薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

愛宕神社の夏詣と丸見えの更地


3連休ってことで、赴任地の浜通りから長女が帰ってきたので、昨日の2時半頃だったか、細君と長女の3人で火の神様、「愛宕神社」 へ夏詣してきたんだが、ご覧の通りで、古家は跡形もなく撤去されていて、いよいよ解体工事も大詰めのようだ。

あとは、手前のコンクリートを剥がした後に、山砂を入れて均したらお終いです。

毎日お手数かけますがヨロシクです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
【日々のクリック手間に感謝です】


がら~んとしてて、何にもなくなると随分と広く感じるもんだ。 て言うか、たった40坪の敷地に今は住んでるんで、250坪の平場は実際に広いんだが(笑)

余生が残り何年あるのか知らないが、せめて20年は体の自由が利いて欲しい。

そうね、20年だ。 周りを気にすることなく、好きな焚き火を思う存分楽しみながら、そして、ある程度の自給自足、小規模農業をやりながらのんびりと暮らしたいもんだ。

たぶん、ここに住み始めれば、健康体でいられる寿命も伸びそうだ。

引き篭もり的な今の生活とはおさらばだ!

ここで暮らせば、やること、やりたいことが山ほどある。 ん? でもそれって、敷地から一歩も出なけりゃ別の意味で、やっぱし引き篭もりじゃん(笑)


この邪魔な電柱は撤去されることになった。

解体のために取り付けた黄色の保護カバーがあるからよく分かるんだが、敷地のど真ん中の空間を、使ってもいない電線が走ってるのは勘弁して欲しいよね。

気にする必要もない広さだったんで、建蔽率が何パーセントなのか知らないが、平場に占める宅地面積が200坪だから、建築面積36坪とすると18%しか使ってないことになる。

今住んでる家が60%だから、やっぱし、広いわ(笑)


おまけ

なかなか面白い動画です。

しかし、この動画の作成者は、これらの細工を映画のシーンの中から見つけて、この動画をまとめるのに、どんだけの時間がかかってるんだ?




※今朝の気温 ℃


こっちも面倒見てやってください。

まきたきてー発電所 毎日の発電実績


    
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 角チムニーの... 数万円をケチ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。