薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

スイカは西瓜、でも水瓜

かたずをのんで見守っていたスイカのカット! 張り詰めた空気の中、包丁は入れられたよ。

すると、ほらね、写真の通り待望の『赤』が現れた。

前回 は収穫時期を間違えてしまって、熟していない白っぽい中身だったから、今回の赤いスイカは、まさに悲願達成の収穫なのだ。
西瓜女のチビの期待度が高いから、今度こそ失敗は許されない状況の中で、ボクにとっては、肩の荷がおろせた安堵の瞬間でもあったから、すごく嬉しいのさー

スイカ、漢字で書くと西瓜なのだけれど、もともとこれは中国から伝わったもので、日本では 『水瓜』 とも書いていたみたいだね。
英語では watermelon というくらいだから、ボクは 『水瓜』 と書いた方がストレートで解りやすいし、スイカらしいと思うんだけどね!

カボチャは南瓜と書くけれど、これは中国からじゃなくて、南蛮、つまり中国より南の地域、現在のインド辺りなのかな。 そこからの瓜、南蛮渡来の瓜ということだろうかね。 漢字で書いた南瓜、この単語もカボチャとはあまり "ピン" とこないなぁ~ 東瓜や北瓜は調べてみたけど残念ながらない(笑)

直径が20cm長さが30cm位だから楕円の種らしいね!


タネもちゃんと黒くなっていたし、丁度食べ頃だったみたいだね。


スイカ通のチビに言わせると、味はこちらよりも普通の丸くて大きな種の方が甘いらしい。 けど、ウチの畑で採れたスイカだけに感激度が違うらしく、喜んで食べていた。


【1クリックのお願い!】
← ランクダウンの閑閑話に1クリックの栄養補給を!
コメント ( 14 ) | Trackback ( 1 )
« なんてキレイ... ライサマとロ... »
 
コメント
 
 
 
ありがと (kai)
2005-08-20 15:38:10
楽しいぉ話付き♪



よろしくです o(*^▽^*)o
 
 
 
TBありがとうございます (かびごん)
2005-08-20 16:09:42
はじめまして。「かびごん」です。



ご自分で様々な野菜を育てていらっしゃるようで、ご苦労も多いことと思います。

でも、収穫が出来るとその苦労も嬉しさに変わるのでしょうね。
 
 
 
Thank you for your TB ! (ひでくん)
2005-08-20 18:18:03
TBありがとうございます。

一つ雑学が増えました(^^)

ありがとうございます。

お店で売っているモノより、甘かった時には

本当に得した気分になりますね。
 
 
 
♪ 美味しそうな西瓜ですね (mamaru)
2005-08-20 23:04:08


見てるだけでよだれが出てきそうですね

色んなものが収穫できて良いですね。



羨ましいです。
 
 
 
こんばんは (taka)
2005-08-21 00:16:36
TBありがとうございます。

すっごくためになるお話がいっぱいで、写真もとても素敵ですね。

 
 
 
すいかすきっ♪ (ハル)
2005-08-21 00:59:55
TBありがとうございます♪

美味しかったようでよかったですね(^^)v

あー、また食べたくなっちゃいました。

今夜は近所で夏祭りだったので・・・。

すいかも立派な夏の風物詩ですね。



「西瓜」、「水瓜」・・・。なるほど!

私は「冬瓜」(とうがん)は夏に食べるのになんで

「冬」なんだろう??といつも思ってました。

一歩踏み込むとまた面白いですね。

 
 
 
Unknown (マーヤ)
2005-08-21 02:03:59
TBありがとうございます。

見事なスイカですね。

前回のスイカは残念でしたね。とても仲の良い家族で微笑ましいです。幸せなんでしょね
 
 
 
真っ赤なすいか (みどり)
2005-08-21 06:47:28
閑閑話さん

スイカ、赤くてよかったですね。ほっとしている顔が浮かぶようです(笑)。

小玉の赤だから、マダーボールかしら? 皮が薄くて甘いんですよね。苗屋さんなんかは、通称「ラグビー」って呼ぶんですよ。ラグビーボールに似てるからかしら。

わが家もマダーボールと、キャノンボール(黒皮)を植えたんだけど、小玉のほうは、北海道で遊んでるうちに枯れちゃった。

大玉も枯れるかと思ったら生き残って、なんとか二つ目を収穫しました。この前、切ったとこをアップして、半分以上食べたんだけど、残りがまだ冷蔵庫を占領してます。

わたしも子どものころスイカ大好き娘だったので、娘さんに食べさせてあげたいな。
 
 
 
祝!赤いスイカ収穫 (めっけもん)
2005-08-21 07:40:25
今度のは美味しそうですねぇ。皮も薄くていい感じですね。

我が家の少々行動の怪しくなった爺が毎日スイカを食べる度に「ほんとうにウオーターメロンとはよく言ったもんだよなぁ」って言っています。日本でも昔はスイカを水瓜って書いていたんですね。やっぱり感じたことをそのまま漢字にした方がそれっぽくて良いですね。
 
 
 
お久しぶりです (山輝亭)
2005-08-21 08:24:55
おはようございます。

スイカつながりでTBさせて頂きました。
 
 
 
水瓜 (kankanwa)
2005-08-21 08:40:13
kaiさん



>よろしくです o(*^▽^*)o



こちらこそ!

