薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンス薪ストーブ情報バナー

虹鱒の塩焼きに齧りつく

ずっと気になっていたようだ!
炭火で炙り焼かれるニジマスのことが・・・

助け舟の一言をボクがかけてやると、ほらね!
これで満足かい?
どうでもいいけど、塩は落としてかぶりつけよ!

捌いた虹鱒は、オスメス丁度6匹ずつだったようで、白子と卵が仲良くカップル串焼きに・・・

それにしても、よう食べたなぁ~
ボクは塩焼きまではさすがに食指が動かんさー

猪の丸焼きに始まり、鯉のあらいと虹鱒の刺身をいただき、最後は鯉こくで上がりさね。

『ごちそうさまでした』


いつもありがとう 人気ブログランキング こちらからでも!

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 虹鱒、太っち... キノコ図鑑に... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (northin)
2006-09-28 09:07:34
まだあったのですか

凄すぎるよ!!

それも珍味ではないですか

と、ずーーとビックリしています

大自然の中でこんな食事

昔は、簡単に出来たかも知れないけど

今では、ごく一部の人しかできないですね

フランス料理のフルコースより

僕は、こんな食事が大好きです
 
 
 
Unknown (MT)
2006-09-28 17:48:35
まるで炊事遠足みたいですね。

それにしても、美味しそうなマスです。



このマスなら鮭の代わりに、三平汁としても

使用できそうですね。

いや、無理かな
 
 
 
ニジマスの塩焼き (kankanwa)
2006-09-29 06:51:40
northinさん



>まだあったのですか 凄すぎるよ!!



ごめんね~ 連日美味かった話ばっかしで(笑)



>大自然の中でこんな食事



空が、風が、水が、緑が、すべて調味料なのさー



そしてボクの場合は・・・

空腹が最良の調味料ってことか(笑)







MTさん



>三平汁としても使用できそうですね。



鱒は鮭科だからね、いけるでしょ(笑)

まぁ今回は鯉こくの出番があったから・・・



 
 
 
思うに。。 (はゆ)
2006-09-29 10:55:46
1度にこんなに食べられないわよ。(笑)



凄いパワーだと思う。私は途中でノックダウンしそうです。(笑)



 
 
 
はゆさん (kankanwa)
2006-09-30 09:21:25
そうね、ボクもダメだ。

ということは・・・



お互い? 歳かな?(笑)



11歳の長男は、がつがつパクパク、元気もりもり(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。