Reflections

時のかけらたち

星岡のお正月料理 ・・・ new year dish of Hoshigaoka 2017

2017-12-13 23:43:57 | dish



今日は真冬のような寒さが頬を冷たくしました。
いよいよ本格的な冬の始まりですね。

やっと9日の星岡までたどり着きました。
毎年恒例のお正月料理の教室。星岡で習ってからおせち料理は全く買わなくなりました。
買うのは紅白ではなく紅いかまぼこだけ作れないので、買っています。
今年はすり身を買わなかったので、かまぼこは紅白ともできたのを買おうかと思います。
イタリアンのお節にも心揺らぎましたが、原点に返ってお節は生きていることを感謝して
神様にささげるものとして、少し作ろうかと思いました。

今回も一人でがんばって着物を着て行きました。日本料理の講習会に和服で行くことは全く
違和感がありません。一人だとつまらないのだけど・・土曜日だったせいかわかりませんが
和服は暖かく、汗をかいてしまいました。

前日考えていたのは黄色がかったベージュに手描き更紗の帯にしようかと思っていたのですが
どうも気分でなく、よりカジュアルな結城紬にざっくりした綴れ織りの帯にしました。
なるべく着たことのないものにしたいのですが、服はその時の気分に合わせるようになってしまいます。
私にとっては定番の組み合わせです。





12月の星岡日本料理講習会

お正月用口取り
 くりきんとん
 鶏味噌松風焼
 卵さらさ焼
 錦卵
 紅白なます
 海老酒煮

煮しめ
 海老芋含め煮
 昆布巻
 手綱こんにゃく ささごぼう
 たけのこ煮
 梅花人参
 蓮根の炒め煮
 椎茸煮

煮物
 かぶら蒸し
 
ご飯
 年越そば
 鶏の蒸しロース




手際よくさっさと作られていきます。鶏味噌松風焼は同じ味にできます。西京味噌の味によるのでしょうね。
今回初めて知ったのですが、先生は女子大でも教えていらっしゃるとのことでした。失礼にも先生の年を
聞く生徒がいて、70になるので、大学の方はもうすぐ定年ですと話していました。
いつもお会いする生徒さんも料理教室を自宅で開催している先生だったことがわかりました。お茶の先生風でしたが・・
























今年はどれくらい作れるかしら?
龍皮昆布、青板昆布、黒豆を分けてもらいました。
材料費だけで市販のできたものを上回っていますが、とてもおいしいのです。
一年に一度だけ。


出かける前に鏡に映して・・













コートは和洋で使えます。ZOME淡路町店閉店のため、バーゲンで買った綿のものです。
あまり着物らしくないのが欲しかったのでちょうどよかったです。


Dec.9 2017 Asagaya
  
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

眺めのいい飲茶 ・・・ Yumcha with an excellent view

2017-10-18 23:59:47 | dish


元の職場の勤め始めた頃一緒だった友達とは年に2回くらい
ランチをするように心がけています。音楽好きな友達とはたまに
コンサートをご一緒するくらいです。
まだ現役で仕事を続けている会計士の友人と、闘病生活が続く友人。
音楽もお茶も写真も好きな彼女ですが、膝が曲がらないのでお茶はあきらめたと
言うお茶が似合う彼女です。いろいろな病気が続き、すごく度胸が座っているのに
驚きを感じずにはいられません。静かな中ににすごいパワーを秘めています。
ヴォランティアと家の中にいてもやることがたくさんあるという彼女。
音楽会に行く以外は外出もあまりしないようなので、年に2回くらいはランチをゆっくりと
したいですね。会計士の事務所をしている友人も遊ぶ暇が全くありません。
今回は以前、シャンソン歌手の杉田真理子さんのブログにご褒美として載っていたすてきな
飲茶のお店を候補の一つとして推薦しました。以前ネットで同じ食器の店をみつけてお店を
わりだしていたところです。皇居が目の前に広がり、驚きの素晴らしい眺めです。
キーワードは皇居を眺めて食べる飲茶。
丸ビル37階にある家全七福酒家SEVENTH SONという繊細な味の中華料理店です。

会う前日また真夜中のケーキ作りで12時過ぎからケーク・オ・シトロンを作り
切り分けてプレゼントにしました。とても簡単に作れるのがいいです。初回成功、2回目は思ったより
防腐剤不使用のレモンの皮がにがかったのでちょっと・・3回目初心に戻り、さらに上手に
調節できるようになりました。(うちの作り付けのオーブンの火加減が難しくて、上、下、上下ヒーターと
変えながら・・)料理って慣れすぎても失敗するし難しい。




















