幹事クリタのコーカイブログ

テニスをはじめあれこれ好き勝手書いています。「幹事クリタのコーカイ日誌」のブログ版です。

イケメンの変遷

2017-05-25 23:59:17 | テレビ・芸能
 先日のテニスの後のお茶会の時のこと。なぜか「イケメン代表」の話になりました。僕が今どきのイケメンの例として松坂桃李、小栗旬、佐藤健あたりの名前を挙げたら、バブル世代のM瀬さん(女性)が「竹野内豊!」というものだから爆笑。いや、確かにイケメンなことは認めるけど、世代感が全開過ぎて笑ってしまいました。そしてアラフォーのSちゃん(女性)が「中川大志」とこちらはイマドキ過ぎる解答。なかなかイケメンと言えば誰、って答えるのは人柄世代趣味が出てしまうので怖いです。

 ネットで見た記事では、とある女性ファッション誌が選んだ「国宝級イケメンランキング」は1位が菅田将暉、2~10位は、中川大志、坂口健太郎、岩田剛典、山下智久、白濱亜嵐、登坂広臣、竹内涼真、福士蒼汰、野村周平だそうです。いかにも最新イケメンランキングで、古株の山Pが入っているのが不思議な感じです。そういえばジャニーズも山Pだけ。時代は変わってきています。

 長い間イケメンランキング常連だった木村拓哉、福山雅治、そして「トレンディ」(斎藤さんではない)だった竹野内豊や唐沢寿明、江口洋介、反町隆史らもみんなオジサンになってしまいました。時代はどんどん変わっていきます。僕が子どもの頃のイケメン(という言葉はまだなく「ハンサム」と呼ばれていましたが)と言えば、沢田研二、草刈正雄、志垣太郎、田村正和あたりでしょうか?その前は何といっても加山雄三でした。

 先日ロジャー・ムーアが亡くなりました。007と言えば初代のショーン・コネリー派と3代目のロジャー・ムーア派がいましたが、ちょうど映画を見まくっていた大学生の頃に出ていたロジャー・ムーアを当時「これが世界を代表するハンサムなのか」と思って見ていたものです。ロバート・レッドフォードの方がカッコ良いかなとは思っていましたが。

 アラン・ドロンも引退を発表しました。イケメンは常に移りゆくものです。まあ美女に比べればまだ寿命は長いですけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラタモリが名古屋に | トップ | 読売新聞の記者の思い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ・芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。