英才教育をひざの上で    ~新米ママの実践偏~

平凡な専業主婦の私が、
家庭で楽しい英才教育を始めました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母子沖縄旅行 その後

2013年03月16日 | 日記
さてさて、母子沖縄旅行のその後ですが、、、

なにぶん4歳児との旅行なもんで、相変わらず計画は無し。
お土産も買わないつもりでしたし、ハードな計画もNGだと思っていました。
夜、息子ちゃんが寝た後に次の日の計画をベッドで考えて寝る、といった具合でした。




で、どうしても行きたかったところは1箇所。
沖縄宇宙通信所です。
日本の一番西にあるJAXA~!






観光客も誰一人いなくて貸し切り状態だったけど、息子ちゃんが一番興味のあるところだけに、ここでしか見られないものも観れて大満足でした。


その他、美ら海水族館。





そして何よりも、3日目にお会いした会いたくて仕方なかった人!
かーかーちゃんと、まなりんさんと合流!

かーかーちゃんは想像していたよりも可愛い~!そして、少し話しただけで頭の回転の速い人だな~って感心しました。
息子さんのいっくんもとっても可愛くって!やっぱりかーかーちゃんが真心込めて子育てしてるだけある、2歳児とは思えない指先の器用さでした。
恥ずかしがりやだと聞いていたのに、こんな短時間で「だっこ!」って私に言ってくれて嬉しかった~。また会いたいよ~、いっくん~。(かーかーちゃんも。笑)
旦那さんもとってもおおらかで優しそうで、似たもの夫婦、ほんわか家族にすっかり癒されました。

その後、かーかーちゃん一家とお別れして、まなりんさん宅へ。
まなりんさんは、想像通り、細かなところまで気を使ってくださって、スッピンの肌もピカピカだし、面白いし、やっぱり憧れの方でした~。
なんといっても素晴らしいお宅にビックリ。家具や絵、何一つとっても思い入れがあり、オシャレでいてくつろげる、そんな素敵なお家でした。
も一つ驚いたのが息子さん。専門知識が深すぎて話しについていけず。。。「も、もう一度言ってもらってもいい?」ってことが何度もあり、大人顔負けのしっかり屋さんでした。息子さんに寄り添って子育てをしてきたまなりんさんの愛を目の当たりにしたって感じで、息子さんを見ているだけでいい刺激になりました。

それから、翌朝もバタバタとしていたので何一つお手伝いできず…。(まなりんさん、ごめんなさい~。また是非お伺いさせてください~。)


そして、
ホエールウオッチング、海中道路、首里城、と最終日も満喫してケーキを買って帰り、息子ちゃんと二人で最終日の晩餐。
「楽しかった沖縄にカンパイ!」と、フォークがないのでガブリと美味しいケーキをいただきました。

翌朝ホテルの部屋を出る扉の前で、「〇〇くん、沖縄旅行、本当に楽しかったね。お父さんが居ない分、たくさん頑張ってくれてありがとう!この旅行のこと忘れないでね!」と、ギューっと抱き合って、狭いけどたくさんの思い出の発信源の愛着のある部屋を出ました。




後もう一つ、この旅の最後の目的、
行きの飛行機では寝てしまったので出来ませんでしたが、帰りの飛行機では出来ました。



機長さんと副機長さん。
客室乗務員の方に予めお願いしてお会いすることができました。
「遠いところから安全に運転してくださってありがとうございました!」と、息子ちゃんの言葉ではっきりと伝えられて息子ちゃんも嬉しそう。「僕達の仲間になりましょう!」といってもらえてもっと嬉しそうでした。




この旅を振り返って、やっぱり一番初めに思うのが、
《たくさんの方に助けていただいた旅。》でした。

行きの空港まで送ってくれた父さんの愛に始まって、帰りの空港まで迎えに来てくれた父さんの愛で終わった旅。

飛行機で話しかけてくれたおばちゃん、
いつもホテルの朝食で仲良く話してくださった方、
私が車の荷物を入れ替えている時に、何も言わないのに息子ちゃんと遊んでくださっていたホテルの方、
息子ちゃんと二人で食事をしているとき話しかけてきてくださった方々、、、
息子ちゃんにおやつをくれた方々、笑
公園で遊んだお父さんと娘ちゃん、
かーかーちゃん一家とまなりんさんと息子さん、
優しい機長さんと副機長さん、、、


本当に本当に、たくさんの愛をありがとうございました!
感謝の気持ちでいっぱいです。

癖になってまた二人旅、したくなりそうです~。うふ。



母子沖縄旅行記、おしまい~。
ここまで読んでくださってありがとうございました!

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

母子沖縄旅行記 1

2013年03月02日 | チル大お知らせ
こんにちは~!
いつも訪問ありがとうございます!

さて、2月20日~25日で沖縄旅行に行ってきたので、その報告を兼ねて旅行日記みたいなのを残させていただこうと思います。

昨年末より呆然と「沖縄に行きたいな~。」って思っていて。
なぜなら息子ちゃんが今年の4月から幼稚園に通うようになると、なかなか平日に長い旅行も行けなくなるから何か記憶に残る思い出を作りたいと思っていたのです。

父さんは残念ながら仕事の都合がつかなかったので、思い切って私と息子ちゃん、二人だけの旅になりました。
このことを快く承諾してくれた懐深い父さんに感謝です。

そして、沖縄在住のチル大の先輩ママ、まなりんさんにも連絡をさせていただいて、その旨を伝えておきました。
偶然、チル大仲間のかーかーちゃんも同時期に家族で沖縄旅行に行くかもしれないという情報を得て、直前になって日程を合わせてバタバタと行ってまいりました。

母子旅行だったので、計画をちゃんと立てていくとイライラしてしてしまいそうなので、のんびりと息子ちゃんのペースに合わせて楽しめたらいいな~と思い、特に下調べをせずに(←後で考えるとある意味すごい。)出発の日を迎えました。




出発の日。羽田を11時出発だったので早起きをして車で空港まで父さんに連れて行ってもらいました。
母子旅行なんて初めてだから搭乗ゲートを入って遠くに小さく見える父さんにバイバイをするとドキドキ緊張~。

でも、いろんな人に優しく声を掛けていただいて、なんだか心に余裕もでてきました。

飛行機では幸運なことに窓際席を用意していただけて息子ちゃん大喜び。
イヤホンで音楽を聴いたり、色んなボタンを押して確認作業がしばらく続きました。



ちょうど左翼のところの席だったので、気流とかで微妙に揺れる翼をみて、「緊急事態発生、緊急事態発生!翼が折れそうです!」と大きな声で言い出したのにはちょっとヒヤッとしましたが(笑)、無事沖縄に到着!