お店に入り、案内されたテーブルからの予想以上の素晴らしい眺めに驚きました。
ネット予約の会の目的を誕生祝にしたからかしら?
どう見てもいちばんいい席!
いつも行く東御苑や、武道館、イタリア文化会館まではっきりわかります。
写真だとイタリア文化会館の赤みがかったビルがわかりにくいですが、肉眼でははっきりと見えました。




国会議事堂と周りに法務省をはじめ省庁群。日本の政治の中心地。
車だと桜田門をぐるっと回っちゃうので議事堂は見えていません。最高裁とかはいつも車から見ていたけれど。




正面に宮内庁が見えます。乾門通り抜けの時はこちらから入ります。




国会議事堂をもっとアップにして。
ここでちゃんとした話し合いをしてほしいです。
左にレトロな法務省。




東御苑方面をアップに。奥が九段。


お料理は平日限定飲茶コース

・前菜
・本日のスープ (+648円で名物 フカヒレ入りスープ餃子に変更)
・本日のおすすめ点心4品
・五目炒飯 又は 上湯スープ麺
・本日のデザート



前菜



フカヒレ入りスープ餃子
スープが何ともいえずおいしくて、洗練された中華料理とはこういうものだとわかりました。
本店が香港、他上海、北京、東京、大阪ににお店があります。麻布十番の中国飯店 富麗華(ふれいか)、幡ヶ谷の美虎(みゆ)
を超えているかもしれない。
とにかく中華もこんなにデリケートなものだと初めて感じました。







蒸し物が3点と、春巻き。 春巻きには大きな海老が入っていました。
あと撮り忘れたけれど、チャーハンは普通でした。皆さんはつゆそはでした。




タピオカのデザート。




お誕生日スペシャル。さつまいもが入ったお菓子でした。








会計士の友人は首から手首まで痛くなって、午前中に整形外科に行ったけれど順番が回ってこないので
こちらに抜け出し、また午後病院に行くことになっていましたが、それでもかなりゆっくりとして
話しながらいただきました。


残された二人は丸ビルの地下で珍しいロシアのブレーバーティを買って帰りました。
革命の時にパリに逃れた人が始めたものです。










入れ物がかわいくて、アナスタシア(アールグレーにさらに少しほかの香りが付いていました)とフォーレッドフルーツという
フレーバーティを買いました。ちょっとしたぜいたくです。

それで後はKITTEの中央にある休憩スペースでおしゃべりして帰りました。テイクアウトでお茶を買って飲もうかと思ったけど
そこの休憩所は飲食禁止でした。

Oct.17 2017  Marunouchi  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋をいただく (10月の星岡)・・・  autumn in dish (Hoshigaoka in Oct. 2017)

2017-10-10 23:56:54 | dish


今日は星岡10月の講習会の日です。
今日も頑張って着物を着ました。隣ではお茶の講座もやっているので
和服が全く違和感のない世界です。
これもあるばとろすさんのおかげです。



思ったより暑くて単衣用のこげ茶の長襦袢と思っていたのですが、
夏用のローズカラーの長襦袢に袖はシーズン用に付け替えました。

着物は帯で有名な京都まいづるの三眠蚕の小紋。この着物を見たときに、紬以外でこういう着物が好きだったと
気が付いた和服です。
帯は花織で今治の呉服屋さんがやっているリサイクル店の新品です。2年くらいしまいっぱなして
初めて締めたのですがとても締めやすく、かわいく、懐石料理の講習会には重すぎなくて
いいかと思いました。
夏っぽい日だったので夏用の帯揚げはとみひろ、帯締め・帯どめは池田。
今日、いけだに電話をしたので、久しぶりにHPを見たら、やはり素敵なコーディネートが
たくさん出ていました。やっぱり他とは違う感があります。自分に合うかは別として
個性的だと思います。
星岡では今日は隣の部屋で茶事教室をやっていたし、和服は全く違和感がなく、特別ではありません。
毎月、ミニ茶事や月釜があり、一度参加してみたいと思っています。目標は夜咄の茶事。


















前 菜  いかのかりんとう揚げ
     はんぺん白菊揚げ
     こんにゃく炒り煮
椀 盛  吹き寄せつみれ椀
焼 物  鶏肉巻き焼
煮 物  にしんむし煮
和え物  たらこ 千切芋紅葉和え
ご 飯  まつたけご飯
























