Reflections

時のかけらたち

1か月遅れの誕生祝 ・・・ birthday lunch one month later

2017-12-09 23:59:47 | a day in the life
高輪の大志満で娘に一月遅れの誕生祝をしてもらいました。
11月19日のことです。その日の計画ではお昼を食べてから国立新美術館で安藤忠雄展を
見る予定でしたが、あまりの人の多さで give up して、喉が渇いたのでWestで休んで帰りましたが
ここでも列。ここでは頭が働かなくて、あまりにも喉が渇いていたので、待ってしまいました。





大志満は品川グースと言うホテルの3階にありました。治部煮が食べたくなって、神楽坂の前田と言うお店か
どちらかにしてもらおうかと思ったのですが、こちらの方が空中庭園があるし、OZmallというので頼んだら
お祝いのドリンクとにんじんのドレッシングのプレゼントがあったのでこちらにしました。
















































すべておいしかったです。見た目も美しく、繊細な味でした。




七五三のお祝いもしていました。


近くのドイツ村まで散歩してから国立新美術館に行きました。
今ではクリスマスの店ではなく、イベントをする場所らしく、結婚式を
していました。
通路のような中庭に行くと私道なので、撮影禁止となっていました。









安藤忠雄展の混雑がすごかったので、出直すことにして、お茶に向かいました。
















これが夕飯となってしまいました。


もう暗くなってきてしまったので、ミッドタウンまでイルミネーションを見に行ってから
帰ることにしました。

















































Nov.19  2017   Takanawa, Roppongi






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい場所を巡ってT高校大先輩のお宅へ ・・・ nostalgic place and visiting senior at high school

2017-12-03 23:58:16 | a day in the life
12月2日 

土曜日の午後、今の職場の友人に誘われて、彼女の知り合いのご夫妻の家に
遊びに行きました。私と同じ高校の出身で、布でいろいろなものを作られて、長年音楽関係の
仕事をされていたと以前お話を聞いていたことがありました。家族ぐるみのお付き合いとのことでした。
私なんか行っていいのかしらと思いましたが、何か魅かれてご一緒することにしました。





















良く子供が小さな時に行った、善福寺川緑地のすぐ近くの静かな場所の家です。
この近くにある交通公園も娘が三輪車を乗る練習をした公園でした。
桜の頃善福寺川緑地に車に乳母車を乗せて行って、散歩したりした赤ちゃんの頃・・
結婚してすぐ住んだ場所にとても近いところです。


門からのアプローチが長く、今時珍しいゆとりのあるお宅でした。










ネコの絵がかわいくて・・




大きなガラス窓からの緑がすてきな応接間に通されました。







ご主人はT高校同窓生で11歳も上とは思えない若々しさです。
同じように同窓生の奥さまはヴァイオリンが専門ですがピアノを教えていらしたとのこと。
今イタリア語を習っているということでした。






ご主人は東芝EMIを務めあげて、趣味で作っていた雑貨を今も作られています。
作り始めは釣り道具の箱から始まって、布を使った札入れやカード入れなど。
カードも作ったり、雑貨なら何でもと。和服の布を切り取ってきっちりした入れ物が
とても素敵です。祝儀袋の代わりや袱紗の代わりにそのままお渡しする用途に使ったりしている方も
いるとか・・

近くの救世軍のイベントで売ったりもするそうです。







築50年の家は、木のにおいがして何か落ち着きます。明かりもやわらかい色です。
うちでもずっと食事がおいしく見える電球で蛍光灯はリビングには使っていません。







楽しく時間が過ぎておいとまする時になりました。

帰りにお庭のゆずをいただいて行きました。










いただいて帰ったゆずと入れ物。
亡くなった主人のネクタイでも作れるというので、今度お願いしたいと思いました。
企業秘密なので作り方は教えてもらえないようです。健康保険書を入れたり、通帳入れにしたり
いろいろな用途に使えます。