今回は、航空券+同じホテルの連泊(朝食付き)+レンタカーの格安パックのだったので、さっそくレンタカーでホテルまで。
初めて乗る車を私が運転するので息子ちゃん的には不安に思えたのか、「お母さん、この車運転できるの?なんで?大丈夫?」と運転中質問攻めに。(汗)この人、こんなに心配性だったのかしら。

そして、何か力をつける物を食べに行こう!と、偶然ホテルの近くにジャッキーステーキハウスがあったので歩いていきました。



そこで「この沖縄旅行、フルパワーで楽しもうぜ~!」と、水で乾杯をし腹一杯ステーキを食べました。
途中父さんの話をしながら食べていると、息子ちゃんに「お父さんと〇〇くん、どっちが好き?」と言われ、「申し訳ないけどお父さんかな~。だってお父さんは優しくて力持ちだし、かっこいいし~。」と言うと何故だかとっても嬉しそうな息子ちゃん。それからご飯をモリモリ食べ始め、帰りに買った水も持ってくれ、寝る前に私にトントンしながら子守唄を歌ってくれました。
頑張り屋の息子ちゃん、心も随分成長したな~としみじみ。お父さんが居ない分、自分がお父さん役をしてお母さんを守らないと!と思っている様子でした。(注:普段父さんに子守唄を歌ってトントンされたことはありません。笑)

どうなることやら、この母子旅行。
その日は早めに就寝。朝の朝食が楽しみだな~と、腹いっぱいにも関わらず朝食を楽しみにして寝る私でした。


それでは続きはまた今度~。



ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マザーグース25 : There was a man and he had naught ♪

2013年01月29日 | vol,41~60*(MG13~25)
vol,60



さーさー、久々のマザーグースですよ~。
ちょっぴり重くなったお尻を持ち上げましたよ~。



今回のマザーグースはなんだか怖いストーリー。
強盗が見た目普通の人を狙ってるよ!どゆことー!?
サスペンス好きっぽい息子ちゃんも(どんな4歳児!)釘づけに。

息子ちゃんによると、

「(逃げてる男の人が)あっかんべーをして、
ごめんなさいも言わずにもう一度あっかんべーをしたんじゃないかなー。」

なるほど、そりゃ強盗も腹が立つわ。
「それから、お母さんのお金を取り上げて外の汚いドブに捨てたんじゃないかなー。」
そんな悪いことを!
「そしてお母さんが怒って追いかけてきたと思う。」
ん?最後は『強盗→お母さん』いや、『強盗<お母さん』やないかい。
…お母さんって、そんなに怖い存在?汗


そこで、悪いことをする→警察につかまる→ろうやに入って反省→出所
の一連を説明した後で、
「じゃあ、悪いことをした人が、もう繰り返さないためにはどうしたらいいと思う?」って聞いてみると、
「…」
ちょっと質問が難しかったかなーと思って、
「例えば、刑務所に入っていた人たちばかりの町を作って、そこでお巡りさんに監視されながら暮らす、とか。」
「もう反省して(出てきて)るんだから許してあげたらいいと思う。」
はっと気付かされた私。
そうだ、信じてあげなくちゃ何も始まらないよね。
ホント、子どもだけで政治やらせてみたいわ。
先入観なく意外と的を得てたりするからね。


そして、話の終わりに私の父のことを話しました。
「〇〇くんのおじいちゃんはね、お母さんが23才の時に天国に行ったんだけど、警察のお仕事をしていたんだよ。
とっても真面目で強くて優しいおじいちゃんだったよ。」と。
警察関係で、警察官ではなかったけれど、町のみんなを守ってくれていたのには変わりありません。
難しい顔だった息子ちゃんが少し元気な顔に戻ってくれました。


おじいちゃんみたいにみんなの役に立ちたい!と思った息子ちゃんは、
良いことをする=愛猫に優しくすることらしく、
「お母さーん、〇〇ちゃんにご飯あげたよ~。」とうので猫を見に行ってみると、


何されとんねん、これ。
ハンカチを頭の上で結んで、コップをさして…。
ってゆうか、黙ってやられる方もやられる方だわ!


それから、夕食の支度をしていた私に「〇〇くんもご飯作ってあげるね!」と言い、

バスタオルを結びマントにして、ヒーローになっておもちゃでご飯作ってる!笑
しかも、ものすごい真剣!
ご飯作る人ってたいていエプロンだと思うのですが。


まぁ、好きにやらせとけばいいや。と思って、私もキッチンで忙しくして、やっと「さあ、食べよう!」と思った時、

って、おい!一品増えてる!
ちょっと質素なご飯が華やかになっているじゃないかー。

感謝の気持ちを息子ちゃんに伝え、汚れてはいけないとビーズのご飯は横にずらしていただきました。




そして、肝心のマザーグースのメロディーですが今回は息子ちゃんも一緒に考えてもらいました。
強盗が追ってるみたいな怖いイメージで。

There was a man and he had naught ♪


わりと気に入ってくれたようで、たまーにメロディーを口ずさんでくれています。





今年一年もよろしくお願いしまーす♪
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年!

2013年01月21日 | 日記
明けましておめでとうございますー!!