料理の中に秋がたくさん感じられ、至福の時です。
今日はいわしのつみれを蒸して椀だねにしていましたが、こんなに滑らかないわしのつみれは食べたことがありません。
西京味噌を合わせているのですね。また鰊は柔らかく、程よい甘さでこれが家でできれば最高です。
帰ってから夕食の一品で家にある材料で習ったことをアレンジして、千切り山芋の明太子がけを作りました。

最近星岡のメニューもとてもいいので、今月を三越サロンドキモノでお世話になっているKさんにも
お薦めしました。彼女も懐石料理に興味を持っている一人です。仕事の休業日と重なれば行ってみたいと
以前話していました。














同じ着物仲間がいると写真を撮ってもらったり、楽しく講習会を続けることができます。



講習会の後でそのまま二葉苑に行って、方針を固めました。
染の方もデザインに合わせて技法を適したものにするらしくて、今ある3つのコースで
手挿し、型染め、江戸更紗に分かれているように、職人さんたちもその都度
どちらで行くか考えるとのことでした。型染めと江戸更紗は彫るところが逆で
版画のように模様が宙に浮くことがないのでやりやすいです。紅型はこれに近いとのこと。
江戸更紗の方が繊細な感じがします。
私はそのコースなので他の方法を試すことはできません。人によっては二つのコースを
取っている方もいるとか。

今回初めての帯でシンプルな柄の方を選び、進めることにしました。
冒険するときは小さいものでまず作ってからの方がよさそうです。

そのあとで和服でしたが、子ども園によって、今日が期限の提出物を持って行きました。
来月から仕事をするために必要です。
1か月の休業はあっという間に流れて行きますが、嬉しいものです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はじめてのケーク・オ・シトロン ・・・ cake au citron

2017-09-14 23:59:49 | dish
子ども園では先週だったか綿花の収穫がありました。
初めて見る生綿花。真っ白でなくブラウンで私の好みの色。







今週の初めだったか、子どもたちがピーマンを収穫して、給食室に届けていました。
帰り道、職員室の前を通って「お昼が楽しみだね」と話しながらクラスへ帰って行っていました。


今日は最近の我が家のdishたち。全く星岡に行っているのに~なんて感じですが・・

10日だったか、朝Moco's Kitchen でやっていたニョッキが使いかけの材料、アンチョビやトマト缶やら
イカとかがそろっているので夕飯に作ってみました。



イカとタコのトマトソースのニョッキです。アンチョビを入れるとそれらしくなるのね。あとバジルや玉ねぎ、セロリが入っています。
以前はニョッキも作っていたのですが、今回は簡単に市販のものを使って。




サラダは定番。アボガドとタコのわさびドレッシング。


星岡から帰った日はいただいたゴーヤを料理しました。
なぜかゴーヤはいつも同僚や、友達からもらったものをおいしくいただいています。



私が選んだ料理法はお豆腐を水切りして、油でカリカリに焼いて使う方法です。
後は醤油のほかにオイスターソースやら豆板醤とか適当に入れて味をつけます。

Aちゃんゴーヤありがとうございました。




全く統一が取れていませんが、前日作った里芋と以下の煮物も。




そして真夜中のケーキ作り。
職場の方からレシピをいただいて、「簡単よ」の一言で作りました。何しろ防腐剤を使っていない
レモンが高価で悪くなったら大変とあわてました。
数年前はよくバナナとくるみのパウンドを作っていたのですが、これもクックパッドで見つけて
とかしバターを入れるというお手抜きでした。
こちらはバターは冷蔵庫から出しておくだけで簡単に作れるとのこと。
カトル・カールとか昔バターを泡立てで混ぜるのが大変だった記憶があって
どうも作る気が失せていましたが・・




材料を混ぜて焼くだけ。




レモンのお砂糖でコーティング。
レモン果汁が多すぎて流れて失敗。




今朝寝坊したので、ケーキを食べて行きました。娘は通院で休暇を取っていたので
気が緩んだかも。


作り方)



アーモンド・プードルのローストは初めて使いました。冨澤商店でゲット。
今度上手くできそうもないシフォン・ケーキを教えていただけるというので楽しみにしています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

和服で参加する日本料理講習会 ・・・ Hoshigaoka in September, 2017

2017-09-13 23:59:46 | dish
古い日本家屋で行われる日本料理の講習会ほど和服を着ていくのにふさわしい場所はないのではという
あるばとろすさんに背中を押されて、私もできるだけ和服で参加しようと思いました。