それから割と近くの蚕糸の森の近くのフェリチッシミまで忘れたイタリア語のファイルを取りに行きました。
ちょうど中級が終わろうとしていた時間でした。
中級の生徒さんの一人がオーチャード・ホールのイル・ヴォーロのコンサートに行ったと話していました。
私は知らなかったけれど結構名前が通っていたのですね。

蚕糸の森の紅葉を再び。






































最後にイル・ヴォーロがドミンゴと共演してた「忘れな草 Non Ti Scordar Di Me 」が2曲目に入っていたので
リンクしました。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

目まぐるしい1週間 ・・・ busy week

2017-11-17 23:58:22 | a day in the life
先週10日は日展のシンポジウムを聴きに行って、11日高校のクラス会、12日は娘と民藝館へ、13日はヨガだけ。
14日都民劇場のコンサート、15日癌検診の胃カメラ。16日はいきなりの閉店の淡路町ZOMEと銀座とみひろに
有松絞りの浴衣を生洗いに出しに。17日の今日は二葉苑で月に1度の型染め。今日は型彫りの1回目。3時間半ひたすら型紙を
彫っていて、やっとカッターの制御が少しできるようになりました。J-waveを聴きながら、みんなが帰った後も
宿題分は持って帰らないで。予定の3枚を彫りあげました。手が慣れてきて切りやすくなりました。

仕事が終わって二葉苑に向かう橋の上から、今までにないくらいのたくさんの鴨が見られました。
そろそろ冬の到来ですね。まだ紅葉も見に行ってないけれど。








































型を3枚まで掘ったところです。型絵は紅型に近いそうです。私が習っているのは型染めで
彫ったところに色が入ります。
彫りながら色刷りしてつながりを見ます。今回は2色くらいを使おうかと思っていて
型紙は4枚です。線がカーブしていると切れやいので、いくつかに分割が必要です。
分割した感じを見るために、出来上がりはモカ茶かグレー系1色ですが、型彫りの差が出るよう
目立つ色にして刷りこんでいます。

江戸更紗の技法に合ったデザインにしました。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


スカパーから何年かはいっているとプレゼントがあり、今回はスターチャンネルを選んで1か月間無料で見ることにしました。
今まではこういう機会も利用していなかったけど。
スカパーも今はほとんど見ていなくて、契約しっぱなしももったいないような・・黒澤明や仲代達矢の特集の時は
選んでみるようにしていたけど。今回は見たことがないティム・バートンが特集なので、「シザーハンズ」、「アリス・イン・ワンダーランド/
時間の旅」を部分的に見て、今日は「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち」を見ているというか流しています。


Scott Walker のIr's Over を聞いていて、別れの歌なのにどこかすがすがしさが感じられて、
人生の次のステップへ旅立っていくような・・ ミス・ペルグリンでは saying good by  を前進と訳していたわ。






ホセ・カレーラスのコンサートが明日なので(嘘みたいに時間が速くたってもう来てしまった・・)何年ぶりかに彼のブログを
見てみたら、最近のNew York Timesのインタヴュー記事が出ていた。歌うことを楽しんでいるけど残りが少ないことを
予感している。明日もその貴重な1回だわ。





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

夜の冷蔵庫片付けメニュー



サラダは2種類でアボガドとスモークチキン、葉大根とツナのサラダ。




今回のお残りフェアはトマト缶の水煮を使って何かパスタと思っていたのですが、思ったよりトマトが少なかったので
レトルトの黒豚のアラビアータも使って、セロリとにんじん、玉ねぎ、エリンギでソフリットソースを作って冷凍の揚げ茄子も
加え、バターをたっぷり使って作った炒り卵を入れて初めての味。




生協の野菜ボックスに入っていた葉大根を使わないと悪くなっちゃうので、ネットで見たレシピで
さっと湯がいた葉大根をスライス玉ねぎ、マヨネーズ、ポン酢、ツナ缶で和えました。全然苦みがありません。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大きなものに包まれる一日 ・・・ filled with invisible affection

