青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(35)

2017-08-05 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

5日の一宮市内は、昨日と同じく、朝は雲っていましたが、徐々に雲が取れて、昨日より蒸し暑い、晴れの天気となりました。

本日の寺西は、現場作業、レイアウトボード製作などでした。

入院中の父親です。

午前、先生から母親に、これからの入院生活について、の説明がありました。

脳出血による、後遺症はなかったそうです。

念のため、リハビリをおこなって、10日ほどで退院ということになりました。

ちなみに父親は、「もう退院したい」と、母親に話していたそうです。

まりのきれいなおねいさんのお母様と、同じような経過となりました。



作業の合間に、レイアウトボードを製作しています。

今日は3枚目が完成しました。

作業が慣れてきたことから、製作するスピードが上がってきました。

ブログを読まれている方から、「もうちょっといいビットを使えよ」と言われまして、新しいビットを購入しました。

下の写真の左側が、新しく買ったビット(1本800円前後)、右側が、今まで使っていたビット(1本700円前後)になります。



新しいビットは切れ味がよく、穴を空ける際の抵抗が少なかったです。

抵抗が少ないので、電気代の節約になりますね。

引き続き、青バス200号の乗車会(※)のお話を書いていきます。

※2017年02月19日に開催されました。

青バスは、富山県滑川(なめりかわ)市橋場を出発。

次の撮影地になる、同市と富山市の境界あります、県道1号線の「魚躬(うおのみ)橋」に向かいます。

一番上の写真は、魚躬橋の欄干に取り付けらている銘板です。

下の写真は、魚躬橋で停車している青バス200号です。

後方には、2月だというのに、立山連峰がきれいに見えています。



この青バスツアーは、奇跡の連続でした。

魚躬橋の下を流れる川は、「上市(かみいち)川」と言います。

上市町、富山市、滑川市を流れる2級河川です。

水源は2つあります。

1つは、上市町と立山町の境にあります早乙女岳で、ここから涌き出た水は、千石川(せんごくがわ)に流れます。

千石川は、急峻な山岳地を流れる川で、上流にあります三枚滝が、登山家の間で知られています。

1つは、大辻山で、ここから涌き出た水は、小又川(おまたがわ)に流れます。

2つの川は、上市町千石で合流し本流になります。

途中、支流の郷川(ごうがわ)と同町森尻で合流して、滑川市の高月海岸で富山湾へ注ぎます。

下の写真は、魚躬橋から撮った富山湾です。



川の全長は32.3kmです。

この橋がある場所に昔、旧北国街道の橋がかかっていたそうです。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び青バス200号に乗る(34) | トップ | 再び青バス200号に乗る(36) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。