Kanon --*

ヴァイオリン。弾いたり、教えたり。

ショスタコ似

2016-07-19 19:59:51 | 日々
10月にショスタコーヴィチを弾くことになりそうなので
ちょっと調べていて・・・
以前から 思ったことはあったのだけれど
誰かに似てるよなぁ と

そうだ!高校の2年(?)の時の担任に似てるんだ
この神経質そうな顔も 眼鏡も髪型も似てる・・・

車で学校の前を走っていると まれに見掛ける先生
白髪混じりにはなったけど 変わらないなー
あの頃 いったい何歳だったんだろうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日帰り松本の旅

2016-07-11 23:59:59 | 日々
10日の「桐山建志・大塚直哉 バロック音楽の楽しみ」
14時開演だったので 松本でランチするために早めに出掛けました

以前から気になっていたカフェ「ラボラトリオ」

古い建物は 昔 薬屋さんだったそう

素材にこだわったイングリッシュ・マフィンは
外はカリっと 中はもちもちで美味しかった


その後 そこからすぐ近くにある これまた気になっていた「サパンジ」へ

ここのクイニアマンが食べてみたくて・・・
運よく 最後の1つが残っていましたー!

ここの袋もかわいいのです


その後 ホールへ向かい演奏会を聴き
終演後は お母さまにお誘いいただいたので
桐山一族のお食事にご一緒させていただきました
でもさすがに図々しかったかな
ちょっと反省。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バロック音楽の楽しみ

2016-07-10 23:59:59 | 演奏会
「桐山建志・大塚直哉 バロック音楽の楽しみ」を聴きに
松本まで初めて車で行ってみました
行きも帰りも3時間半もかからず・・・
電車を乗り継いでいくより ずっと楽ちん♪

チケットは桐山さんにお願いしてあったのですが
この席を選んでくださったのか 偶然なのか
ど真ん中で響きのとてもよい特等席でした!

しかも 後ろの一列は桐山一族が ずら~っと。。。

演奏は1曲目から「のってるなぁ」というのが一番の印象
伸びやかで艶やかで ふくよかなヴァイオリンの音色
お二人の息の合ったアンサンブル
落ち着いていながら溌剌としていて
最初から最後まで 素晴らしい演奏でした

桐山建志・大塚直哉 バロック音楽の楽しみ
~バロック音楽の宝庫、スズキ・メソードの指導曲集~

ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ第4番 ニ長調 op.1-13
ヴェラチーニ:12のアカデミック・ソナタ op.2より
 ソナタ第7番 ニ短調
 ソナタ第8番 ホ短調
 ソナタ第11番 ホ長調
J.S.バッハ:ヴァイオリンと通奏低音のソナタ ホ短調 BWV1023
エックレス:ソナタ第11番 ト短調
コレッリ:ラ・フォリア ニ短調
(アンコール)
バッハ:
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005
第3楽章 ラルゴ
コレッリ:
ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ニ長調 op.5 第3楽章
@松本市音楽文化ホール/メインホール

この二人の演奏でなければ
まず聴きに行かなかったであろうこの演奏会
スズキ・メソードではない私としては
ちょっと引っ掛かるところはあるけれど
やっぱり聴きに行けて良かった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィダーケア

2016-07-08 23:59:59 | 演奏会
久しぶりに小倉貴久子さんの
「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」を聴きに行きました

少し早めに行って まずは腹ごしらえ
オペラシティに行くと ほぼ毎回寄っている
「ル・パン・コティディアン」で ツナフムスタルティーヌ

ここでは いつもベルギーワッフルばかり食べているので
食事っぽいのは初めて
もうちょっと量が少なければねー・・・

開場時間の少し前に近江楽堂へ行くと すでに行列が
チケットは完売だったようです
今回のゲスト作曲家は アルザス生まれのヴィダーケア
初めて聞く名前・・・
オーボエの三宮さんが貴久子さんに紹介した作曲家だとか
お洒落な楽しい曲でした
前半はドイツタイプ、後半はフレンチタイプのオーボエで演奏

三宮さんは 6本のオーボエを持ってきていて
それぞれの特徴や音色をレクチャーもしてくれて
あまり知らない世界なので 興味深かったです

終演後 打ち上げに誘っていただいたので ちょっとのつもりで参加
結局 三宮さんとプログラムの解説を書き会場にもいらしていた
安田和信さんと ニ次回まで行って
最終の電車で帰ってきました

《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》第22回

J.ヴィダーケア Jacques Christian Michel Widerkehr [1759-1823]

小倉 貴久子(クラヴィーア)・三宮正満(オーボエ)

ヴィダーケア:
オーボエとクラヴィ−アのためのデュオ・ソナタ ホ短調 第1番/ヘ長調 第3番
モーツァルト:
小品 K.15k
アレグロ ト短調 K.312
クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ヘ長調 K.377(I.プレイエルによるオーボエ編曲版)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奏楽塾のチラシ

2016-07-07 20:39:15 | 演奏会情報
10月にある奏楽塾のチラシが出来上がったそうです

今回は姉のデザインじゃないです(予算がね・・・)

