青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(30)

2017-07-05 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

5日の一宮市内は、曇り空の1日になりました。

昨日から明日まで、一宮市青色申告会ホールでは、「源泉税納付相談会」を開催しています。

明日は、平行して「よろず相談会」も開催いたします。

昼食は、同申告会の北側にございます、「酒創彩菜だいだい」様に訪れました。

板場の奥にあります、堀コタツのある和室に通されて、ランチ「づけ鮪(まぐろ)の健康ねばねば丼」を楽しみました。

※料理の写真撮影に失敗しました。

昨日もそうですが、昼食は一人ではなく、皆様と訪れています。

引き続き、青バス200号の乗車会のお話を書いていきます。

上の写真は、西魚津駅待合室から青バスを見ています。

富山地方鉄道・西魚津駅前での、青バス撮影会が続いています。

次に(2)魚津水族館様です。

駅の西南方向にあります、「魚津総合公園」様の敷地内に、同水族館様は鎮座しています。

下の写真は、改札口付近の天井に設置されている看板です。



駅から公園までの距離は一本道(※)で850mほどです。

※道路幅あまり広くありません。

以前、山形県にあります、鶴岡市立加茂水族館様のお話を書いたことがあります。

クラゲの生態研究では、世界トップクラスでした。

こちらの魚津水族館様は、ホタルイカの生態研究において、世界トップクラスとして知られています。

加えて、水族館ファンの皆様の間では、現存する水族館の中で、歴史が最も長い、ということで知られています。

水族館は計3回、施設が建て替えられているそうで、

初代は1913(大正2)年、
二代目は1954(昭和29)年、
三代目は1981(昭和56)年に開館、

とご案内がありました。

三代目は、水族館ファンはよくご存知のことと思いますが、「富山湾大水槽」において、アクリル材料を使った、日本初のトンネルのある水槽(※)が採用された、ということで知られています。

※水槽は改修工事をしながら現存しています。

展示コンセプトは、

(1)北アルプスの渓流から日本海の深海まで、
(2)日本海を科学する、
(3)泳ぐ百科事典

としており、地元の水生生物の飼育に重点に置いているそうです。

下の写真は、ホーム上屋の柱に取り付けられている駅名票です。



寺西が興味を持った展示コーナーは2つで、

(1)波の出る水槽、
(2)アマモ場コーナー

になります。

日本でここだけ、という施設やコーナーは興味をそそります。

(1)は、富山湾の沖から見た魚津の海を再現しているそうです。

波が数分置きに発生する度に、上手に波に合わせて泳いでいる、魚たちを見ることができます。

(2)は、県西部の海岸に多く見られる、浅海のアマモ場を再現しています。

アマモは、細長い海草で、たくさん自生する海底は、小さな生物にとっては、産卵場所や隠れ家として利用されています。

アマモ場は「海のゆりかご」とも言われており、アマモ場で生活する生物を見ることができます。

下の写真は、西魚津駅の出札口付近です。



次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び青バス200号に乗る(29) | トップ | 再び青バス200号に乗る(31) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。