あれ、遅い?
はい、すみません。

のんびりしておりました。
いや、そうでもなかったです。
・・・・・。



年明けに帰省先の岡山より戻ってきて、直ぐに息子ちゃんの誕生日のお祝いの準備に取り掛かりました。

ロケットが大好きな息子ちゃんに、先ずは《ロケットいなり》


そして、ココナッツカレーで作った《宇宙人カレー(大人用)》と《ロケットカレー》


ケーキは《ロケットケーキ》
中身はフワフワとろけるチョコスポンジでチョコレートクリームを挟んでいます。


発射!!笑


プレゼントは息子ちゃんの欲しがっていた天体望遠鏡~。

※天体望遠鏡は、サンタさんのプレゼントで最初欲しがっていたけど、急きょ予定を変更。
サンタさんは世界中のお友達にプレゼントを配らなくちゃいけないから、息子ちゃんだけにこんな大きくて高価なものは持ってこられない(息子ちゃんだけ特別はないということ)と、話して理解してもらいました。



おかげさまで無事、4歳の誕生日を迎えることができました~。


が…、
帰省直後、ゆっくり休みたいところを思いのほか頑張ってしまった私は、この後ダウン。
年明けから風邪気味だった息子ちゃんと共倒れでした。



その後、病み上がりでしたが昨年から計画していたお友達とのキャンプに行ってきました。
冬にキャンプ!?と思うかもしれませんが、冬の方がキャンプ場利用客も少ないし、空気が澄んでいて夜空もきれい!絶対おすすめです~。防寒だけはしっかりしなくちゃいけませんが。
BBQも美味しかったし、息子ちゃんと同い年の仲良し3家族の集まりだったので、私も楽しくてすかっり元気に。

いろんな事が便利になった現代だけど、火を熾したり協力してご飯を作ったりして、わざわざ面倒くさいことをするのも新鮮で楽しい!自然の中で五感を磨き、便利なものがなくても生きていける人になってもらいたいものです。

キャンプから戻ると、関東地方は凄い雪!!
父さんと雪遊びをした息子ちゃんは、しっかり風邪をぶり返してしまいまして…
先日、お風呂上りに耳が痛いと訴えてきました。痛みは増しているみたいで、泣き叫ぶほどに。
夜間診療で総合病院へ行き痛み止めをもらい、翌日、耳鼻咽喉科へ。
急性中耳炎になっていました。鼻水からの感染みたいです。
それから毎日のように耳鼻科に通い、今日に至るわけでございます。


さ~。そろそろマザーグースも再開しなくっちゃね。


今年は4月から幼稚園入園なので、少し私一人の時間も増えそう~。生まれてからずっと一緒だった息子ちゃんと違う時間を過ごすのはちょっぴり寂しいけど、息子ちゃんにとっても成長できる一年になるのではないかと期待しております。
抱負はもちろん、チル大完走!ですよー!
えい、えい、おーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!

と言うわけで、今年もよろしくお願いいたします~。



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末のご挨拶

2012年12月31日 | 日記
今年もあと僅かですね。


我が家は29日より私の実家に帰省しています。
息子ちゃんはイトコたちと一緒に毎日大暴れ。
少々調子に乗り過ぎていますが、楽しそうなので大目にみてあげています。


今年は途中止めしていたチル大を再開し、たくさんの方に支えられてこの年末まで続けてくることができました。
ブログを訪問してくださった皆さま、本当にありがとうございました。


まだまだ先は長いですが、来年も息子ちゃんと私のペースで無理のないように進めていけたらいいなと思っています。
来年は、「ウッカリ母ちゃん!」と呼ばれないように頑張りたいです。


それでは、良いお年をお迎えください~☆









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子でENTERTAINMENT!

2012年12月23日 | vol,41~60*(MG13~25)
vol,59 ENTERTAINMENT4




はい~、こんにちは。

今日はENTERTAINMENTの日だよ。

楽しもう!
面白いクリックゲームがたくさんありました。
私はマウスで描くお絵かきに夢中になっってしまいました~。
プリントアウトもできるしスゴイっ!



さて、息子ちゃんはと言うと、毎日が正にENTERTAINMENT。

最近は絵を描いたり、折り紙を折ったり、工作したり。
模様替えした机の配置が落ち着くのか、気が付くと自分の机に座って何か作業をしています。


今日は、「お母さんもロケット作って~。」と言われたので
ロケットの工作を検索して、どんなロケットがいいか希望を聞き、



こんなロケットが出来上がりました。(中身はキッチンペーパーの芯)
息子ちゃんと、私と父さんと、愛猫を乗せています。
息子ちゃん、大喜び!

息子ちゃんによると、愛猫には専用の水タンクが積んであり、走るためのトレーニングマシンなんかもあるみたいです。
そして、息子ちゃんが鉛筆で《USA》と書きました。日本じゃないんかい。

もちろん船長とパイロットは息子ちゃん。
月に行って、火星に行って、土星の輪っかを見て地球に帰ってくるみたいです。ジョン・F・ケネディも真っ青です。

外は晴れているのに、こんな空想ごっこをして盛り上がっている親子。
宇宙海賊(宇宙船にいたずらをする宇宙人)が出てきて話がごちゃごちゃになり、終了。笑


こんな感じで、たまに私にも工作をリクエストする息子ちゃん。
他にも以前、「お母さん~、アンパンマン折って~。」と頼まれ、
どうせ簡単だろうと思って「いいよ~。」って返事したら、
「これ~。」って、めっちゃ難しい折り紙本のアンパンマン突きつけられて、、、



折るのに1時間もかかった事件。



チル大の学びを生かしつつ(?)、このような楽しい日々を過ごしております~。







あ、そうそう、明日のクリスマスイブは友人宅で3家族集まってのクリスマスパーティーをする予定です。
息子ちゃんと、《型抜きクッキー》と《白桃のゼリー》を作りました。(セカセカと作ったので写真撮るの忘れてた~。)

クッキーは粉を篩って、こねて、伸ばして、型抜きまで、全工程息子ちゃんがお手伝い。
同じクッキーをよく作るので、手馴れてきた様子でした。

ゼリーは、セールだった白桃の缶詰とネクターのピーチをゼライスで固める簡単なもの。
白桃を包丁でカットしてもらいました。


料理の方は、私は揚げ物担当なので
《チキンチーズカツ》と《ハムカツ》を明日の朝仕込み、

それと、もう一品。
私の大好きな北欧料理《ポテトとアンチョビのグラタン》も仕込んでいきます。



皆さんも素敵なクリスマスを~☆




ただいまチル大は冬のキャンペーン中!