2017-11-11 01:18:14 | a day in the life
姪のドキュメンタリーがANAでも機内上映される連絡が入りました。
クラウドファンディングのフォローはすごくてその後のニュースも送ってくれます。

夜、亡くなった友人の妹さんにお電話して、パーキンソン病と闘った友人が
身体的にはかなり重くなったけれど、いい先生と出会っていたので精神的には
眠れて落ち着いた日々を送られていたことがわかりました。突然亡くなられたという
ことで持病によるものではなかったとのことでした。近くに住んでいた妹さんと
そのご主人もよさそうな方で良かったと思いました。声がお姉さんにそっくりな低い声で
まるで彼女と話しているようでした。


今日はお弁当を作って仕事帰りに六本木に出てミッドタウンで昼食を取ってから
国立新美術館に行きました。中学同期のM君からお知らせをもらった日展のシンポジウムと
日展デーで無料で見れるのも魅力でした。

----------------------------------------------------
11月10日(金)
<日展の日> 13:30~15:50
・基調講演「日展の巨匠たち」―伝説はその場から生まれた― 
京都国立近代美術館 館長 柳原正樹氏
・シンポジウム 日展110年「日展の歴史と未来を語る」 
京都国立近代美術館 館長 柳原正樹氏
奥田小由女・土屋禮一・佐藤 哲・能島征二・井茂圭洞 
司会:三田村有純
----------------------------------------------------

M君のおっとりとして核心をつかんだ司会ぶりも見事でしたが、パネラーたちの言葉も
心に響きました。18日には彼の専門の工芸のシンポジウムもあるのですが、予定がすでにあって
行くことができません。

日本画家の土屋禮一さんの言葉で「心の贅沢」というのが心に残りました。
親から絵を描くことの楽しさを教わったという話でした。また昔の頃の感覚の方が鮮やかに
よみがえってくると。今の方が過去のことがはっきりしてくると。昔訪れた屋久島の海の中を
描いた作品の解説もありました。日本画の色は素晴らしいわ。

洋画家の方は「もうひとつの輝き展」のようなそんなに有名ではない作家の展覧会が
開かれるようになるといいとの意見も。

彫刻家の方だったか、3.11の時に被災地で支援物資を開けていたらイギリスから送られてきた
スケッチブックと色鉛筆の箱があったとのことで、衣料や食料だけでなくこういうものを欲していたと。
日本もここまで成熟してほしいとのメッセージ。

私は1時に仕事が終わるのでお昼をミッドダウンの庭で食べて、会場についたら
シンポジウムはもういっぱいと受付では言われたけど3階まで上がって部屋に入ると空いている
席があってちょうど京都近代美術館の館長さんのお話会終わったところらしかった。
その後映像が流れて、シンポジウムが始まった。あとからM君の奥さまから
講演もすごくよかったですよと聞きました。

映像では日展110年の歴史。開会式の歴代皇室、歴代首相、歴代都知事などの映像も流れ
時代がここまで来たことに驚く。日展は日本の権威とぴったりついていたのですね。
もともとは文展と言って官展だった。画像によるフラッシュバックは自分の生きてきた
時代も重なってきて、50年ぶりの同期との再会とかそういうことが多いこのごろ。

シンポジウムで時間が無くなったので工芸と日本画だけ急いで見て帰りました。
今までに多分1~2回くらいしか行ったことがない日展。油絵の先生が新制作だったの
新制作展は昔よく見に行きました。日展は絵画も抽象がないとか。
とにかく出品量がすごくてと言うのが昔の印象。
改組 新第4回と言うのでだいぶ問題があったことを感じさせる。
日本画の色は落ち着きます。工芸もいろいろ多種の大きな作品がならび
こんなに大勢の人たちが美術を目指していることは頼もしく思いました。
大作はやはり迫力があります。創造するエネルギーが伝わってきます。




































