青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(39)

2017-08-10 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

10日の一宮市内は、蒸し暑い晴れの1日になりました。

19時15分過ぎ、雷鳴が響き、30分後ぐらいに、土砂降りの雨が降りました。

雨は今も続いています。

本日の寺西は、見積書作成、裁ち切り作業、レイアウトボードを製作でした。

引き続き、青バス200号の乗車会(※)のお話を書いていきます。

※2017年02月19日に開催されました。

青バスは、富山市水橋地区で、撮影会をおこなっています。



青バスは、東大町停留所に停車して、こちらでも撮影会となりました。

同バス停留所の前には、敷地は狭いですが、「水神社」様が鎮座しています。

同神社様は、富山市の記録によると、1870(明治2)年頃に建立されたようです。

下の写真は、水神社様の境内を撮っています。



神社を建立する切っ掛けは、水橋川、現在の白岩川に橋がなかったため、橋の建設し、完成を記念して、神社を建立した、という記録がありました。

江戸時代、水橋川、現在の白岩川の「渡し」には、渡し舟が2艘しかなかったそうです。

藩主や巡見上使(じゅんみじょうし※)が通行する場合は、七浦から集めた小舟70艘ほどを、川の岸から岸の間に、藤づるでつなげて、舟の上に板を並べて、臨時の舟橋が設置されたそうです。

※江戸時代、将軍の代替りに際して、全国の施政や民情を査察するために派遣された、幕府の上使のことです。

下の写真は、水神社様境内から青バスと停留所を撮っています。



幕末になり、人馬の往来が多くなってきました。

そこで木橋、橋の名前を「立山橋」を架けることになりました。

その際、近隣の神社境内の大木千百余本を伐採して、橋の材料を確保したそうです。

大木を使って、橋長365間(約250メートル)、幅2間5尺(約5.5メートル)の馬除けを設けた大きな橋が、1870(明治2)年に完成しました。

神木を伐採したことから、神々にお詫びと感謝、加えて白岩川の将来安泰を念じたい、と地元の皆様は考えたそうです。

そこで、橋の建設で出た余材を利用して、橋畔に、同神社様を建立しました。

祭神は大国主命です。

下の写真は、水神社様境内から青バスを撮っています。



毎年、祭礼をおこなっており、この祭礼が、現在に伝わる「橋祭」だそうです。

毎年7月の第4土曜日に、盛大に開催されている、とのことです。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レイアウトボード製作(5) | トップ | 第53回音の輪会を観覧しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。