今回は大島にいただいた海の帯にしました。小さな船や灯台などが描かれていて、初夏や初秋に
ふさわしいかと思いました。同じくお母様の着物を分けていただいた方からのものです。楽しそうな着物で
いただきましたが、私のウエストの幅に合わないらしく、前も後ろもやっとこれくらい柄が出るかというところです。

この大島は織に隙間があるので夏大島かと思いましたがうよくわかりません。








帰ってから家で前を撮ってみました。




お床を眺めて・・




料理のデモ中ですが、お皿がすてきなので撮らせていただきました。




たくさんのお話とともに、次々と料理が仕上がってきます。








9月の献立

椀  白玉忍びうに そうめん、錦糸卵
焼物 魚北海焼、卵焼き
煮物 ひりょうず
酢肴 酢じめ魚の東海寺和え
小鉢 ほうれん草 黄菊浸し
ご飯 萩ご飯











いつも家庭で作ってほしいと先生が思っている飛竜頭。




しめさばの和え物ですが、なんという胡瓜の繊細さ。
ここで作るしめさば塩でしめる作り方で、味がきつくなくとてもおいしいのです。
作り方をいつも聞くのですが、どうも最終的にメモがきちんと取れていなくて、家で試みていません。




















和服で畳の上を摺り摺り動いていたら、お茶をやりたくなってしまいました。
ここでも茶事を毎月開催しています。裏千家なので、お客で行く方だけ
いつか経験してみようかと思います。懐石料理の行きつく先です。
夜咄の茶事に出れるよう、今から時々顔を出してみるのもいいかもしれません。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

魚介類に合う南イタリアのワインで ・・・ Italian wine & sea food

2017-08-29 23:39:15 | dish
今日は連続3日目のヨガでした。今月分(1か月8回)の消化です。
昨日はやっているときは良かったのですが、夕食が済んだ後
まったりしてしまって、ブログも前日載せられなかった写真を
載せただけとなってしまいました。

今日は少し前のことになりますが、元の職場の友人と
神田のカンティーニに「魚貝と夏野菜、ワインのペアリング」
に行った時のワインを紹介します。

トドちゃんがイタリアン・バールを休業中なので、今までおいしいワインを
月に1回いただいていたのですが、行き先が無くなってしまいました。
ちょうどカンティーニから海の日のお知らせが来たのでちょうどいいかと
思って連絡して集まりました。






最近お気に入りのシチリアのワインなど珍しそうでした。
シェフが通い詰めたという築地。




マグロとオクラのマリネがおいしかった。




かわいいラベルのpino pino



ほとんど食べちゃったウニ乗せガスパチョ。
ウニのパスタとかもおいしいけれど、やっぱりわさび醤油が一番。












ふわっとした穴子とトマトがおいしかった。







メイン・ディッシュ
みんなでワイワイ話しながら食べるのはバーベキューがぴったり。
確かに魚貝に合う赤ワインでした。




アワビなんてこの前いつ食べたか忘れたくらい昔。




早く予約したので大人のかき氷のおまけつき。
リキュールをかけてあってさっぱりとおいしかったです。
後はエスプレッソで。



July 15  2017  Kanda

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の星岡 ・・・ Hoshigaoka August 2017

2017-08-16 23:56:15 | dish
盛夏に涼しくなると今までの疲れがどっとでるような
生温いお湯にでも使っているような体のだるさを感じます。

細かい雨の降る中、仕事帰りにスーパーにより両手いっぱい
食料品を買って帰りました。こんな気候ではこれから
野菜類が値上げしそうで安くなっているとすぐ重たいのも
忘れて買ってしまいます。
それにしても連続16日雨か曇りという8月にしてこの天気。

昼食を食べてソファーに座っていたらいつの間にか
寝てしまって、目が覚めたら目の前に心配そうにブルーが座っていました。

同期会の名簿をわからなくなる前に整理しておかなければと
新たにメールで来たわかった人の連絡先を入力しておく。
朝、昨日電話で話したKさんには郵送でプレアナウンスの案内を送っておきました。
郵送とメールと二つに分かれてしまうのは仕方がないか・・

なんだか二人ともバテ気味なので、スーパーで買った
焼き肉用のお肉を夕食にフライパンで焼いてみました。
初めて家で焼き肉風を作ってみました。
数日前に谷中生姜の三枚肉巻を作った時に焼き肉のたれが
いるというのでネットで作り方をみつけて作ったものが
冷蔵庫に残っていました。

