神名火だより

出雲地方・宍道湖周辺で撮影した四季折々の写真です。
時々、自作パソコンの話題もあります。

高梁市・吹屋の旧片山家住宅

2017年07月29日 13時15分13秒 | 旅行

 吹屋の旧家探訪2軒目です。前日のブログの郷土館の本家にあたる旧片山家住宅。こちらは重要文化財です。

 自己満足ブログで観光ガイドブック的内容ですがご覧ください。




 客間の床の間です。過剰な装飾を廃し、良材を用いて丁寧に作られています。


 電灯にも装飾が施されています。電灯自体が当時は最先端の住宅設備で、さり気なく贅を凝らした跡が見えます。

Nikon D700 + Nikon AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

 台所も広く、大勢の客人をもてなす準備ができたのでしょう。


 懐かしい電気配線です。


 お屋敷のあちこちに神様も住んでいます。




 母屋の奥は蔵がいくつもあります。


 ベンガラを製造する道具が展示されていました。蔵の中全体がベンガラで赤く染まっています。

Nikon D700 + Nikon AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

 家族の他に職人、下男、女中さん。沢山の人々がここで働いていました。食料を貯える玄米蔵です。


 漆喰壁にも左官さんの技巧があります。





Nikon D700 + Nikon AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高梁市・吹屋の郷土館 | トップ | 高梁市・吹屋の広兼邸 »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事