幹事クリタのコーカイブログ

テニスをはじめあれこれ好き勝手書いています。「幹事クリタのコーカイ日誌」のブログ版です。

天才少年藤井四段への期待

2017-04-05 16:03:24 | 時事
 スポーツであれ芸能であれ、どんな世界であっても、幼いころから天賦の才を発揮して一気に頂点へと駆け上がっていくさまを見るのは心が躍るものです。将棋の世界でいままさにそんな天才が開花しようとしています。

 昨年、「神武以来の天才」加藤一二三の記録を62年ぶりに破り14歳2か月という史上最年少でプロ棋士となった藤井聡太四段が、4日の対局に勝って、デビュー戦から11連勝の新記録を達成しました。棋士になって初勝利が記録を破った現役最年長の加藤九段で、その時も年齢差62歳の対決と話題になりましたが、なんとそれ以来負け知らずの11連勝には驚くばかりです。

 藤井四段は今後も最年少記録を次々に更新していく可能性が大きく、例えば最年少でのA級昇格(加藤一二三の18歳3か月)とか、最年少タイトル(屋敷伸之の18歳6か月)、最年少名人(谷川浩司の21歳2か月)などの記録更新を大いに期待したいところです。

 なにせまだ14歳でこの強さです。将棋界の巨人である大山、中原、谷川、羽生らのもつ様々な記録を塗り替えていくかも知れません。逆にまだ14歳だけにどこで挫折して折れてしまうかもわかりません。将棋界はこの宝を上手に育ててほしいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェデラーの大復活 | トップ | 花見は手段か目的か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。