幹事クリタのコーカイブログ

テニスをはじめあれこれ好き勝手書いています。「幹事クリタのコーカイ日誌」のブログ版です。

フェデラーになる日

2017-07-15 23:59:33 | テニス
 テニス愛好家は年に4回プレーがリズミカルに軽やかになる時期があります。それがグランドスラムが開催されている期間。毎日のように世界のトッププロのプレーを見ていると、つい影響されて彼らのようなリズム、タイミングで打ってみたくなるのです。まあ全てのテニス愛好家ではなく、その中の一部のプレーも観戦も大好きな好事家だけでしょうけど。

 僕の場合は多くのファンと同様にフェデラーのプレーにどうしても影響されてしまいます。彼のファンだからということもありますが、テニスをしている人なら誰しもあんな華麗に美しく軽やかにプレーしてみたくなるのではないかと思います。まあ中にはナダルファンもいて、やたらとヘビートップスピンをかけまくって、打った利き腕を頭の上で回している人もいますけど。

 昨夜フェデラーの準決勝をフルでテレビ観戦して、終わったら寝て起きてテニスコートに行ったので、今日はイメージがすっかりフェデラーでした。サービスもフェデラー、リターンもフェデラー、ボレーもパッシングショットもフェデラー。もっとも多くの愛好家と同じく、脳内ではフェデラーのイメージですが、実際には恐らく普段のプレーと大差はありません。見ただけで同じことができたら苦労はないわけで、あくまでも自分のイメージだけがフェデラーなのです。

 それでも酷暑の中でフェデラーになり切ってプレーをしていると、時折「お、いまのプレーはフェデラーっぽく良い感じじゃないか?」と自己満足できることがあります。今日の僕なら下がりながらストレートにパスを打った時とか、サービスをセンターマーク付近に打てた時とか、ドロップボレーを決めた時とかに「これはフェデラーだ!」とこっそり胸の中でガッツポーズをしていました。

 この良いイメージをずっと持ち続けられたら良いのですが、なかなか録画してまで繰り返しフェデラーのプレーを見ていられるほど暇でもないので、結局どんどん忘れてしまっていつものプレーに戻ってしまいます。長年同じことを繰り返しているので、単なる夏の恒例行事です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィーナスの復活 | トップ | 夏の恒例「味仙会」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。