一歩を踏み出す良いチャンスですね♪




いつもありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マザーグース24 : There Was An Old Woman Who Lived In The Shoe

2012年12月18日 | vol,41~60*(MG13~25)
vol,58



お出かけがてらライトアップした東京タワーを見に行きました。(車内から覗いただけ。)クリスマスを控えたこの時期は、イルミネーションなどで装飾され、なかなかムードのある風情でした。息子ちゃんの感想は、「意外と大きい。」笑


ひ~~~。
今日のコンテンツは胸が痛む~。

最近は言っても言っても分かってくれない息子ちゃんに「キ~ッ!」となることが多いので、私も怒らない母さん目指して茨の道を進む覚悟でございます!!(険し過ぎて血だらけになるかも~。)


とはいっても、超~お調子者の息子ちゃん。
家ではそうではないのに、外出先で手に負えない子になってしまいます。
見るからに危ないことや、人に迷惑を掛けることを注意すると、余計に‘止めない&エスカレート’して困り果てることが多々あります。。。私の伝え方が良くないのかなぁ。
話してる途中で耳をふさがれたりするし。話が長いのか。
どおすればいいのやら。

息子ちゃんにしてみれば、‘やりたいことをやっている’だけ。
それに対して‘怒る’って道理的ではないですね。

それでは、なぜ私は怒るのか…。
①大きな声で怒るとビックリして止めるから。→手っ取り早い。
②溜まったイライラ感がスッキリする。
③冷静に言っても効かないから。
④息子ちゃんを怒ることによって第3者に何か気付いて欲しい時がある。

ありゃ~。書き出してみると、私ったら何て酷い親なんだー。汗
書き出さなきゃ良かった~。←おバカ
息子ちゃん、本当にごめんなさい。


生理の前や生理中なんかも妙にイライラしていたり。
いつも一人で出来ていることを「出来ない~。」と言われて腹が立ったり。これはマミ~が言っていた‘期待’していることになるな~。

今、何に腹を立てているのか、自分の内面を見つめて冷静になること。
なるべく息子ちゃん側に立って物事を考えるように気をつけたいと思います。
そして、《待つこと》、《信じること》、《許すこと》を私の中で大切にしたいです。



マザーグースのプリントを見せて、「このold womanとお母さん、怒った時の顔どっちが怖い?」って聞くと、「お母さん。」だそうで。はい、反省。

一度読んだ後で、「靴の中に住んでるんだって。」「・・・。何で怒られてるの?」「ご飯をこぼしちゃったのかな?早く寝なかったからかな?」「かわいそう。」
なんか切実~!子ども達に同情する息子ちゃんを見て、わたしも悲しくなりました。
マミ~もそうだし、‘怒ったことが無い’方たちと私の違いって…。

嘆いてもしょうがないんだけど、今わたしに出来ることから少しずつ改善していけたらと思います。



そして、何度か練習しがてら歌っていても、今回は全くのってこない。
「このマザーグースの歌、好き?」って聞くと、「好きじゃない。」らしく、(怒られてるの嫌だもんね。)大好きなモモンガのパペットで遊んでいたのでモモンガさんに助けてもらいました。


(今回のマザーグースは、YouTubeで調べると2パターンのメロディーが。私はこっちの方が好きだな~。)
My Kids Songs - There Was An Old Woman Who Live In The Shoe


それから、こちらが私と息子ちゃんの歌声でございます。

左にチラッと見えてる獣(笑)はモモンガのパペット。2才のお誕生日に義母がくれたもので、ふとした折に出してはヨシヨシしています。録画中は私がパペットに手を入れて息子ちゃんの歌を聴いてる感じにしています。

「好きじゃない。」だけあって、見事なほどにモゴモゴ歌ってます~。機嫌良く座ってくれたのはモモンガさんのおかげ。

前に置いてある画用紙は、息子ちゃんがお絵かきしている間に私もお絵かき。‘靴の家’を描いてみました。息子ちゃんは結構気に入ってくれました~。


それから、何か《靴》をキーワードに学べないか考えてみました。

先ずは家にあった本で読み聞かせ。

長ぐつをはいたねこ (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本) [大型本]
シャルル ペロー (著), ハンス フィッシャー (イラスト),


少し前は長文で飽きていたけど、図書館で文字の少ない『長ぐつをはいた猫』を何度か読んだので話の流れが分かるからか、今日は静かに聞き入っていました。
もっと複雑に物語を理解できるようになるともっと楽しめる絵本と思います。長く楽しめる絵本として大切な一冊です。


そして、「靴、靴、靴…。」で思いついたのは、
ちょうど息子ちゃんの靴が汚れていたので靴を洗うことに。

お風呂に入って先ずは息子ちゃんが洗い、私が仕上げをする。と言った具合で流れ作業。(裸だったので写真は撮れませんでした~。)
「長ぐつの方が広いから住み心地はいいのかな~。」とか話しながら。
洗い終わったら洗濯機で脱水にかけると早く乾くよ。
じゃん。

男の子だけに靴はボロボロですが、それなりにピッカピカになりました~。
たくさん遊んでまた泥だらけにしてね。




☆ただいま冬のキャンペーン中☆
 




今読んでいる本にこんな言葉がありました。
『子どもは1冊の本である。その本から、我々は何かを読み取り、その本に、我々は何かを書き込んでいかねばならぬ。』ローゼッカー

