青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(19)

2017-06-17 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

17日の一宮市内は、午前は晴れ、午後は薄曇りの天気となりました。

昨日のような強風が吹くことありませんでした。

お店前の中学校は、部活動がお休みのようで、何時もの、生徒様の爽やかな声はなく、静かな1日でした。

引き続き、青バス200号の乗車会のお話を書いていきます。

富山地方鉄道本線・新黒部駅前広場で撮影会が続いています。

上の写真は、黒部峡谷鉄道様の保存車両と並びで、青バスを撮影してみました。

下の写真は、青バスの停車位置を変えて、北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅をバックにしています。



お昼前、ツイッターのツイートを見ていましたら、青バス200号の車体外装の一部に、塗装が施された、という内容のツイートがありました。

乗車会に参加する際の楽しみが1つ増えました。

黒部宇奈月温泉(くろべうなづきおんせん)駅。

開業当初は、フル規格新幹線駅の中では、駅名が7文字と一番長かったそうです。

現在は、北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅と最多タイになっている、というお話を聞きました。

平仮名は11文字で、現在も断トツの1番だそうです。

なお、計画当初、駅名は仮称名・新黒部駅で、地元の皆様が協議して、以下の5つの駅名を新たに選定したそうです。

・北アルプス黒部駅
・黒部駅
・黒部宇奈月温泉駅
・新黒部駅
・にいかわ黒部駅(※)

※「にいかわ」は漢字で書きますと「新川」になります。

新黒部駅は、富山地方鉄道様の新駅で、採用されることになりました。



何時も思うのですが、参加者の皆様から聞く、色々なバスなどに関するお話。

身体の中にGoogle(グーグル)様が入っているのではないのか、と思い、Google様で検索してみますが、お話はありません。

皆様が、足で稼いで得た情報を、この乗車会で話してくれるんだな、と感謝しています。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び青バス200号に乗る(18) | トップ | ブログの運営について(30) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。