また来て下さいね、ボクも覗き?に行くよー(笑)





かびごんさん



>収穫が出来るとその苦労も嬉しさに変わるのでしょうね。



そうそう、その感激ったら言い表せないかな。 自分で野菜なんて育てたことなかったし、形は悪くてもとっても美味いしね。





ひでくん



>一つ雑学が増えました(^^)



ホント雑々学で御免!

店で買ったものより愛情がこもっている分だけ、美味いんだろうね。





mamaruさん



>色んなものが収穫できて良いですね。



何せ、念願の西瓜だからねぇ、喜びもひとしおなのさー(笑)

でもウチの畑もだんだん終いに近づいてきたかな。





takaさん



>すっごくためになるお話がいっぱいで、写真もとても素敵ですね。



お褒めの言葉、素直に『ありがとう』頂戴しま~す(笑)

また是非、いらしてくださいませ。

待ってま~す。





ハルさん



>美味しかったようでよかったですね(^^)v



何せ、キョーレツな西瓜女が1人いるもので(笑)



>「冬瓜」(とうがん)は夏に食べるのになんで「冬」なんだろう??といつも思ってました。



なるへそ、これもオモシロイね。

今度調べてみよ!





マーヤさん



>前回のスイカは残念でしたね。とても仲の良い家族で微笑ましいです。



まぁ和気藹々とやってるかな(笑)

チビは3人いるとチワゲンカばっかしで、ニギヤカだねぇ~ トムとジェリーみたいな2人もいるし(笑)





みどりさん



>スイカ、赤くてよかったですね。ほっとしている顔が浮かぶようです(笑)。



期待度が高かっただけに、前回の失敗はショックだったみたいでね。今回はホントほっとしたよ(笑)



>マダーボールかしら? 通称「ラグビー」って呼ぶんですよ。



さすが、いつも詳しいね。名前も知らないで育てているお莫迦さんもいるけどね(笑)



>残りがまだ冷蔵庫を占領してます。



コレ、冷蔵庫上手に詰めないとね。幅利かせちゃう西瓜君だから・・・

もっともウチは西瓜女のおかげで、直ぐになくなっちゃうけど(笑)一人でね、何切れでも食べるのよホント!見事な食べっぷりだよ(笑)夏の主食だな!



>わたしも子どものころスイカ大好き娘だったので、娘さんに食べさせてあげたいな。



末っ子バチっ子だから同じ境遇、逞しいよ(笑)みどりさんの西瓜、食べたがるだろうな(笑)





めっけもんさん



>今度のは美味しそうですねぇ。



いやぁ、赤くて助かったよ(笑)

切る瞬間なんて、ホントに「かたずをのむ」状態でね~



>爺が毎日スイカを食べる度に「ほんとうにウオーターメロンとはよく言ったもんだよなぁ」って言っています。



そう、まんまだよね。

水瓜って書くとまさにスイカのイメージ。

意識して水瓜と書くことにしませうか(笑)



シャレた感じの爺さんですね。
 
 
 
山輝亭さん (kankanwa)
2005-08-21 08:42:40
TBありがとう。

記事読みに伺いますね。
 
 
 
おめでとうございます (もりパパ)
2005-08-21 09:16:25
こんにちは。

スイカが赤くなって良かったですね。

包丁を入れる瞬間は緊張しますね。
 
 
 
もりパパさん (kankanwa)
2005-08-21 17:40:12
>スイカが赤くなって良かったですね。包丁を入れる瞬間は緊張しますね。



今でこそ笑って言えるけど、ホントにね一番下の西瓜女チビの視線が・・・(笑)



もりパパさんの畑は順調ですか?

ゴーヤとキュウリが最盛期なのかな。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
バナナウリ&キャノンボール&「アーサのお汁」を食べました。 (みどりの一期一会)
テルテルさんからいただいた、 石垣島の宮良海岸で採れたアーサで、 レシピを参考にして、 さっそく「アーサのお汁」を作りました。。 ☆みどり流「アーサのお汁」の作り方 ①アーサを水で戻します。 ②かつお出しに、沖縄粟国島の天日乾燥塩 「粟国の塩」と「ヤマキ無農薬