青色鉄道模型運転会

旧「鉄道くじ&鉄道模型運転会」。一宮市青色申告会ホールで開催されている、鉄道イベント公式ブログです。

再び青バス200号に乗る(25)

2017-06-30 21:00:00 | 日記


皆様、こんばんは。
事務局です。

30日の一宮市内は、未明からの雨がお昼過ぎまで続きました。

8時頃と11時頃だったでしょうか、土砂降りの雨が降っていました。

13時頃には雨が止み、今は青空が見えています。

昨日に引き続き、蒸し暑い1日となりました。

明日、開催予定でした、一宮青色申告会連合会主催の「親善ソフトボール大会」は、雨により、7月15日(土)に延期となりました。

関係される皆様にお伝えいたします。

引き続き、青バス200号の乗車会のお話を書いていきます。

青バスは、昼食と撮影会のために、黒部市水産物地方卸売市場様の駐車場に止まっています。

撮影会が終わった後、個人でおのおの、車体細部の撮影が続いています。

私も車体細部の撮影をしています。

「こんなもん撮ってどうするんや」と言われそうですが、せっかくなので撮っています。

上の写真は、車体後部に取り付けられているフックです。

壊れて、廃車されたバスのフックを転用したのでしょうね。

右側の角形ヘッドライトです。



バンパーの上に乗務員様が乗るためか、塗装が薄くなって発錆(はっせい)しています。

いい感じに発錆しています。

車体後部水切りも、経年により発錆していました。



いい感じです。

車内に入って、網棚を撮ってみました。



乗ったバスに、網棚がありましたら、荷物は座席に置かずに、網棚に乗せて欲しいものです。

天井に設けられている、押し込み式(※)のベンチレーターです。



※外気を室内に押し込むタイプです。

バスが走行しますと、外気が車内に入ってきます。

バスの速度が上がりますと、比例して、入ってくる外気の風量も上がります。

非冷房バスに必ず設けられていた、押し込み式のベンチレーター。

初期の冷房バスにも設けられていました。

寺西は、名古屋市営交通局様の路線バスで、よく利用させていただきました。

発車時間になり、青バスは駐車場を出発して、次の撮影地である、「蜃気楼ロード」に向かいます。

次回に続きます。

ブログに関するご感想・ご意見・クレーム等は、ブログのコメントや携帯電話にお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び青バス200号に乗る(24) | トップ | 再び青バス200号に乗る(26) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。