薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

こんなに残ってる丸太と24.5坪はお高い


いつもの薪割会なら、片方の山は無くなってるね。

それはそうと、そうか、太郎さんは一郎さんだったんだ。 知らなかった。

毎日お手数かけますがヨロシクです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


太郎は一郎!?

なんのこっちゃ(笑)

意味不明なのは誰かさんの専売特許なので、真似しちゃいかんわいね。

て言うか、似てきたか? いやいや、しょっちゅう喋ってて感化されつつあるのかも知れないから、性質の悪いウィルスには気をつけないとならんね(笑)


24.5坪、いやぁ~ 知ってたけど平屋ってのは建築費が高い(笑)

12坪の総2階建てなら坪単価としては下がるんだが、て言うか、そもそも、世に蔓延っている坪単価神話ってのがインチキなんだが、計算上はついつい考えてしまう。

まっ、何とかなるだろう(笑)

考えている建築は、1LDKで24.5坪です。

クローゼット付きの3坪の個室とLDKってことなんだが、あとは1坪のユニットバスと0.75坪のトイレ、1.25坪の洗面脱衣室、それだけだ。

収納と造作棚、それとシステムキッチン等を差し引くと、LDKは16坪あるんだが、その内の6.5坪は土間だから、リビングの床としては10坪弱ですね。

ネット販売の仕事柄、在庫が場所をとるので、小屋裏に仕事スペースを14坪ほど確保したんだが、屋根の断熱をしっかりやらないと夏を乗り切れなさそうだ。


こんなに原木が残ってると一人じゃ片付く気がしない。

なので、今年は秋の薪割会もやるか!?

と、薪場を見てるとそう思うんだが、でも、春の薪割会メンバーの半数は参加資格を満たせないだろな。 だって、もしやるなら割った薪を持ち帰る人限定だからね(笑)


ところで、昨日はヒタ55Hを朝だけ焚いたものの、結局それでお終い。 晩のデファイアントはさすがに焚けなかった。 室温が24℃もあったから、十分あったかくてね。


原木代金を回収しなきゃならんので、販売してます(笑)

ただし、配送手段がないので引き取り限定です。

玉切丸太1立米1万円/未乾燥薪1立米2万円 - 税込
maido@arigataya.jp ー お問い合わせください。

※玉切り丸太は指定サイズ(長さ)に切って販売となります。


※今朝の気温 : 12℃


こっちも面倒見てやってください。

まきたきてー発電所 毎日の発電実績


    
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )
« まったく片付... 玉切丸太1立... »
 
コメント
 
 
 
不足につき... (じょにぃ)
2017-05-19 10:08:31
秋も喜んで参加しま~す♪


薪不足の理由は明確...

釣りばっかやってるからなんですがね(汗)
 
 
 
さすがに (薪G)
2017-05-19 18:15:20
我が家は5月頭に焚いたが、朝夕は些か寒いがさすがに
今は焚いてない。

平屋は良いがコスト的にはupしてしまいますよね!
我が家は二階は吹き抜けのロフト風にしています。
坪数は貴邸と同じくらいだが多少、坪単価が下がった。

あと、水回りを並べたり形を変形にしないで出来る限り四角形や長方形にするとコストダウンに成るかも!?

ご参考までに・・・
 
 
 
秋の大会。。。 (くまはち)
2017-05-19 22:08:04
郡山温泉で大宴会と行きましょう♪w

私は切る専門で・・・(汗)w
 
 
 
じょにぃさん (薪焚亭主人)
2017-05-20 04:54:14
じゃあ、やるっきゃねぇか(笑)
 
 
 
薪Gさん (薪焚亭主人)
2017-05-20 04:58:13
24.5坪の平屋なんだが、
下屋が大きいので建築面積は31.5坪なんですよね。
とにかく基礎と土間に金がかかる(苦笑)

仕様は最低なんだけどね(笑)
 
 
 
くまはちさん (薪焚亭主人)
2017-05-20 05:08:31
郡山温泉、いいね。
まぁそれもありだけど、

華の湯もいい。
1万円くらいのバイキング、安いプランがあったような・・・(笑)
 
 
 
くまはちさん。 (パートナー)
2017-05-20 18:51:04
なんかさぁ、同級会みたい(笑)。                           下見って事で、やるしかないでしょ!。                        よく日は、新天地で整備計画。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。