今日は8月の星岡の料理をアップすることにしました。
すでにアルバトロスさんの素晴らしいレポートがあります。

8月の献立 (8月5日)

前 菜      素麺もどき (長芋)
 椀       ゆばとうふ 貝割菜 舞茸
焼 物      鮎酒塩焼 みどり酢添え
煮 物      柳川仕立 焼茄子
強 肴      鶏もも肉南蛮漬
小 鉢      干かますむしり
ご 飯      生姜ご飯

































                     






8日に穴子が手に入ったので、穴子で焼き茄子の柳川仕立てを作ってみたけれど、鉄のフライパンがいけなかったのか
色が黒くなってしまって、なんだか失敗。ささがきごぼうも短い柳刃で切ってみたけれどいただいたのみたいに
薄いものはできなかった。今度はピーラーか何かでトライしてみよう。先生は味が落ちると話されていたけれど。
土用が過ぎて安くなっていた鰻の白醤油焼を一切れだけ買っていたけど、中に入れなくて良かった。(8月8日)




前日漬けこんでいた鶏もも肉南蛮漬は翌日の昼に冷たい麺と一緒に試食。焼き茄子をさいたもの
を付け合せて。(8月11日)




夕食にも


                     


今日最後に上がってきたニュース。オバマ前大統領のツィッターのいいねが330万以上

"No one is born hating another person because of the color of his skin or his background or his religion..."





                                                                                                                                                                
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7月の星岡 ・・・・ Hoshigaoka July 2017

2017-08-10 23:43:15 | dish
猛烈な暑さが続き、今日は少し一段落。
月曜日は仕事からヨガ直行で、久しぶりに体を動かし
汗をいっぱいかいて、すっきりしました。
火曜日は一度家に帰ってから夕方のヨガを勇気を出して
出かけて時間ぎりぎりに滑り込み。
行ってしまえば、スタジオで無理なくレッスンをするのは
とても楽しい。

昨日は軽井沢の現代美術館を後に延ばして、
忘れてしまいそうな星岡日本料理講習会の7月分を載せようと
思っていたのだけどスマホから写真をPCに送っただけで
忘れていたお礼のメールを送ったり、料理をまじめに?したりして
久しぶりにもうだめと12時くらいに切り上げて寝ることにしました。
ほとんど毎日2時過ぎに寝ていたので、もっと早く寝ないといけないと思う。


7月の星岡日本料理講習会と家の夏料理など。

7月10日







7月の献立

向 付 椎茸 きゅうり 酢みそあえ
 椀  とうもろこし すり流し吉野仕立
焼 物 れんこん磯辺焼 みょうが
揚 物 天ぷら
     海老、紋甲いか、さつま芋
     南瓜、しその葉
強 肴 豚肩ロース蒸し煮
強 肴 うの花煮




れんこんの磯辺焼
蓮根をすりおろして、お豆腐や大和芋、くず粉などと合わせて蒸して、素揚げして、焼くという超手間がかかる料理。
皆で見ながら家ではやらな~いなんて話していました。蓮根もちとかはおいしそう。
蒸してから揚げるとかひと手間加えるととてもおいしいのはおいしいのだけど・・ 手間とおいしさをてんびんにかけて
手間をかける価値があれば作るっていう感じかな。実験としてまず作ってみるというのはありだけど。




こちらはぜひやってみたい、うの花の作り方。おからを水漉しする。
なんとざるに入れて冷水をかけて、ざるに残った方でなく、水の中に沈殿したおからを使う。
すごくきめ細かくなって、舌触りが全然違ってくる。







向付 椎茸ときゅうりの酢みそあえ はそのあと何回もリピートして作りました。




とうもろこしのすり流し 和食でもとうもろこしのスープがあるのね。甘くておいしかった。




れんこんの磯辺揚 うの花 
れんこんはそのままでもおいしいよねという問題でもないか・・
うの花はとてもおいしかった。












☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

夏の食卓から



見かけが全然違うけど胡瓜としいたけの酢みそあえ




コーンと枝豆、玉ねぎでかき揚げを作ってみた。しそはささみを巻いて天ぷら。鯵がおいしいのだけど。
かき揚げはソラマメの方がいい感じだけど、あり合わせのかき揚げでもおいしい。