安藤忠雄設計の21_21 DESIGN SIGHTは外から写真を撮っている外国人が多かった。

































この頃娘が残業続きで11時すぎの帰宅で、私も寝るのが3時近くになり、さすが
倒れるように寝て、音楽も聴く暇もなく過ごしていましたがやっと1時ころ寝れるようになり
ラフマニノフのシンフォニーを聴くこともできるようになりました。しみじみと懐かしい曲。
ここに引っ越してもう15年近くになり、引っ越したころのことを思い出していました。
二人で力を合わせていた頃を。



今日はシンポジウムでの日本画家の親から教わった「心の贅沢」と言う言葉が琴線に触れるというか涙腺に
触れてしまいました。帰りに主人も好きだった青山westでお茶を飲んでいたら、父から教わった「心の贅沢」
に感謝の思いが溢れました。クラシック音楽もキリスト教も絵画とかもすべて父の影響です。父も母も私に
大きなものを与えてくれました。誰もが貧しかったあの時代の豊かさです。
westではメンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルトがかかっていました。コーヒーを飲み終えると
すぐお代わりを入れてくれます。高いけれど居心地のいいカフェです。

Nov.10  2017  Roppongi & Aoyama
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々のベランダの花 ・・・ finally gardening again

2017-11-06 23:41:04 | a day in the life
昨日はもうぐったりでしたが、ブルーの餌を買いに行って、
遠くのスーパーに卵を買いに行きました。

同期会の前日外苑前までカットに行って、青山の花屋さんで
安い「よく咲くスミレ」がさらに20%オフになっていていつもたくさん抱えて
帰ってきてしまいます。カットに行くと曲がり角にある天馬と言うスープカレーのお店の
カレーパンと花屋さんで何かを買ってしまいます。外苑前まで行って・・
買っては来たけれど翌日の準備などでプランターにすぐ植えることができなかったので
昨日植えました。




ブルーの餌を買ったペットショップであまりにも気持ちよさそうに寝ていたので撮ってしまいました。








この子も元気に向かってきました。



ベランダの花は夏の日日草が結構早くダメになって、もう一度夏の花にしようと思ったけれど
あっという間に年末に向かっています。季節感がわからないのだけど、春まで咲くスミレになってしまいました。






















うちのブルー。Sが写真を撮って現行犯逮捕です。いけないことをしている現場押えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表参道の秋 ・・・ autumn in Omotesando

2017-11-04 00:09:18 | a day in the life


髪を切りに外苑前まで行く途中、アップルの前に長い行列。
その列は246を左に折れて私が行く美容室の前近くまで続いていました。



スマホの充電が切れていたので、美容院で充電させてもらって
すべて帰り道に撮ったものです。





行き道に見たChloeの前で




モードという感じ。モードがなくなってストリートファッションの時代になってしまったけど
やっぱりいいね。





お昼はまたマルイの上で外苑前で買ったカレーパンを食べました。




抜けるような青空

いろいろお礼とか買い出しをして
家に帰ってからは明日の同期会の資料の作成や確認や
メールのやり取りやら、電話やらと焦ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな始まり ・・・ starting over

2017-11-02 02:18:37 | a day in the life
今日から(昨日になっちゃったけど)また仕事を更新して新たなるスタートでした。
1か月のオフは楽しかったわ。
また少し不自由な生活になります。

でも今日は体も軽くなって出かけて行きました。
いちょうの並木が黄金色に輝いていました。帰りに写真を撮ろうと思っていたけれど
帰るころには暗くなっていて、撮れませんでした。
空気が冷たい朝の通勤路・・久しぶりの感覚。

職場につけばすぐまた元に戻っていました。
家にいる時はグータラしているのにね。必要とされているのかなと
職場の人たちとの再会を喜びました。






帰りに紺屋めぐり第2弾が職場のすぐ近く、二葉苑でもやっているので、二葉苑と他紅型のおかめ工房を見ました。
ちょうどあるばとろすさんたちが今日見えているというので合流しました。

二葉苑では恥ずかしながら生徒の作品が展示されていました。











江戸更紗と型染め、手挿しは全く違うものですね。













私が次に作ろうとしている帯の感じに似ています。




こちらの鳥だけ、売り物です。










あるばとろすさんのすてきな花織と久米島。




友人のyukamさんの半襟から草履までの完璧なコーディネイトに驚きました。
工夫がいろいろあってすてきです。お会いできてうれしかったです。






先ほどまで同窓会の名簿の最終チェックをしていたら、クラスの友人から精密検査のため行かれなくなったとの
残念なお知らせが届きました。元気になって会える日を待つしかありません。原因が早く取り除かれることを
祈るしかありません。

昨日は最終チェックのため中学に行って、そのあと打ち合わせ。半日かかりましたが、そのあとの2次会についても
皆様の協力で形が見えてきました。



中学校に行く前にお昼がかかってしまうのでお弁当をマルイの屋上で食べてから行きました。
最初京王の屋上に行ったのですが。鳩が足元まで来てしまうので、退散。










こちらではハクセキレイが来て、目の前を通って行きました。

Oct.31 & Nov.1  2017
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

10月も終わり・・・ ending of October

2017-10-30 23:55:20 | a day in the life
一昨日はヨガでストレッチをしっかりして汗をかいてきましたが
寒かったり、暑かったり、台風が来て、風が強く、気温も上がったり、下がったり・・
我が家でもやっとシャワーからお風呂にしているけれど、お布団はまだ夏掛け。
なんだか変な気候です。




昨日は雨にもめげず遠くのスーパーまで食料品を買いに行きました。
さざんかの花が雨のなかできれいでした。

夜はあるもので済ますことにして、冷凍庫にあったさんまで炊き込みご飯を
作ってみました。思いがけずおいしかったです。今ではパスタやビリヤニにも
さんまが登場です。




昼間にケーク・オ・シトロンを作ったのですが、うまく焼けません。
寒くなったから? バターが150gを半分にして100gなかったせい?
前回も同じ量だったけど。卵が大きかった? ベーキング・パウダーを入れ忘れて
最後に型に流した後入れて混ぜたから?
中心まで何度も回しても焼けません。うちの古いオーブンはパウンドケーキが以前
全然焼けなくて困ったことがありました。電子レンジのオーブン機能を使った方が
いいのかしら?

                


11月1日からまた毎日仕事だと思うと緊張し始めてきました。夜更かしはやめて早めに寝ようと思っても
1時は回ってしまう。この自由な日々がもう終わってしまうなんてとちょっと残念。
ヴォリーズが設計した東京では珍しい建物、早稲田のスコット・ホールのガイド付き見学会が2日の午後1時から
あって行きたくてたまらないのだけど復帰して次の日に早退はいくらなんでも言い出せないとやっとあきらめました。
1年に1回だけ非公開のところも見せてくれて説明があるらしい。友人は週に1回ヴォランティアで日本語を教えているので
いつでも見に来てと誘ってくれているので、ついでにシラグーサのCDを借りに行こうかしら。

仕事帰りに紺屋めぐりパート2くらいは寄れそうかもしれません。昨年見れなかった紅型工房を見たいとは思っています。

そろそろ中学同期会のことをまとめて行かなくてはならなくて、ちょっと焦り気味です。最終名簿を作って
当日の寄付の件とか考えなくてはいけないことも多くて。二次会の場所は一欅庵のオーナーが同期生で場所提供を
してくれることになってホッとしています。やはり仕事で夜しか来れない方もいそうです。
閉会挨拶の人もお願いしました。メールだけで顔も知らない人たちがすごく協力してくれてすごいと思いました。




