韓国雑記帳(かんこくざっきちょう)~日韓環境情報センターブログ

韓国に暮らして25年。なぜか韓国、いまだに韓国、明日も韓国。市民交流コーディネータ・通訳・現地視察など何でもどうぞ。

<生命・脱原発シルクロード>が始まります

2017-01-25 17:21:20 | 脱原発社会のために

韓国の反核・反原発の市民グループ<生命・脱原発シルクロード>が、2年後バチカンを目指して、5月にソウルを出発します。6月には広島から長崎まで歩きますが、僕も事務局に参加して裏方をしますので、皆さん、よろしくお願いします。

というわけで、こんなニュースレターを作りましたので、ご覧ください。(なお、フェイスブックの文章をネットで検索できるように、ここでもアップします)


 生命・脱原発シルクロード (日本・広島~長崎コース)準備団(仮称)

 ニュースレター No 1 (2017年1月24)

 連絡先:日韓環境情報センター(田中博・連絡先 +82-10-6668-9252 /

 tanaka551119@naver.com

日本にいるみなさん、初めまして(あるいは、お久しぶりです)。韓国の田中博/日韓環境情報センターです。私の知り合いの韓国のスウォン大学のイ・ウォニョン先生が、ことし6月に広島から長崎まで歩いて、原発反対をアピールする計画を立てています。イ・ウォニョン先生とは2010年ごろの韓国でイ・ミョンバク政権が国策として推進した4大河川整備事業に反対する韓国と日本の市民たちの共同視察団を実施したときに知り合い、その後、東日本大震災とフクシマ原発事故をきっかけに、2015年に「生命・脱原発シルクロード推進本部」を立ち上げ、 脱原発運動を始めている方です。

まず、この「推進本部」のパンフレットから、今回の行進の目的などを紹介します。

+    +    +    +

生命・脱原発シルクロード推進本部は2015年から2年間5回にわたって1,075kmを歩く、韓国内での行進を行いました。 そして、 2017年5月から720日間、26カ国、総11,000kmを歩く「生命・脱原発新シルクロード大長征」を開始します。 これをとおして、生命の尊厳と脱原発を遂行する国際機関を設立しようと考えています。生命軽視の風潮と全世界の450基の原子力発電所は、地球上から消えなければなりません。 一つの国が脱原発を実現しても、他の国が原子力発電所を稼動していれば、地球的な災難は無くなることはありません。私たちの努力が美しい実を結ぶように、ともに靴の紐を結びましょう。

<生命・脱原発シルクロード大長征期待効果>

1. 生命の尊厳に関連した活動を地球レベルで実践する → 生命の尊厳憲章の制定や発表

2. 脱原発運動の世界化 → 宗教人など各国の精神的指導者たちによる生命倫理意識の高揚

3. 新しい国際機関の結成 → 世界の原子力発電所の監視体制の構築

廃炉を推進/エネルギー転換/脱原発ロードマップの構築

世界生命憲章の制定と実践による機構の組織化

4. 中国を含む主要国の脱原発を誘導 → 韓国・日本・台湾・香港が求心的な役割をはたす

5. 人類意識の大変化 → 各国の指導者の平和、慈悲、愛の価値認識と実践

人類が追求しなければならない普遍的価値の確立と定着

(生命・脱原発シルクロード パンフレットより)

 

以上のような目的で行ない、途中、ダライラマと面談し、目的地はバチカンでローマ法王に会うとなっています。

日本の脱原発などの市民運動からは、なかなか出てこない目的や方法ではないかと個人的には思い、期待もあり心配もたくさんあります。

具体的には、5月3日からソウルのチョゲ寺を出発し5月30日にプサンに到着、6月4日に広島を出発して29日に長崎に到着、その後は台湾・香港・ベトナム・インドと回り、来年は中東からヨーロッパを歩く予定になっています。

先日、韓国での事務局会議があり、私も参加しましたが、やはり日本と韓国の文化というか社会環境の違いを痛感し、準備をしっかりやらないと大変なことになりそうだと気を引き締めています。

今後、このような形のニュースレターを必要な時に発行して、皆さんと認識を共にし、また情報を交換していこうと思います。

まず、次のことを早めに確認しようと思っていますので、皆さんのご協力をお願いします。

1.広島から長崎まで、一日20キロぐらいを数人で歩きます(伴走する車もあります)。この場合、デモ申請は必要でしょうか?

2.いま暫定的にコースを決めてあります(グーグルでイ・ウオニョン先生がチェックをしました)が、歩ける道なのか、確認したいのですが、わかる範囲で教えてください。

3.数人一緒に歩きますが、宿泊と食事をどのようにするか、いい、アイデアがありましたら教えてください。博多では聖公会の教会に泊まることになっていますが、このような施設は他にもあるでしょうか?全部ホテルを利用すると、宿泊費だけで1日3万~4万円、食費や車代・ガソリン代などを含めると、1日5万から7万円ぐらいが必要となり、一か月で200万、航空券や経費などを合わせると、総額で300万以上必要だと考えていますが、これを削る方法がないでしょうか?

4.各地で協力してくれそうな方を、どんどん紹介してください。また、日本国内でカンパを集めようと思っていますが、よい方法があれば、教えてください。一応、今日はこれまでです。また、すぐにNO2をお送ります、(田中博)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アン・ヒジョン忠清南道知事... | トップ | セウォル号追悼~Come back ho... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脱原発社会のために」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL