



>>「一人の人をずーと変わらず愛し続ける」それは努力なのでしょうか?

>・・・少なからずそうだと思います。



努力も大変でしょうね!

私も無理みたい!(なぞ?)

「『東京タワー』もいいかな?」って←おいおい!

でも、終演は「努力してくれてる人(?)」と迎えたいですね(これも、なぞ???)



>ジョアン・アレンも地味だけどなかなか良かったでしょ?!



「燃えるような初恋」っていうのは、忘れがたいものなのかも?

「もしも、あの時・・・」って、、、

でも、「選択した事が一番大切」って思いたいですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
きみに読む物語 (ネタバレ映画館)
 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、『今、会いにゆきます』、『ぼくの彼女を紹介します』、『君に読む物語』・・・さてどれが正しい送り仮名でしょうか?  恋人同士で観に行くのはやめたほうがいいのかもしれない。80歳になる主人公と比べたら、彼の愛情の深さにかなうわけが
『きみに読む物語』 (京の昼寝~♪)
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるものは失
きみに読む物語 (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね~。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷彿と
「きみに読む物語」(劇場) (なつきの日記風(ぽいもの))
牧歌的風景、身分違いの恋、親との軋轢、王道を行くラブストーリー、正統派良い話。抑えた演出が胸を打つ。 原題:「The Notebook」 監督:ニック・カサヴェテス 原作:ニコラス・スパークス 出演:ライアン・ゴズリング 、レイチェル・マクアダムス 、ジーナ・ローラ
【洋画】きみに読む物語 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4演出3/脚本3/撮影3/音響2/音楽3/配役4/魅力3/テンポ2/合計27) 『評論』 教養も富もある富
きみに読む物語 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 アメリカ製作 「きみに読む物語」(★★★☆☆) 監督:ニック・カサベテス OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。 これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。 平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが たったひとつ、誰に ...