青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

レイアウトボード製作(2)

2017-07-30 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

30日の一宮市内は、早朝から雨となり、7時頃は土砂降りになっていました。

お昼過ぎまでは、雨が降ったり止んだりしていました、午後は曇りの天気が続いています。

本日の寺西は、午前は見積り作業、午後はレイアウトボードの製作でした。

今朝、尾張一宮駅に人を送りに行きました。

その際、尾張一宮駅1番線に、旧国鉄185系特急電車(※)が留置されていました。

※1985(昭和62)年に登場しました。

※東京〜伊豆急下田・修善寺間などで使われています。



登場当時の旧塗装、緑色3本ストライプの「踊り子号塗装」に戻され、懐かしく感じました。

185系の思い出といいますと、付属編成(※)が修善寺駅に到着します。

※当時、基本A編成の10両編成と付属C編成の5両編成があり、A編成は伊豆急下田行き、C編成は修善寺行きでした。

車内からたくさんの乗客が下車されます。

駅の待合室で、旅館名の入った旗、大学名の入った旗をふっている方にめがけて、乗客の皆様が走ったり、歩いて行く風景が印象に残っています。

185系は徐々に車両数が減り、数年後には全廃となる予定です。

お話が変わります。

昨日からレイアウトボードの製作を始めました。

昨日は、ボード1枚目のゲガキをおこないました。

1枚目は試作要素がありますので、慎重に計算しながらゲガキをしました。

今日はボードの組み立てです。



長さ1823mm×幅912mmの合板(ベニア)1枚の裏に、

30mm×40mm×1830mmを2本、
30mm×40mm×1760mmを1本、
30mm×40mm×412mmを6本

の角材を木枠として取り付けます。

角材をビスで取り付ける前に、下穴を開けます。

昨日も同じことを書きました。



1枚目は、試作的要素があるため、角材の取り付けは慎重になります。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レイアウトボード製作(1) | トップ | レイアウトボード製作(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。