薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

今度こそ理想の地? やすらぎの郷?


放射冷却の朝? 外は4℃しかない。

今の時期としては、かなり寒い朝ですかね。

毎日お手数かけますがヨロシクです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


26年前に結婚する時、若気の至りで9割借金で4DKのマンションを買って、その5年後に7割借金で一戸建てを建てたら、今度は5年後に全部売り払って賃貸マンションに住み、そのまた3年後には3割借金で今の家を建てたんだが、懲りずにまた家を建てようとしてる。

売り時、買い時のタイミングがどこかの時点で少しズレていたら、借金が残ってかなりヤバイことになっていたかも知れないし、次の家は無かっただろうね(笑)

でもまぁアレだ。 とりあえず何とかなってて幸せな人生なんだと思う。


建築、て言うか、家を建てることが好きなんだよね。

その度にワクワクして幸せな気分になれる。 これって、もしかしてギャンブル依存症に似ているのかも知れないなぁ~ なんて思ったりもするんだが(笑)

まだどうなるか分からない段階で、家の見積を数社に依頼したり、古屋の解体費用を見積もってもらったり、建築開発課に出向いて法令を調べたり、固定資産税課にまで出向いたり、いろいろと同時進行で動いてたんだが、それが実を結びそうな予感が限りなく現実的になってきた。

三度あることは四度ある?


広々とした宅地の隣にはちょっとした畑があったり、地目は山林なんだが、なだらかな丘のような林と草原のような畑もあったり、商業施設や開業医までは車で5分以内の立地でもあり、それが今の家と引き換えに手に入るなら、もう何も迷うことは無い。

今度こそ理想の地? やすらぎの郷? 四度目のバカ正直?(笑)


残り20年はあるだろう余生を過ごすには最適な場所だと思ってる。

自分はサラリーマンじゃないが、定年退職してから安らぎを求めて理想の地に移り住むのも悪くはないが、それでは費用対効果として残りの時間があまりに足りないような気がする。

できれば、なるだけ早い方が良いと考えてしまう。

て言うか、何事もそうかも知れないが、タイミングを間違えないことが肝要だし、その波に乗る気があるのかどうか、今振り返ってみて経験則として思うのは、それだけのことだと思う。

その上で自分の意のままに動くと、結果が付いてくる。 そんな感じ。


去年の春の薪割会で作った玉がビニールハウスの中でずっと眠っていたんだが、それを昨日ようやく割り終えた。 1年がかりの薪割りだ(笑)



※今朝の気温 : 4℃

こっちも面倒見てやってください。

まきたきてー発電所 毎日の発電実績


    
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 現実味を帯び... ちっとも片付... »
 
コメント
 
 
 
定年からでは遅い (toki)
2017-04-24 05:32:21
そうだなぁー。
終の棲家は早い方がいい。
27歳で公団の分譲3LDKを購入。
30歳で大成建設のバルコンに移り
(内装はDIY)
50歳で房総に、53歳で長野にいずれも
DIYで建て薪ストーブを楽しんでいます。
50歳で東京のご先祖様から引き継いだ土地
に等価交換で3室のマンションを取得。
金は無いけど家は沢山あり管理だけでも
薪ストーブの薪と同様悪戦苦闘です。
 
 
 
tokiさん (薪焚亭主人)
2017-04-25 05:37:03
房総半島から長野ですか!

家がたくさんあるってのも何かと大変なんでしょうが、
全く無いのも、それなりに大変でした。
ん?
大変でもなかったかぁ(笑)

そうね、どうせやるなら早い方がいいですよね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。