義理の姉が鰻を送ってくれた。娘と食べたいねと言っていたら思いがけないプレゼント。いつも自分では
買えないような高価な果物とかありがたくいただいている。




オクラを豚肉で巻いたインヴォルティーニ。新生姜やオクラを巻くのはイタリア料理のトドちゃんから
教えてもらったもの。谷中生姜をそのまま巻いて食べるのもおいしい。




簡単に作れるパプリカのミートボールスープと。べジブロスで作ります。




夏の朝食の定番。モロヘイヤとトマトのスープ。




今年生協の野菜ボックスで初めて来た生木耳にはまってしまった。





鰻がもう一人分残っていたので2回目の土用の日に半分ずつ。




新生姜も甘酢に漬けてみた。少し古くなったので、皮をむいたりしたら自然のピンク色にはならなかった。



献立の記録を家計簿の別シートで付けているので、記録で食事の写真を撮ることも
結構あるのだけれど、ここまで載せて気持ち悪くなってきたのでもうストップ。
星岡で習った料理が少ない・・(泣)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

sweets

2017-06-29 23:59:36 | dish
今日は仕事が終わってコーヒーショップで簡単にランチを
取ってから、約束してあった銀行に手続きによりました。
マンションのローンを組んだことのある近くの銀行で、女性の
行員さんたちが若いのにとてもしっかりしていて
信頼できる感じ。元の職場の近くの信託銀行もフィナンシャル・プランナーの
女性がすばらしかった。

昨日は炒り豆腐とほうれん草の胡麻和え、簡単に天婦羅を作ったのだけど
今日は残りの海老を使って、ベトナム生春巻きを作りました。




物凄く久しぶりだったので、コツが良くつかめず、急いで作っていたら
もう男の料理。見た目雑であったが、おいしかった。

今回たぶん初めてしゃぶしゃぶの豚肉も海老と一緒に巻いて、もう1種類は
いつも作っているスモークサーモン。ヘルシーな夕食となりました。

裏高尾の写真を久しぶりに見て、自分で小さな花を見て、心洗われていましたが、
整理して載せる時間がなくて、娘が仕事帰りに買ってきてくれたケーキを
載せて今日は早めに寝ることにします。

娘は4月から新宿の本社勤務になったので8時ころには帰宅することが
できるようになりました。夕食はそれからなので9時近くに一緒にすることが
多くなりました。

昨日はケンカをしてしまったので、今日ケーキを買ってきたのかな?
とにかく忙しいのはわかるけどあまりに私に頼りっきりなので、
こちらもまだ仕事は少しだけどしているから、キレることもあります。
でも娘にはこれ以上わたしを怒らせると取り返しがつかなくなる
ラインを本能的にわかるらしくて、そこを超えることはありません。









recover ケーキです。
とてもおいしくて、私もちょっと大人げなかったかとも思ったり。

ベルギーのケーキは両親に金婚式のお祝いでもらった
ローゼンタールのお皿によく似合います。
カフェラントマンのザッハトルテも好きだけど・・


なんだかブログがだんだんインスタみたいになってきました。
かなり気ままです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月の星岡 ・・・ Hoshigaoka 2017 May

2017-06-23 23:56:26 | dish
今日は仕事の後で銀行、病院というルーチンな用事を済ませて
少し期待していた小林政広監督の「春との旅」をBSで見たけれど
期待はずれであった。映画というのは監督がすべて。どうまとめて
何が言いたいのかと・・ ぜいたくすぎる名優をたくさん使っているのに
主役は徳永えりの孫娘で、クライマックスは再婚した父(香川照之)に会う場面。
徳永えりの歩かせ方はやりすぎで何とも年齢不詳の役。仲代も元漁師の中に
ただ芸達者の仲代が出てくる。仲代達矢絶賛の脚本ということだけど
それほどではなかった。最後まで見たけれど終わり方も想像できた。
映画はやっぱり監督のもの、監督に責任あるとつくづく思いました。
あまり期待しないで見た是枝監督の「海よりも深く」はじわっと来ましたけれど。

5月の星岡の記録を残していなかったので
6月から遡って載せることにしました。


5月17日












5月の献立

 椀  若草むし 人参、えのき茸、巻湯葉
焼 物 鮭なんば巻焼 
煮 物 筍の松前煮
揚 物 豚肉参山椒揚げ ふきの信田焼
酢 肴 鯵酢
ご 飯 あさりご飯













オーブントースターでもできそうなのでお弁当のおかずにもいいかも。

















コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加