今日は銀行に行って、運用を切り替えたりしました。
その足で、インフルエンザの予防接種。とにかく職業上、受けなければなりません。
今年は不足していて、予約の上行きましたが。予約していてもちゃんと入らないこともあるとか。
先生に良かったねと言われました。今年は特に時間がかかっているみたいです。





今日着物を畳んだりしていましたが、気が付いたらまた最近買ってしまって増えています。また来年分予算まで
使ってしまった感じでしめないといけないと思いました。

モアレの帯によく似合う小紋を紀尾井アートギャラリーに一度返したのですが、安くしてもらって
戻ってきました。八掛の付け替えが半年に一度いち利で安くなるので、替えたらどうかと思いましたが
裏だから替えることはないとの皆さんの意見。良く着る方は天地替えをして、最後に取り換えるとか・・
そこまで着たらすごいですよね。
















夕飯にはものすごく久しぶり、何十年ぶりかにピーマンの肉詰めを作りました。
お弁当にもいいしね。




大好きなジーマーミー豆腐と副菜は残り物。





同期会と仕事の再開・・プレッシャーだわ。
明日は最後の確認に中学校まで再び出かけて打ち合わせです。
同期会がらみのメール連絡や、最終名簿整理で時間が足りません。

古美術ギャラリーを銀座でやっていたT君に会いたくて思い立ったクラス会に
続いて同期会まで発展して・・T君のおかげでまたいろいろな人たちと新しいつながりが
できて行くような・・ 空から見ていてくれるかな・・


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

久々の池田訪問と紀尾井アートギャラリーへ ・・・ visitng Ikeda & Kioi art gallery

2017-10-29 23:46:01 | a day in the life
着物のmy boom が復活してきました。恐ろしいことに。
でも今までの着物を着て出かけることを目標としています。それほど持ってはいませんが
これ以上増やそうとは思いません。あとサーモンピンクの色無地が一つ欲しいところ・・
ここ数か月、月に3回は着て出かけることができてうれしいことです。

あるばとろすさんに池田さんを紹介するために久し振りに池田を訪問しました。
ブログでは素敵な久米島紬が出ていたりしてほしくなってしまいますが・・



ここでもスタッフの方とお話をして、着物の着方について多くの発見がありました。
まだまだきもの初心者で、うまく着れません。
どうして後ろが長くなってしまうのかとか、長襦袢と着物の合わせ方とか
なかなかきれいにできません。
着物の着丈を決める時は思いっきり前にひっぱて、体にぴたっとつけていないと緩んで
裾が下がってきてしまうのですね。いつも後ろが下がってしまっています。
長襦袢の合わせ方もまだ足りないみたいでした。あんなに引っ張って重ねているのに。
着物はもっとゆったりと合わせて。

和服を着るのはお茶の作法と同じでとても理屈に合っているのでその流れで
着て行けばうまくできると思います。一つやり忘れたことがあったり、いろいろで
うまくできていません。

池田のほかに南北線を使えばすぐ行ける紀尾井アート・ギャラリーにお誘いしました。
時々利用する都市センターホテルの和食「梅林」でランチの後で
すぐ近くのギャラリーに行きました。










アートギャラリーの向こう側のちょっとしたスペースは江戸時代そのまま残された土地があります。
上野の芸大裏から桜木に出るところも江戸の空気を感じてしまいます。
紀尾井町は名前の通りの土地ですが、この一部が皇族のものとなって、プリンスホテルとなって行きました。
北白川宮家がコンドルに依頼して建てた赤プリ旧館。ここにも維新の歴史やその後の悲劇の歴史がありました。










あるばとろすさんのコーディネイトがすばらしくて。

















伊勢型紙の職人さんが彫った柄を刷ったものです。紫ですが、写真では色が出ません。
氷割れ文様が斬新です。






















出かける前に。着物と帯、帯揚げ、帯締め を決めて。




帰った時もチェック。帯を引っ張って下に下げました。
後ろも少し高くなって、しょっているようなのはおかしいといけだで注意してもらいました。






Oct.28  2017  Meguro & Kioicho

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「秀や」好みと築地のお土産 ・・・ Hideya taste & Tsukiji food

