愛音の響き

愛音のココロを奏でるブログです。

ピアノ合わせ

2017-05-20 15:38:53 | 日記
今日はピアノ合わせでした。

今帰り途中にカフェでひと休みです。

オーディションが決まった以上は、花野井 愛音から逃げられないというか。

昨日いちにち寝ていたら、風邪もだいぶよくなって、ピアノ合わせをしていくと、だんだんソリストの顔になっていくのを感じます。

伴奏のピアノの音圧を感じながら、わたしの身体の中を息が駆け巡って、
『今、歌える歓び』
みたいな気持ちが湧き起こってきます。

オーディションは小ホールですが、小ホールということはステージ。

ピアノ合わせで本番さながら、グランドピアノを背にして立ってみると、ステージのライトや暗い客席の映像が見えてきて、どんな形でもステージに立てるってやっぱり幸せだなぁと感じたりします。

共演してくれる人がいる、ということも。

今回のオーディション、一時は潰されそうでしたが、音楽は裏切らないっていうか。

「毎日練習しなくちゃならない」

というような、「音楽家なら〇〇でなければならない」に当てはまらない自分を責めたりしてしまっていたけど、今日のピアノ合わせまで、オーディションは辞退のつもりで毎日練習はしませんでした。

でも、今日のピアノ合わせでは、前回よりもいい演奏が出来たから、やっぱりその人にあった練習頻度とか集中の方法で生活していくのがいいんだろうと思いました。

彼氏さんも、「毎日練習しなくても、スキルが伴っていればいいんじゃない?」と言っていて、そのときはどういうことだろう?と思ってたけど、こういうことなのかなと、何となく感じています。

結局、彼氏さんの言葉に支えられていたりするから、会えなくても許しちゃうんですよね。

彼氏さんも、オーディション前の愛音に気を遣っているんだろうなとは思っています。

「集中したいだろうな」とか「夜更かしはさせられないな」とか。

それが逆に重かったりもしましたが、今は感謝かな。

つべこべ言ってこないことは、優しさだなと思ってしまう。

つべこべ言われないことで自由を得られることを知っているから、愛音もつべこべ言わないんですよね。

恋人の存在がプレッシャーになるのが1番よくないと思うから。

会う時間を無理矢理確保しようとすることで、仕事や練習時間を前倒ししたり、組み替えたりすると、恋人の存在がプレッシャーになるから。

連絡をとるとか会うとか、そういう目先のわかりやすいところよりも、最終的にお互いの存在がお互いの支えであるかどうかのほうが大事なんだろうと思います。

オーディションは明後日。

通常運転。リラックス。

と、昼間まではよかったのですが、夜になったら疲れがどどーっ!

う〜〜、一筋縄ではいかないなぁ。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 乗れない電車 | トップ | ★重要★お知らせ☆☆ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PW)
2017-05-20 22:05:50
そっか(^o^)
受けるんだね。体調に気を付けてね(^^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。