韓国雑記帳(かんこくざっきちょう)~日韓環境情報センターブログ

韓国に暮らして25年。なぜか韓国、いまだに韓国、明日も韓国。市民交流コーディネータ・通訳・現地視察など何でもどうぞ。

伝統芸能の魅力3~南部地方の即興合奏・シナウィ

2017-08-14 02:52:02 | 僕の韓流~ソング&シネマ

국악_시나위_국악방송

さて、南部地方で伝わってきた即興合奏のシナウィを紹介しましょう。初めてこのシナウィと呼ばれる音楽を聴いたとき、これってジャズだな、と感じました。カヤグム、アジェン、ヘーグム、コムンゴといった弦楽器とチャンゴ、チンの打楽器、そして、ピリなどの管楽器によるシナウィは、もともとムーダン(シャーマニズム)の儀式で使われた音楽から派生したと考えられています。

このシナウィは楽譜にそって演奏されるものではなく、いくつかのリズム・パターンの組み合わせを決め、そのリズム・パターンに従ったメロディをそれぞれの楽器が一緒に、時には別別に演奏をしているそうです。もちろん、この映像にあるような舞台の上での演奏の場合は、きっちり決めて演奏をしている部分が多いでしょうが。

実は、ずーっと前に、珍島で個人の家で行うムーダンの儀式を見る機会があり、その時は3人か4人で演奏していましたね。弦楽器がふたつ、管楽器がひとつ、そしてチャンゴ、だったと思います。それに、ムーダン本人がクウムという唸り歌に似た歌や、物語性のある歌で加わっていました。そんな合奏を、村のおばあちゃんやおばさんたちが楽しんでいるという場を目撃して、ちょっとカルチャーショックを受けました。韓国の伝統音楽の深さというか、幅の広さを痛感しました。ぜひ、じっくりと味わってください。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝統芸能の魅力2~密陽(ミ... | トップ | キャンドル集会1周年スタデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

僕の韓流~ソング&シネマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL