Reflections

時のかけらたち

さよなら桜の季節

2015-04-30 23:44:03 | seasons


いよいよ桜のシーズンともお別れです。
後何回見れるのだろう・・
今までそんなに桜の季節を心待ちにしていたことはなかったけれど
年のせいかな?

中の池から少し上がったところに松月という桜の木があり、
普賢象も撮っているのでどちらがどちらかわからなくなってきました。
ちょっと色の濃いのが関山。




































松月

























































































家の周りではつつじがだいぶ咲き進んできて明日はもう5月、初夏へと季節が移行していきます。
ちょうどこの新宿御苑に行った頃は24節気で穀雨、そして5月5日は立夏となります。
中国の暦だけどよくあっていますね。

April 19  2015  Shinjuku Gyoen National Garden
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨上がりの桜  ・・・・ cherry blossoms after spring rain

2015-04-29 12:53:15 | seasons
コンサートの余韻が続いていて、久しぶりにずっと前に買ったBeatles No.1というCDを
かけてみた。ヒット・チャートでNo.1になったのを集めたものでアンディ・ウォーホールの
ポスターが裏の表紙になっている。あのポスター学生時代に買って持っていたのになぁ・・

とにかく中学生の頃からラジオをかけて勉強するのが大好きで、ペーパー・バック・ライターとか
聴きながら勉強していた。Beatlesは音楽的にも大学の頃、もう限界かなと時代が終わった感があって
ロックが進化してエリック・クラプトンのクリームとかがすごいとそちらの方に興味が進んで
ドアーズやジャニス・ジョプリン、ちょっとミーハーではあったがスコット・ウォーカー・・ジャック・ブレルは
スコットの歌で初めて知った。
ロックがヘビメタに入った時に興味はすっかり失ってしまったけど・・マイク・ブルームフィールトと
アル・クーパーの「フィルモアの奇跡」が最後に買ったこの路線のLPレコードでした。
後はビリー・ジョエルとかボズ・スキャグスとか・・
高校時代はフォークソング真っ盛りでボブ・ディランを聴いていたっけ。懐かしい時代。

それでも今思うことはBeatlesは普遍的な名曲を作っていったのだと思いました。
とてもわかりやすく万民向けではありますが、それってやはり大事なことかも。
ポールよりジョン派ではあったけど、今生でポールが伝えてくれるビートルズは嬉しい。
歴史が評価するというか今ここで素晴らしさが定着したように思います。

写真は最後の桜の続きで大好きな御衣黄です。


















































































April 19  2015  Shinjuku Gyoen National Garden
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Thank you, Paul !

2015-04-28 00:51:48 | music



なんというか、ただすごいと驚いた。
想像を超えるコンサート。

画像も曲に合わせて一つのパフォーマンスとなっていて
そのレベルの高さに驚く。





一番の驚きがポールのエネルギー。とにかく年齢を超越して、
声も歌えば歌うほど伸びやかにとおってくる。
ごきげんだったのかアンコール3回やって。もう寝なくちゃいけないよ
なんて話している。

ビートルズの福音を伝える残されたビートル。
過去の栄光に生きているのではなく、まだ進行形で曲作りを
していてその姿勢には感服しました。

久しぶりのロックンロール・・体で音を感じてすごく楽しかった。
ポールは何度も楽しんでるかい?って聞いてくる。
ギターも何本取り替えたやら・・ピアノの弾き語りもいい。

この50年が吹っ飛んだ感じ。
ポールにとってもそうだったと思う。ジョンのために歌い、ジョージのために歌い、
今の奥さんのために曲を作り、リンダにささげた歌を歌う。
私もこの50年のジェット・コースターに乗った感じ。
何よりなんてビートルズの曲ってメロディーが憂いを含んで美しいのかと
再確認しました。途中「ロング&ワインディング ロード」とか いろいろな曲で
ウルッと来ました。
そしてあのビートに乗ったギターもすごくいい。

たくさんの元気とパワーと幸せをもらったポールのコンサートでした。

フラッシュをたかなければ写真を撮っていいとのアナウンスでしたが
スマホではよく撮れないので聴くことに夢中になり写真は撮りませんでした。

お勧めブログについていた『ポール・マッカートニィに脱帽』を見てください。

内田裕也が来ていたけど目立ちましたね。


Setlist  April 27

1. Magical Mystery Tour (The Beatles song)
2. Save Us
3. Can't Buy Me Love (The Beatles song)
4. Listen to What the Man Said (Wings song)
5. Let Me Roll It (Wings song)
6. Paperback Writer (The Beatles song)
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred and Eighty-Five (Wings song)
9. The Long and Winding Road (The Beatles song)
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen a Face (The Beatles song)
12. We Can Work It Out (The Beatles song)
13. Another Day
14. Hope for the Future
15. And I Love Her (The Beatles song)
16. Blackbird (The Beatles song)
17. Here Today
18. New
19. Queenie Eye
20. Lady Madonna (The Beatles song)
21. All Together Now (The Beatles song)
22. Lovely Rita (The Beatles song)
23. Eleanor Rigby (The Beatles song)
24. Being for the Benefit of Mr. Kite! (The Beatles song)
25. Something (The Beatles song)
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da (The Beatles song)
27. Band on the Run (Wings song)
28. Back in the U.S.S.R. (The Beatles song)
29. Let It Be (The Beatles song)
30. Live and Let Die (Wings song)
31. Hey Jude (The Beatles song)

