Reflections

時のかけらたち

DEAN FUJIOKA Live 2017 ”History In The Making”

2017-07-14 23:59:03 | music
DEAN FUJIOKA Live 2017 ”History In The Making”

7月12-13日 国際フォーラム



先行予約で保険をかけて両日エントリーしたら両方当たって
しまいました。最初はどうしたものかと思いましたが、結果的に
2日続けて参加することができて良かったと思いました。

TVでは微妙ではあったけれど、やっぱりライブはいいですね。
インスツルメンタルも延々と続いて。ディーンの曲は歌と楽器合せての
魅力。TV番組で徳永英明とかと混ざってやっているとキャリアの長いプロの中では
歌唱力とかまだと感じてしまうのですが。
ライブでは楽器の演奏が延々と続き、TVではそういう部分はカットされていました。



中国語バージョンのミッドナイト・メッセンジャーの歌詞がすごくよかった。
日本語・英語ミックスバージョンと詩が全然違っていた。
台湾で不安な気持ちをかかえて下積み生活を送っていた歴史が感じられた。

ワイルドな感じがまたとてもよかった。ディーンにはやっぱり飼いならされないでほしいと
思いました。芯の強さを改めて感じました。

今までのライブとは全く違って、音楽だけで勝負したディーンでした。

新曲「ドレミ」では子どもたちのために作ったという歌いやすいもので会場全体で
歌いました。天井からハートの形に切った和紙のような紙が舞い降りました。
愛することを止めないという歌で思い浮かんできたのはやっぱり主人でした。





セットリスト

Showdown
Banana Muffin Blues
S.O.F.
Mr.Taxi
Midnight Messenger
April Fool
Sweet Talk
Thirsty
Priceless

ドレミ

Permanent Vacation
Unchained Melody

History Maker


アンコール

My Dimension
News Paper(ギター速弾き)
メンバー紹介とクロストーク (メンバー紹介はコンサートの中でやってほしかった。)
午夜天使的翅膀(Midnight Messenger Mandarin ver.)

バンドメンバーもすごくよくて、楽しめました。ドラムスは活動休止中のレミオロメンから。
アンコールというよりは第2部と言った感じ。名残惜しいコンサートでした。
ワイルドな部分とストレートな人柄が伝わってくるライブ。





チャリティグッズは福島の子供たちのために。













初日早く着いたので花を見ていました。まだ整理されていなくて奥にもたくさんありました。
ニュース番組のキャスターや映画で共演した女優などからも来ていました。


                

今日も真夏のような日。仕事の後で、お弁当を持って更紗染めの工房へ。
受付の女性に効率の良い日ですねと言われる。仕事が終わってから
教室開始まで30分。お弁当を作って持って行くしかないですね。

5時半まで夢中になって染めていたので、スマホで写真撮るの忘れていた。
色を重ねるとどうなるかなど未知との遭遇です。
最後に染め終わった布を張って地糊を刷毛で付けて帰りました。
この集中が心地よい時間です。


追記

7月15日 福島でのコンサート Homecoming in Fukushima



子どもたちのために新曲を書いた。未来のために。 ディーンらしいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思いがけない出会い ・・・... | トップ | 春の初めからもう3か月も過ぎ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

music」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。