このチラシが同封される予定の楽遊通信に
5月の BELLA PROGRESSOと 6月の DueLuceの開催報告を
載せてくれるというので 原稿を書いたのですが
いつの間にか「師匠と出会えてよかった!」みたいな内容になっちゃうし
どんどん長くなっちゃうし・・・
カットしてカットして 最初に書いた1/4程の長さになりました
変に短くしたせいで 文章の流れがあまりよくないのだけれど・・・
次回の通信に載る予定なので お手元に届く方は
ご一読いただけたら幸いです

10月30日(日)14時開演 @栃木市栃木文化会館小ホール

下野楽遊奏楽塾演奏会

ジェミニアーニ 合奏協奏曲 ホ短調 Op.3-3
ガルッピ 4声の協奏曲 第4番 ハ短調
ベートーベン ソナタ 第14番 嬰ハ短調 Op.27-2「月光」
モーツァルト ディヴェルティメント 15番 変ロ長調 KV287
※曲目は予告なく変更になる場合があります

ヴァイオリン 桐山建志
ホルン 塚田聡 他
下野楽遊奏楽塾合奏団

入場料(チケット発売日 8月1日)
一般 800円(会員 500円
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ど・モダン

2016-06-30 21:33:17 | 日々
わー もう1年の半分が過ぎてしまうのかぁ
ついこの間 クリスマスツリー飾った気がするのに・・・


10月に予定しているコンサートに向けて選曲中
久しぶりに ハンガリー舞曲とか チャルダッシュとか
マドリガルとか 愛のあいさつとか
ヴィブラートたっぷりかけて弾いちゃってみたり
なんだか そんな自分を傍観してる自分がいて
この手の音楽から 自分が遠いところにいるような
少し不思議な気分です。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たしかに

2016-06-28 14:17:57 | 日々
先日 あるプロの歌い手さんのツイート

『大声で言いたい。 舞台のクオリティーは、どれだけ一人が奮闘しても、
結局一番低いレベルの人に合わせられてしまうということを。』

そして それを受けて あるアマチュア笛吹きさんがしたツイート

『あとこれは毎回のリハにも言えることかなと。
これに「練習が必要な人ほど練習にこない/してこない法則」を
組み合わせると簡単にやるせない感じになれる。』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵の街

2016-06-26 23:59:59 | 美味しいもの
週末は 月に一度のお楽しみ 居酒屋はっぴー
ぴんぴん焼きは もちろん食べましたが
それ以外に 珍しいものをいただきました

メニューを見て まず気になったのが「?魚の唐揚」
これまでも「雑魚の唐揚」という名前で出ていたものと
違いが分からないけど・・・
最後まで なんの魚かは教えてもらえませんでした

何やら 事情があるとか ないとか・・・(笑)

もう一つ気になったのは「豚タン」
初めて見ました
そして 初めていただきました

栃木市では 普通に売っているそうです
宇都宮では お肉屋さんでも見掛けません

「鮎の塩焼き」を注文したら
「大きいの一匹にするか、大きめのと小さめの一匹ずつにするか」訊いてくれて
こうなりました

普通に召し上がる師匠と ちょっとで満足する私には
ちょうどいいサイズ感

しっかり焼いた(焼き過ぎた)「餃子」

いつの間にか 焦げちゃってるのは師匠が食べてくれていました・・・
まぁ 優しい☆

それと日本酒を呑むと食べたくなる(これを頼むと日本酒が呑みたくなる)
はっぴーの「塩辛」

すりおろした柚子の皮が爽やかです

珍しく師匠が早めに栃木入りしてくれたので
気分的にも なんとなくノンビリ過ごしました

そして翌朝は これまた定番のコレ

甘い 甘いフレンチトーストを食べて
奏楽塾へ
K364を弾いて ちょっと好きになったモーツァルト
また苦手になりそうだ・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5弦ヴァイオリン

2016-06-17 23:05:57 | 日々
こんなのが発売されるらしい


もちろん4弦のも同時に発売されるのだけれど
C線もある5弦は
ヴィオラ不在の合奏団「楽」の指導に行く時に便利かも

だれか買ってくれないかなー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲

2016-06-15 09:13:33 | 日々
運転中 iPod操作を間違えて
聴くつもりのなかった6年前の BELLA PROGRESSOを選んじゃったので
せっかくだし と数年ぶりに聴いたら
なんだか いろいろ思い出して涙出てきた

まぁ いろいろなことは置いといて・・・

メンデルスゾーン「弦楽のための交響曲 第7番」いい曲だなぁ
また すごくやりたくなちゃったー
これを演奏する企画できないかなぁ と考えてみたけど
実現は難しいだろう きっと
でも もう一度 やりたい
数年越しの目標の1つにいれとこー
いちばんおっきな目標も 無くなっちゃったし。。。


ところで この6年前の BELLA PROGRESSO
1曲目のメンデルスゾーン「弦楽のための交響曲 第3番」は
今にすると「?」という選曲だったけど
(曲が というのではなくて 演奏する側の問題か・・・)
それ以外の3曲
バッハ「ヴァイオリン協奏曲 第1番 BWV1041」
ヘンデル「合奏協奏曲 op.6-4」
メンデルスゾーン「弦楽のための交響曲 第7番」
これは なかなかよいプログラムだったな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加