チル大に出会えて本当に良かったと思います。



ありがとうございます~!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

マザーグース23 : Wee Willie Winkie♪

2012年12月10日 | vol,41~60*(MG13~25)
vol,57


きた~~~~~!
息子ちゃんの好きそうなコンテンツ~♪
今回は、《月》がテーマですね。

息子ちゃんが赤ちゃんの頃から色々な月の絵本を読んできましたが、
今はロケットや宇宙にとっても関心があるので、愛読書はもっぱら図鑑やノンフィクションのロケットの絵本、科学の絵本などです。

マミ~が用意してくださった動画も興味深く真剣に見入ってました。
図書館で借りてきた絵本の中で、地球の引力や月や太陽との関係がとても分かり易い内容になっていてお勧めなのが、
ちきゅう [大型本]
G.ブライアン カラス (著), 海部 宣男 (監修), G.Brian Karas (原著), 庄司 太一 (翻訳)


息子ちゃんは最初、この絵本で月と地球の関係に興味を持ったと思います。



そして、息子ちゃんの愛読書、
月へ アポロ11号のはるかなる旅 [ハードカバー]
ブライアン・フロッカ (著, イラスト), 日暮 雅通 (翻訳)


この絵本、本当に大好きで、最近全ページ暗唱していることに気が付きました。。。
図書館でも連続8週ほど借りていて(笑)、いいかげんに購入してあげようと思っています。
未知なる月に降り立ったニール・アームストロングとバズ・オルドリンが息子ちゃんのヒーローです。大人になったら新しいロケットを作って見せてあげると言っていますが、このお二人、もう既にいいお歳なんですが。



さて、肝心な学びです。

絵本や動画で学んだ後に実際に体験(キネセティック)してみました。
息子ちゃんが《地球》で私が《月》になってくるくる反時計回りで回ってみると…。
くるくる回ってると楽しくなってきたみたいで、まさかの地球が自由行動!!ああ、太陽系が崩れた~~~。
仕方なく私が地球になっても、息子ちゃんの月がまた自由行動~!

そうだ!とポンと手を叩いた私。
クローゼットにいいものしまってた♪
それは、バランスボール。コレと月を風船で見立てれば実際の大きさの比較も目で見てすぐ分かるし♪♪ルン。



「やった~!」と、嬉しそうにボールで遊び始める息子ちゃん。
「あのね、これは地球で…」
ドスッ。
投げたバランスボールが私の頭に命中。涙

分かっていることをさせられるのって退屈だよね。そうゆうの察知してたのかな。
ブログ用にいい写真を…という母の身勝手さが見抜かれていたようです。
諦めよう。。。


そして次の日…
自分の机で何やら真剣に作業をしています。



出来たのは、「宇宙のチリ~。」だそうで。



そして久々に、「縫いたい~。」と言ってきたので(夜になりましたが)図案を描いてあげると、
(お古のお寝巻きだから首周り伸びすぎだ。汗)



真剣に縫って(刺繍)おります。色も自分で決めて二度縫いして、



出来上がり~!1時間ほど集中したせいか、陰と陽のバランスをとるためなのか、その後はバタバタと走り回っていました。

今の息子ちゃんは制作が大好きで、いつも何かを自分の机で作っています。
好きなことに夢中になれるっていいですね~。



今回のマザーグースの歌は、wee sing シリーズで既に知っていたメロディーだったので歌い易かったです♪
Wee Willie Winkie runs through the town♪



いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスキャンペーン!

2012年12月05日 | チル大お知らせ
毎年恒例のチル大のクリスマスキャンペーンだよー!



その前に、チラッと愚痴を話させてください…。

先週末に親戚の結婚式に家族で都内のホテルへ行ってきました。
親戚と言っても、父さんの一番上のお姉さんの娘さんの結婚式だから、息子ちゃんとしてみればイトコになります。
歳の離れたイトコなので可愛がってくれて大事な結婚式にも招待してくれたわけです。

私もその日を楽しみにしていて、小さい息子ちゃんを連れて行くのに若干の不安(嫌な予感)はしていましたが、結婚式がどんな行事でどんな流れか、息子ちゃんには事あるごとに話していたので納得してくれているものだと思っていました。いや、納得してくれていたのかもしれませんが…。

当然披露宴にも出席する予定だったので長丁場に備えて、折り紙・のり・ハサミ・ペン・お絵かき帳・それと、大量のアメ を持参しました。
家では集中している時以外はずーっとしゃべったり歌ったりしている3才の息子ちゃん、しゃべらないわけはありません。どうしても静かにしていなくてはいけない時、そんな時は即座にアメを口に入れてから説明していました。

披露宴の最中は机もあるので食事をしながらもっぱら折り紙で工作をしていましたが、静かにしなければいけないときに折り紙のガサガサという音が気になったので、「ちょっと静かにしてよう。」とこそっと息子ちゃんに言ってみたけど息子ちゃんは何も気にせずまだガサガサ…。
もう一度「今、お話中だから静かにしてようね。」といっても止めず。私は何度言っても聞かない息子ちゃんにイラッとし、そして、周りから(静かにさせなさいよ!)と言われているような感覚に陥り、とっさに息子ちゃんの持っていた折り紙をグチャグチャっと丸めてしまったのです。
そうしたら!思いもよらないくらいの大声で息子ちゃんが泣き叫び始めちゃったもんだからもう大変。ビデオ撮影を任されていた父さんもビックリしてビデオカメラを置き、息子ちゃんを抱っこして強制退場…。

暫らく経って戻ってきましたが、(ジュースを普段から飲ませないので)この日はジュースを食事前からたらふく飲んでいて、せっかくの食事も手付かずだったので、ずっと息子ちゃんの行動に目を見張っていなくてはいけませんでした。

