薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

ご苦労な休日の左官屋と、賑やかな現場になる事と、お湿りなさそうでついてる事と、雨樋無しは正解だった事と、遺構遺物のおらが山は実におもしろいって話


キッチンや収納がどうなってるか知りたいと言うんで、きのう細君を連れて現場へ行ったんだが、まさかとは思ってたが、日曜日なのに左官屋が土間タイルの下地づくりをしていた。

いやはやなんとも 「ご苦労さまです!」


毎日お手数かけますがヨロシクです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


いよいよ工事も最終段階ってことで、クロス屋も左官屋も同時進行だし、外構屋も設備屋も電気屋もそうだ。 同業界の異業種、いろんな職人で現場は賑やかに入り乱れる時期なのだ。

なので、他の工事と施工箇所が被らないようにと、左官屋は昨日も作業したようだ。

しばらくの間は、お湿りのない天気が続くようだし、氷点下にもならない予報なので、土間や犬走りのコンクリート打設もすんなりと進みそうでありがたい。

日頃の行いが良いのか?
て言うか、オイラはついてるのだ(笑)

写真は昨日の現地の様子で、外観はコンクリート部分を除いて完成だ。

今回、初めて秋を過ごしてみて、て言うか、落葉時期を通り過ぎて実感したんだが、雨樋をつけない選択は正しかったと思う。 落ち葉の量が半端ない。

工務店の積算から雨樋と雪止金具を省いた分で、雨落しに有孔管を埋める費用も捻出できた。

そして、一間幅の下屋も正解だ。
雨の日は、軒先から雨落しへ滴り落ちる水の風情を楽しむのだ(笑)



家の裏に見えるおらが山は、実は市の指定する史跡、埋蔵文化財包蔵地だったりする。

土地を購入した後で知ったことなんだが、普通の人はこういうの嫌がるのかも知れないが、自分は逆で、とても喜んでる。 ついてるぞ! みたいな(笑)

名称は、堂​山​古​墳​群 と書いてあり、遺構遺物として円​墳​6​基​、勾​玉(まがたま)、​水​晶​切​子​玉、​管​玉とあるんだが、資料には古墳時代と書いてあるだけで、年代については触れられてなく、古墳時代と言ってもいつ頃のものかは分からない。

或る日、畑を耕していたら勾玉が、いやいや、古代人の骨だったりして(笑)

おもしろい土地を手に入れたと思う。

おらが山と地続きの鎮守の森、愛宕神社 が火の神様だったと知った時も、家業が薪ストーブということで驚いたが、この土地には導かれたような気がしてならない。

やっぱり、ついてる(笑)

おまけに、その愛宕神社は 城跡 だったりもする。
詳細 を書いてる人がいた。

実におもしろい土地を手に入れたもんだと思う。


こっちも面倒見てやってください。


閑居人のブログ おヒマなら見てよね!


※今朝の気温 2~3℃



    

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« パンダのマー... あと3週間で... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。