青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

模型談義に行きました(2)

2016-12-20 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

20日の一宮市内は、雨が時々降る、曇りの肌寒い天気になりました。

本日の寺西は、現場作業と縫製作業でした。

前回からの続きです。

来場者様宅に訪れて、模型談義が始まりました。

来場者様に、試運転用貨物列車の貨車が入った車両ケースをお見せしました。

他の来場者様から、要らなくなった貨車をいただいて、ここまで増えて感謝してます、というお話などをしました。

すると来場者様から、私の要らない貨車をあげるよ、ということで、小さな段ボールを出されました。

その中には、透明ケースに入った貨車がたくさん入っていました。



上の写真2枚は、いただいた貨車です。

こんなにたくさんいいの? とお話しますと、来場者様から、全部中古品だから大丈夫。足らなかった、もっと出そうか? と言われました。

お話によると貨車は、今はなき「国鉄稲沢貨物操車場」が再現できるほど所有しているそうです。

驚きです。お言葉に甘えて、31両の貨車をいただきました。

のちに、コンテナはいるか、と言われました。

コイルバネ台車の、国鉄コンテナが載っているコンテナ貨車を1両、追加でいただき、別にカラコン(コンテナだけのこと)を5個を追加していただきました。

ありがとうございます。

その後、納戸から、要らなくなったという、グリーンマック製の、古い車両キットを出されて、運転会に来ている若い連中の、キットを作る腕を上げるために使って、ということで、以下のキットをいただきました。



懐かしいですね。

寺西も若い頃、車両キットをたくさん組み立てました。

製作の腕を上げるために、ぜひ、チャレンジしてみてください。

旧国鉄オハフ61形旧形客車キットには、ディーゼル動車に改造するためのパーツが入っています。



箱形キットの、旧形国電73系通勤形キットは、初心者に向いていると思います。

運転会に来場者(見学は除く)されている若い方で、「昔のキットを組んで腕試ししたい!」という方は、次回の運転会以降(※)で、「キットを作ります」と、寺西にお声かけしてください。

※キットはなくなり次第、終了になります。



キットのお金は必要ありません。

寺西の希望として、キットを組み立て、完成させましたら、当運転会で走行させてくださいね。

作りが下手でも構いません、1つでもたくさん作って、あなたの腕を上げてください。

明日はブログをお休みします。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 模型談義に行きました(1) | トップ | 古い車両キットについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。