青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(23)

2017-06-28 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

28日の一宮市内は、昨夜からの雨が昼前には上がり、午後からは青空が広がりました。

初期化しましたスマートホンのお話です。

必要のないアプリケーションが消えたことからか、サクサクと動くようになりました。

ツイッターやブログの動きが速すぎて、ちょっと困っています。

引き続き、青バス200号の乗車会のお話を書いていきます。

昼食のため、くろべ漁業協同組合「魚の駅生地(いくじ)」様の施設内にあります、「とれたて館」に訪れています。

昼食が終わり、少し時間があることから、黒部漁港を散策してみました。



上の写真は、生地様の足清水から黒部漁港を見ています。

関係者の皆様には、たいへんに申し訳ないのです。

寺西は、黒部漁港があることを知りませんでした。

無知でした。

調べてみますと、開港は1951(昭和26)年12月13日で、戦後に開港していました。

当初は、川河口やその付近にあったそうです。



魚の駅の名称、生地は、開港時の港の名称をいただいたようですね。

1960(昭和35)年、開港後、初めて小規模な港の拡張工事があり、港の規模が少し広がったそうです。

1969(昭和44)年に港の名称を「黒部」に改称し、内陸側に港を拡張する、大規模な工事を開始。

1977(昭和52)年頃に、大規模な工事が終わり、今の規模の漁港が完成したそうです。

この拡張工事で、内陸に港が作られた関係で、「生地中橋」が完成した、とのことでした。

この橋は、日本初の「片持ち式旋回(せんかい)橋」だそうです。

普段は、地元の歩行者や自動車が通行。

漁船が通過する場合は、先ずは、道路側に設置されている信号機が赤灯になります。

続いて橋の手前に設置されている遮断機が降りて、歩行者や自動車の通行を止めます。

通行が止まったことを、中橋管理操作室にいる係員が確認しますと、橋が片持ちで旋回(回転)します。

日本で数少ない、旋回式可動橋ということから、見学者が絶えないそうです。

あと、製氷冷蔵工場が完成したそうです(※)。

※完成年は、今のところ不明です。



工場では、氷を作ることは以外に、水揚げされた鮮魚、加工された冷凍食品を保管、管理されている、とのことでした。

製氷工場では、角氷やバラ氷の販売をおこなっているそうです。

販売は、漁業関係者に限定されていないそうで、希望があれば、企業や会社、個人の方にも販売している、とのことでした。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アプリのダウンロード | トップ | 再び青バス200号に乗る(24) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。