青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(40)

2017-08-12 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

12日の一宮市内は、直射日光が突き刺さるような、蒸し暑い晴天の1日になりました。

夕方以降は気温が下がり、涼しくなっています。

空気が澄んで、星空がきれいに見えています。

「お仕事しているんだね」ということで、いただきもの、差し入れをいただきました。



※下に敷いてある生地は端切れで、縫製する生地ではありません。

ありがとうございます。



※下に敷いてある生地は端切れで、縫製する生地ではありません。

昨日からお盆休みに入った方が多いと思います。

(1)帰省された方、
(2)観光地で楽しんでいる方、
(3)ご自宅でゴロゴロしている方、

休みの過ごし方は、人それぞれ違うと思います。

休みの期間を、有意義に過ごせるといいですね。

本日の寺西は、裁ち切り作業、縫製作業でした。

昨日、生地の裁ち切りを始めますと、「あれれ、生地が2m13cmほど足らないぞ」と思い、発注伝票を見ますと、寺西の発注ミスでした。

足らない分は除いて縫製します。

本日午前、縫製が終わり、新たな生地の裁ち切りしようと、生地を捜します。

「生地の反物が見当たらない」と思い、発注伝票を捜しますと、伝票がありません。

発注していませんでした。

お盆ですから、生地の発注はできません。

たまたま在庫があったので、在庫の生地を使って裁ち切りをして、縫製となりました。

ミス連発の、情けないお盆となっています。



引き続き、青バス200号の乗車会(※)のお話を書いていきます。

※2017年02月19日に開催されました。

富山市水橋地区での撮影会が終わり、次は、常願寺川堤防での撮影会となります。

バスは水橋地区を南方向に向かって走ります。

途中、小さな「水神社」様をいくつか見つけました。

白岩川と常願寺川の狭間にある地域です。

勝手な想像ですが、昔は、洪水が起きないことを、神に祈るしかなかったのでしょうね。

富山地方鉄道本線の踏切を渡ります。

一番上の写真をご覧の通り、川の堤防横にある、広場というか、駐車場に到着しました。

ここで青バスから降りて、予定になかった撮影会になります。

四段目にある写真は、青バス撮影会の風景です。



立山連峰が見えなかったら開催されなかった撮影会だそうです。

広場の北側には、富山地方鉄道本線が通っています。

地鉄電車を絡めて撮る参加者様もいらっしゃいました。

撮影会は20分ほどで終わりました。

終わると青バスに乗って、富山駅北口に戻ります。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第53回音の輪会を観覧しました | トップ | レイアウトボード製作(6) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。