その後も注意をいくらしても会場を走り回ったり(注意をすればするだけ言うことを聞かない!)、入ってはいけない扉を開けてみたり。父さんや私が頭を下げて追いかけまわる。という史上最悪に疲れきった一日となりました。汗


みなさんもこのように世間の目を気にせざるを得ない時ってありませんか!?
公園であったり、幼稚園であったり、児童館であったり、公共の乗り物であったり。

私は今回の結婚式において最善を尽くせたとは言えません。
もっと親としてやれることがあった、とも思います。
が、帰宅してヘロヘロに疲れきった父さんと話した時に、チル大をしていて良かったと思いました。

それは、『芯がぶれていない』ことでした。

これほど恐ろしく疲労困憊したら、おおよそところ「もう、どうやって育てて良いかわからない。」と思ったり、「この悪がきにどうおしおきしてやろうか。」とか考えるかもしれません。
だけど父さんとなぜか穏やかに、しょうがない、良く頑張ったよ。と言い合えました。(コレを教訓に息子ちゃんにどう接していけば分かった感覚がありました。)


母親っていろいろ大変なんですよ。
世間体も気になっちゃうし、子供の評価も気になる。
いつもは良いよって言ってることでも人が集まるとダメって言ってみたり…。

そんなこと、全然気にしなくっていいと思います!悪く無いもん。
どのお母さんだって子供のために頑張ってるんだもん。

だ・か・ら・こ・そ、
ぶれない“芯”が必要なんだと思います。

まだまだ勉強中な私はぶれる時こそありますが、また太い道に戻ってこられるのです。
それはひとえに、チル大のおかげだと思っています。

子育てをしている母親みんなが同じ『芯』を持っていれば、子育てしやすくなると思いませんか?
チル大ではたくさんの仲間が待っています。一緒に楽しい子育ての扉を開けましょう♪

チル大先輩のあーちゃんさんはチル大のマザーグースの先生(と思っている)です。いつもブログを参考にさせていただいています。

かーかーちゃんは、チル大の学びを芯に、モンテッソーリ教育を素敵に取り入れて日々子育てをしています。

他にもたくさんの仲間がいるので質問してみてください!みなさん丁寧に答えてくださると思います。


ちなみに、気になるクリスマスキャンペーンの内容は…
     ↓↓↓↓↓




ちょっと~。得点増えてるんじゃないですかぁ?笑

私に質問がある方は、左のバーのメッセージをクリックしてくださいね!
メッセージまっています♪


そして最後に、披露宴中の写真。
私、テンパってます…。笑笑。。。





いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人の母親が出来ること (PR Vol.5)

2012年12月03日 | チル大お知らせ
さーて、パワーリーディング最終章のvol,5がアップされました!
どんな内容になっているのか…ワクワクドキドキしながら聴きました。


パワーリーディング Vol.5



マミ~の分かり易い例え話が、頭の処理能力の遅い私にはとても安易に理解できる材料となり、最後まで集中して聞くことができました。
そして、最後のパワーリーディングとはどういう意味だったのか分かった時、鳥肌が立ちました!


vol,1~5を聞かせていただいて、改めて思ったのは、
一日一日を大事にしよう。日々の積み重ね、些細な選択が大事。ということ。
そして、息子ちゃんを精一杯教育していこう。やっぱり私たち母親一人一人の手にかかっているのだと確信しました。

また、抽象的思考能力が低い私は、息子ちゃんにはそうなって欲しくないと言う想いが強くなりました。


最近長いストーリーものの絵本も楽しむようになった息子ちゃん。以前はもう少し早い感じがした文字数の多い世界の童話や名作の(図書館の)コーナーからピックアップした絵本も難なく楽しめるようになってきました。(そうでない時もあるけど。)
沢山の絵本に触れさせてあげることで知性が磨かれるなら…案外お手軽なことかもしれませんね!
これからはより一層、図書館での絵本選びが楽しくなりそうです。
マミ~を初め、パワーリーディングに携わったチル大のスタッフの皆さんに感謝です!



いつもありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

反省多々 (PR Vol.4)

2012年11月30日 | チル大お知らせ
さて、パワーリーディングvol,4です!


今回は私自身、かなり心にグサッときました。
知っているけど実行してない(出来ていない)反省すべき点は多々あります。
エゴもあるし、欲深いし、自分勝手だし…
怒り口調で絵本を読むことだってある~!汗


パワーリーディング Vol.4



最近は読み聞かせの絵本の内容が長くなってきて、長ければ30分ほど読んでいる時もあります。眠くなって読みながら先に寝てしまうこともあるし、この季節、風邪を引いて喉をやられると読むのが辛いです。

朝はお出かけやらで急がしい時が多いので、短めの絵本を1冊読むようにしています。(読めない日も多いけど…)
日中は体を使って作業や運動が中心なので、雨の日や特別気に入った絵本がある以外はあまり絵本を読むことは少なくなってきたかな~。
夜寝る前には長いストーリーものや、息子ちゃんの興味のあるもの(いまは宇宙関係。会話が弾むのでゆったり時間が持てるときに)を選んで読み聞かせしています。
なるべく臨場感を出して抑揚をつけて読み、集中出来るよう&記憶に残るように心がけています。絵本から派生した会話を重視して楽しんでいます。


親の在り方次第ってとこが怖くて目を瞑ってしまいたくなるけど、マインドと、ボディーと、スピリットを心がけていきたいと思います!


でも、上手くいくときばかりじゃなく、
今日だって、近くの父さんの実家から帰ってくるのに車中で寝かせて静かに抱っこしてソファーに置けば、(いつもなら)ブログが出来る!と思って、せっかく遠回りドライブして寝かせて帰ってきたのに、家に入ってソファーに置いたら起きちゃって。。。
計画丸つぶれな私は腹を立てて「お母さんこれからお仕事するから寝なさい!」とか言ってほったらかしにして、こんなの違うよな~と思いながらPC作業していました。暫らくして、自分は寝た方がお母さんは助かる、と思ったのか「お母さんと一緒に寝る。」と言ってきたので横にさせてトントンして暫らくしたら寝ました。

本当に出来てない母親で本末転倒もいいとこだって思うし、自分勝手で親になりきれてないこんな私が読み聞かせしていても悪い影響が大きすぎて効き目が無いんじゃないかって思うこともあります。

でもチル大の先輩や仲間に良い刺激をたくさんいただいて、私なりに出来ることをやっていけたらと思っています。
楽しい読み聞かせ、頑張るぞー!




ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サバイバルに生きよう

2012年11月29日 | vol,41~60*(MG13~25)
vol,56 BROAD EDUCATION ~幅広い教育~



いや~、マミ~のサバイバルモードのすごいこと!
11才のドゥーゲンさんを崖っぷちに立たせ過ぎやろ~。

でも、『頭をシャープにして生きる活力を保つためには、ある程度の負荷が必要』ってのは納得できるし、負荷は生きてくためには必要なものなんだなって改めて気づかせていただきました。

マミ~ほど高度で本格的なビジネスは出来ないにしても、私にもできる教えを見つけなくっちゃ。


最近、朝父さんが出勤するのを嫌がるのが益々エスカレートしてきた息子ちゃん。
どんなに「お父さんが働かなくっちゃご飯も食べられないし、このお家にも住めないんだよ!」って言ってもお金の感覚が分からない息子ちゃんは当然理解できないようで、ダダをこね続けます。毎朝頭を悩まされます。
ただ単に、お父さんと離れるのが嫌なんでしょうが、毎日納得させるのに大変です。


そんな時は以前マミ~が言っていた「自分で決める、選ばせる」ことを試しています。
「あと何分したらバイバイできる?」とか、「5分と10分どっちがいい?」とか。
自分が決めると最終的には諦めるようですが、そうはいかない時も…あります~。とほほ。
子育ては本当に頭を使いますね。


さて、このような恵まれた時代の3才の我が息子をサバイバルに生きさせ、負荷を掛け続けるには…。
やっぱりお家での仕事でしょうか。

お風呂掃除はたぶん定着しつつあります。
昨日のお掃除風景。



スポンジの泡で遊んで長時間になってしまうこともあるので、早く綺麗にできたらよりカッコイイ!と言うと、比較的早めに仕上げてくれるようになりました。


今のところ、たまにやるお手伝いではなく、お仕事としてはお風呂掃除だけなのでそろそろ増やしていってもいいかなと考え中…。
洗濯物をたたむ事や、タオル交換、玄関掃除などをお願いしてもいいかな。
何をやるにしても、環境を整えてあげるのが大切ですよね~。
…私、苦手なんだ~。
だって、自分でやった方が絶対早いし、どうせ口出しちゃうし。

でも、そんなこと言ってられません!息子ちゃんの将来がかかってるんですもの。
これからは、いかに崖っぷちに立たせて生活させるか!ですね。
自分にしか出来ないことがあれば自信にも繋がりそうだし。


そして、このvol,56で心に留まったのはもう一つ。
ビジネスをしている時のマミ~とドゥーゲンさんの上司と部下という設定。
やはり人間関係を円滑にするには話し方は大切です。
いまは3才なので、「人に物を頼む時のお願いの仕方」くらいで常に言い聞かせるようにしました。
人に物を頼む時は、「~してください。」とか「~してもらっていいですか?」
してもらったら、「ありがとう。」「どういたしまして。」
意外と小さな子も挨拶は出来るかもしれないけど、お母さんやお父さんにそういった敬意を伝えるって常日頃だから流しちゃってる部分もある。でもでも、それってとっても大切な事ですよね。

徐々に、「お母さーん!〇〇取って~!」から、「お母さーん、〇〇取ってください~!」になってきました。きちんと言えたときにはその旨を息子ちゃんにも伝えるようにして。今の気持ちよかったねーって。
その方が取ってあげようって気になるし、ありがとうまで言えると本当に清々しい気持ちになります。
それは息子ちゃんにしても私にしても、きちんとお願いしてお礼が言えるようにこれからも心がけていきたいと思います。
意外と私の方がうっかりしていて出来てないときが多いですが。汗


マミ~のブログで時々拝見していた小さい頃のドゥーゲンさん。
あら、まあ。
マミ~の負荷に耐えてこんなに立派な青年になったのね!笑
ってか、今はもっと成長されていると思われます。
いつかお会いしたいなー!




いつもありがとうございまーす!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マザーグース22 : Three children sliding on the ice♪

2012年11月28日 | vol,41~60*(MG13~25)
vol,55



子供にもしものことが起こったら…。
ん~。まだそれほど危機には陥ったことが無いから分からないけど、たぶんパニックになるだろうな~。

自転車で坂道下っててバランス崩して顔から砂利道に突っ込んだときは鼻の下やら口の中やらスゴイ血で、一瞬思考が停止しながらも私も血だらけになりながら意外と冷静に(私が乗っていた自転車の荷台に息子ちゃんの自転車を乗せて)家まで戻って車で病院へ連れて行った事や、

登り棒を熱心に登っていて足を滑らせ、おちんちんを打っておちんちんの先が割れて(ひ~)血だらけになった時も、様子を見て外科に連れて行った事もあるな…。

けど、これって危機ではない?気がするから、危機の時は自分がどうなってしまうのか分からない~。


息子ちゃんが赤ちゃんの頃から、危なそうなことをしていても(頭だけは打たないようにして)手助けはしないようにしていたので、他のお母さんから「〇〇くん、危ないから降りようか~。」とかよく言われていました。
怪我をして痛い想いをしないと運動神経が発達しないと思っているから、少々コケても泣いていない限りは助けません。
「死にゃしない。」の精神です。


『本日の学び』では子供の危機のときこそ、親が健康でなければ子供を助けることは出来ない。
マミ~からヨガの提案がありました。

ある!ある!
これこれ!

