青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

宇奈月駅前のイベント(3)

2016-10-12 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

12日の一宮市内は、朝から爽やかな晴れの天気となりました。

夕焼けがたいへんにきれいだったことから、ツイッターに、夕焼けの写真をツイートされているアカウントがいくつかありました。

夜になって、寒くなってきました。

本日の寺西は、在庫チェック、裁ち切り作業と現場作業でした。

引き続き、黒部峡谷鉄道様主催の「鉄道の日記念イベント」のお話です。

上の写真は、宇奈月駅2階、黒部PRコーナー内に設けられています、「憩いの場」から見た黒部川です。

今回、鉄道くじびき担当中、くじびきコーナーに、地元の名士の方が、見学にいらっしゃいました。

その名士のお一人に、ニジマス(虹鱒)やイワナ(岩魚)の燻製を製造されています、お店のご主人様がいらっしゃいました。

下の写真は、ご主人様と商売用の自転車です。



お互いに時間がありませんでしたから、詳しいお話もできませんでした。

ここからは寺西の想像で書かせていただきます。

写真のご主人様に、「寺西のお話は本当かな?」とご質問していただき、ご主人様と「燻製談義」をしながら、燻製をいただくのも、楽しいかと思います。

ニジマスやイワナなどの、川魚の燻製と書きますと、煙で燻した食品を想像されると思います。

寺西の薄い知識になりますが、川魚の燻製は、「焼きがらし」(※)という状態まで焼き込んだ食品になると想像します。

※遠火で3時間以上焼きます。

下の写真は見本の燻製になります。



生の川魚に、ゆっくりと火を通しますと、頭から尾まで、ふっくらとした、独特な甘さとなり、焼き魚とは違う食感(※)を味わうことができる、と思われます。

※骨も食べられる場合があります。

ご主人様に「違う」と言われましたら、ごめんなさいです。

ニジマスは、川で一生を過ごす魚ですが、サクラマス(桜鱒)のように、川を下って海で育ち、川に戻る個体もいる、と言われています。

お話が大きく脱線しますが、サクラマスという魚は、富山名産「ますのすし」の原料として使われています。

サクラマス(桜鱒)と同じ種類に、ヤマメ(山女魚)という川魚がいるのを、ご存じでしょうか?

太公望の皆様は、ご存じのことと思います。

どちらも同じマスですが、ヤマメは川で一生を過ごします。

親が産卵した卵の時には、ヤマメになるのか、サクラマスになるのか、は分かりません。

稚魚になってから、稚魚の生きている環境の違いによって、ヤマメになるか、サクラマスになるか、が決まると言われています。

サクラマスに「サクラ」と付いている理由ですが、桜の花が咲く頃に、川に戻ってくることから、と言われています。

下の写真は、黒部川にあります、宇奈月ダムです。



イワナは、ヤマメやニジマス同様、きれいな河川に住んでいますが、川の流れによって、体型が変わることが知られています。

激流が多い河川のイワナは、頭が小さく、ヒレが大きくなり、全体に白っぽい魚体になる、といわれています。

太公望の間では、黒部川のイワナを、「黒部イワナ」と呼び、珍重されているそうです。

そんな黒部イワナやニジマスの燻製を一度、味わってみたいものです。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇奈月駅前のイベント(2) | トップ | 宇奈月駅前のイベント(4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。