カンクロが行く

大阪 のみあるき

カンクロ酩酊記 大島元商店

2017年05月17日 | のみあるき(その他)
★カンクロ酩酊記 大島元商店

伏見桃山 大島元商店 (立飲み) : 瓶ビール・日本酒 : かつおタタキ しらす釜揚

大手筋商店街を歩く。祭りである。神輿がでてる。ポケーと眺める。油掛地蔵の西岸寺で芭蕉の句碑をみる。
我がきぬに ふしみの桃の 雫せよ  並びにある酒屋へ入る。大島元商店。入口の上にツバメの巣がある。

雛が三羽かえった。巣から顔をだしてポケーと餌を待ってる。親鳥が戻る。「ピピッピピピッ!」大騒ぎになる。
親鳥が去る。また静かに待つ。ビールがなくなる。日本酒にする。芭蕉の句にあるご無沙汰のん。「桃の滴」
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンクロ酩酊記 豊祝 | トップ | カンクロ酩酊記 正宗屋 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。