Encore:
32. Day Tripper (The Beatles song)
33. Hi, Hi, Hi (Wings song)
34. I Saw Her Standing There (The Beatles song)

Encore 2:

35. Yesterday (The Beatles song)
36. Helter Skelter(The Beatles song)
37. Golden Slumbers (The Beatles song)
38. Carry That Weight (The Beatles song)
39. The End (The Beatles song)

これだけの曲をノンストップで歌うポールってどういう人?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜の園・・池の周りで  ・・・  Garden of cherry blossom・・ around the pond

2015-04-26 23:53:28 | seasons
4月19日の新宿御苑の桜がエンドレス状態です。






































*



















































次の季節の主役が助走を始めていました。


















普賢象が盛りでした。前にまだ咲いていたと書いてしまいましたが
陽光と間違えたみたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬱金桜から梅護時数珠桜まで ・・・ Ukon & Baigojijuzu Sakura

2015-04-25 23:57:05 | seasons
4月も終わりに近づくと白い桜もピンク色に
なってきます。
今年は白妙とか白い桜を見ることができませんでした。









































































































April 19 2015 Shinjuku Gyoen National Garden


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兼六園菊桜のシーズン  ・・・ season of Kenrokuen Kiku Sakura

2015-04-24 23:56:40 | my favorite
桜の花の季節、最後に咲く桜
兼六園菊桜がジャスト満開でした。

うこんや御衣黄も盛りを過ぎて
この黄色や緑の桜らしくない桜が大好きです。

ホワホワとした
この桜を見ると
なんだかとても嬉しくなってしまいます。


















































































April 19  2015  Shinjuku Gyoen National Garden
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小雨と桜 ・・・ light drizzle and cherry blossoms 

2015-04-23 23:47:37 | seasons


桜の咲くころは嵐や雨がつきものだけれど・・このくらいの当たるか当たらないくらいの
雨の中はとてもいい感じ・・





























雨の中に咲いた傘の花
































































































雨の雫を受けて少しだけ時間が止まり、命が伸びたような感じがして、
桜も周りの世界もその季節を精一杯楽しむ。


April 19 2015  Shinjuku Gyoen Natioal Garden
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春が進む・・・ spring moving ahead

2015-04-22 23:48:10 | seasons
そういえば四国の旅行も途中だったし、
新宿御苑はまだ中に入る前の写真のアップだけど
季節を追いかけて今日の東御苑トピックスを。

今日は娘も私もオフの日。
ランチを近くに食べに行こうと思ったけど
予約でいつもとれない。そこで東京駅の近くまで
行って、ワシントンナショナルギャラリー展を見るか
東御苑を見るかどちらかということになりました。

京橋のクロアチア料理店、ドブロに行ってから
東御苑を散歩して、オフの日にけっこう疲れました。

クロアチア料理店に入ってきた外国人が
日本語でサービスの度に「ありがとう」と大きな声で
言っていました。
私たちはつい「すみません」を使ってしまう。
「ありがとう」がタイミングよく言えるといいと思うけど・・

鳥の鳴き声を聴きながら季節の中を歩くのは
気持ちがリフレッシュしますが、足とか疲れて
スタバで休憩したら寝てしまいそうでした。






































咲いていたお花

ギンラン、オトコヨウゾメ、ミヤマガマズミ、ホウチャクソウ、シャクナゲ、藤の花、アイリス
サトザクラ





家の近くの公園で、エゴノキの花のつぼみが膨らんできました。






もう鯉のぼりの季節。
娘の卒業式が遠い昔のことのように思える
仕事どっぷりの生活。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップの花が・・・ flowers of tulips

2015-04-21 23:56:02 | seasons
咲いてました。
オランダ大使館の庭で見たのは2年くらい前だったのかしら? 
悲しいことが立て続けに起こったけど
いつも何か花を見に行ったり、音楽を聴いたりしていたのだと
振り返ると思い出されます。オランダ大使館のこともTがいた施設が
港区にあり、タウン誌で見ていたのでした。
あんな状況でも生きるための仕事を続けて、花を見たいと思ったのね。

この新宿御苑の前でチューリップの花に出会えたのはラッキーでした。

 













































































このちょっと前に食事をしたイタリアンのお店の
楽しい食器たち。

















April 20  2015
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の草花、春を知らせる木の花 ・・・ spring wildflowers & flowering dogwood

2015-04-20 23:53:52 | seasons
まだ、新宿御苑に入る前の
道端の春を知らせるヒメジオンや
日差しを浴びて花開く
ハナミズキ・・
(ハナミズキはアメリカヤマボウシとも言うそう。
そういえばよく似ている。)

家の近くでも公園の柵ぞいに
タンポポがたくさん咲き、
ヒメジオンも何メートルおきにか
咲いていた。

コンクリートの割れ目から
菫が出て花を咲かせていた。
みんな春を待っていたんだね。

家の近くでは桜の後の
ハナカイドウも色が褪せて
枯れ色になってきた。
どんどん季節が巡っていく。




























ダンディライオン
















オオイヌフグリ














ハナミズキ ピンク
































再びヒメジオン













しっかりと巻いてある葉っぱ




葉っぱの赤ちゃんが生まれてくる。






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加