はじめよう! キッズ・ヨーガ 親子で楽しいヨーガあそび (エンターブレインムック) [ムック]
伊藤 華野 (著)


1ポーズごとに子供がポーズをとっている写真があり、子供は子供の真似をしたがるので食いつきがいです。
そして、「集中力が増す」とか、「持続力がつく」とか、「内臓が強くなる」とかの効果も書いてあるから選んでポーズをとることが出来ます。巻末に分かり易いポーズカードが付いているので、ポーズがマスターできたらカードを見るだけで出来るので重宝しています。

もともとは、体の硬い父さんに息子ちゃんと一緒に遊びながらだったらやってくれるかな。と思って購入したんだけど、あまりしてくれない…。体が硬すぎて老後が心配~。

だから、私が息子ちゃんと遊びながらやっています。





(チラッと見える積み木は国際宇宙ステーションらしい。片付けちゃダメなんだって。ぷぷ。)


30代、息子ちゃんを産んでから体調を崩すことも多いので先ずはお家ヨガを続けて体の声も聞いて家族の為、自分のために健康維持することを努力しないといけませんね!





そして今回のマザーグースは……

長い!

とりあえず、読んで内容を話しながら暫らく会話をしていると、息子ちゃんから割れた氷に落ちちゃったお兄さん達を救い出す提案が。息子ちゃんとしては、落っこちてしまったことがすごくショックだったようです。笑
「紐で引っ張ってあげたらいんじゃない?」
「足を引っ掛けて手を伸ばしたらどうかな?」
「大人の人はいないの?」
「なんでお友達みんな逃げちゃったの?」などなど、興奮気味に話していました~。

帰宅した父さんにまで、「今日ね、マザーグースでお兄さん達氷の下に落っこちちゃったの!」って言って用紙を持って行き、「読んで!」ってお願いして、英語が苦手な父さん断るかな~と思って遠くで聞いてたら、つたないながらも読んでた!スゴイぞ父さん、成長したね!

息子ちゃんが居るところで作曲してたら出来上がる頃には息子ちゃん口ずさんでた~♪
ただ、作曲した私のメロディが不安定で、ついでにいつもながらヘタッぴな発音でお聴き苦しくて申し訳ない…。

Three children sliding on the ice♪



ありがとうございます~!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読み聞かせは将来の貯金 (PR Vol.3)

2012年11月22日 | チル大お知らせ
お~。
パワーリーディングについて具体的な内容になってきましたよ。


パワーリーディング Vol.3



お父さんとお母さんが自分の興味のあることについて一緒に議論するってとっても素敵なことで、子供にとっては幸せなことですよね!私もマミ~を見習って、チル大の先輩や仲間を見習って、読み聞かせを楽しんでいけたらなーって思います。

個人的にはチル大のコンテンツをこなすことと、洋書の読み聞かせをもっと増やします~。
頑張ろうね。



いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙ロマン

2012年11月22日 | 日記




朝からお寝巻きのままで図鑑とロケットの絵本を3冊並べて見比べています。
「お母さん、この煙りはこっちに出てるけど、この煙はこっちに広がってるねぇ!」知らないよ~そんなのぉ。
「この大気圏を通過する時ってなんで高温になるの?」 うっ。←ダメージ1
「ビッグバンってどうやっておこったの?」 うっ。←ダメージ2

……なんだか、苦しくなってきた~。

しょうがない。
調べようじゃないか、調べようじゃないか~。
毎日親子で図鑑と絵本を読み、父さんも私も宇宙は詳しくはありませんでしたが、今ではそこそこ理解できるようになってきました。


月へ アポロ11号のはるかなる旅
ブライアン・フロッカ (著, イラスト), 日暮 雅通 (翻訳)


息子ちゃんの宇宙への入口はこの絵本でした。
巨大なロケットが轟音と炎を出して地球を飛び立ち、エンジンを切り離し、司令支援船と月着陸船がドッキングをして月を目指し、そして月面着陸!地球に戻ってくる時は小さな司令船コロンビアだけになって帰ってくる…。そんなアポロ11号の月への旅のお話がとってもワクワクで面白い!

で、月面着陸した時のイーグルを折り紙で毎日鬼ほど製作。

  

作りすぎやろ~。



そして、憧れのスペースシャトルの絵本、
宇宙をみたよ!―宇宙へ行くと、ほんとうがみえてくる [大型本] 毛利衛・監修 松田素子・文/構成


宇宙からみた地球は、体の一部(細胞)のよう。地球も生命体なんだなー。


そうそう、ちょうど星出彰彦宇宙飛行士がISSから長期滞在を終え11月19日に地球に帰還したので、そのLIVE映像もPCで朝の7時から観ていました。超~エキサイティング~!無事で良かったー!お疲れ様でしたー!


そして、息子ちゃん(というか、家族全員)の宇宙好きに拍車がかかってきたので…
筑波宇宙センターに行ってきました~。



視聴覚室で実際のロケットの発射時の轟音を聞かせてもらいました~!
すごい!地響きがする~!

その他、実際の衛星が何台も展示してありびっくり。
私としては国際宇宙ステーションの『きぼう』の中に入れたことに感激!息子ちゃんも父さんも!

図鑑や本で見ていたものに実際に触れると嬉しいですねー。


そして、お土産に1500円ほどのプラスチックでできた4Dパズルのスペースシャトルを購入。
ん??似てる!



スペースシャトルの模型を買ったのに、まだ手作りでスペースシャトルを作る息子ちゃん…。
情熱が伝わります。





久々の絵の具でのお絵かきもやっぱり…



ロケット(これはサターン5型らしい)を描きました~。



いつまで続くのやら、この宇宙好き。
今の内に私も宇宙のこと詳しくなろっと。

あ、今年のサンタさんへのクリスマスプレゼント希望は、望遠鏡らしいです。
それで月のクレーターを見みたいんだって~。




ありがとうございます!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村







コメント
この記事をはてなブックマークに追加