2017-10-26 23:59:49 | a day in the life
日曜日の築地散歩の帰りに寄ったのは、銀座三越のサロンドきもの。いつもKさんにいろいろと
特に小物について教えてもらったりしています。以前習っていたワンコイン着付け教室の近くだったので
帰りによくよって、話を聞いていました。そのころの私の相談相手はしぎやさん(店主と娘さん)、
池田の池田さん(重子さんの娘さん)と大泉学園、吉祥の田中さんが京王に出店している時に伺って
初めての着物着付について教えてもらっていました。池田には最近行っていないので、今回機会があって
嬉しいです。行くとすぐ欲しくなるので、なるべく近寄りません。
最近は貝紫の展覧会があった銀座とみひろに行くことも多いです。

貝紫に行った時に帰りに三越に寄りました。前回築地の時は娘がいっしょだったので長居出来ず
すぐ帰りました。イベントで田園調布の「秀や」と言う呉服屋さんの女将のトークショーが始まるところでした。
とても人が多く、人気らしかったですが、娘を待たせるわけにはいかないのでKさんと少しだけ料理教室の
ことを聞いてすぐ去りましたが、ドットの帯がかわいくて参考に写真を撮らせていただこうと思い
再び立ち寄りました。最終日の午後です。

Kさんが女将に聞いてくれて、写真OKとなりました。

2度目に行ったときは他に一人お客さんがいて、一緒に話を聞きました。
職人さんに色指定とかして、今までにない色を追及しているみたいです。新しさは感じます。
パステル調で色もきれいで女将にはとてもよく似合っていました。
キモノ雑誌にもよく乗っていてカリスマらしいです。私は美しいキモノとかそういう本は全く見ないので
どういう人がいるのか知りません。
呉服屋さんと言うのは今ではプロデュースをする人なのですね。しぎやさんを見てもそうですし、
とみひろも制作からしています。



秀やの女将さん。さばけた感じの人でした。




何とも素敵でこの帯の写真が撮りたくて来ました。三越の企画で見立ててセットにしたものを
販売していましたが、最後なのでばらして帯だけでも大丈夫と言うことになり、
心揺らぎました。







この帯はインドで刺繍してもらっているとか。京都に出すとあと10万円高くなるというお話でした。
アジアでも器用な人たちが多いですよね。刺繍ならではの風合いです。
私も小花の型押しの紬があるのでこういう帯を合わせるのかと勉強になります。


当日展示のものがブログにも載っていたので、そちらから女将の写真も含め載せさせていただきました。
















なかなか素敵ですが、田園調布のお店ではご縁がないという感じです。



* * *  * * *  * * *  * * *  * * *  * * *  * * *  * * *

築地では売っているおじいさんたちとも会話も面白く、うに丼のお姉さんはきびきびとさばく江戸っ子風でした。
乾物屋さんに挟まれたお店で、青さ海苔の佃煮と、美味しそうな納豆(何しろ娘の大好物、納豆ソムリエになりたいとか)
珍しいごぼうと胡麻のドレッシング。鮭などの専門店で切り落としを買いましたが、会話成り立たず。いつまでもつの?と聞いたら
ずっともつよだって。もうとぼけたお爺さん。築地お面白さってこういう売り買いの言葉も面白いのよね。




大当たり。とてもおいしいです。




こちらも大豆の味がしておいしかったです。味は甘めでした。




これは普通のおいしさ。ドレッシングが欲しかったので買ってみました。





鮭はその日は焼いて食べましたが、切り落としだったので、形が悪いのは後日サツマイモと舞茸も一緒に炊き込みご飯にしました。
角煮用の三枚肉が安かったので久しぶりに作りました。塊肉でなかったので出来上がりずいぶん薄いです。
煮ているとお正月みたい。普段にはほとんど作らない料理です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加