幹事クリタのコーカイブログ

テニスをはじめあれこれ好き勝手書いています。「幹事クリタのコーカイ日誌」のブログ版です。

ナダルの復活

2017-05-15 23:29:41 | テニス
 マドリードのマスターズ1000大会をナダルが制しました。これでナダルは今季クレー大会はモンテカルロ、バルセロナに続き3大会連続優勝です。クレーでの成績は15勝0敗。大相撲なら全勝優勝並みの抜群の成績となりました。

 もちろん、かつての赤土の王者だったナダルなら、これくらいの成績を残しても不思議はないのですが、今のナダルは昨年秋から左手首の故障で休養を余儀なくされ、もはやナダルは終わったのではないかとまで言われたナダルです。もともと激しいプレースタイルゆえに故障も多く、昨年30歳になった年齢的問題もあり、グランドスラムタイトルも2014年の全仏以来3年遠ざかっています。

 ところが今季は開幕直後から好調で、全豪でフェデラーに敗れたものの準優勝、メキシコオープンでも準優勝、インディアンウェルズでもフェデラーに負けたものの4回戦、そしてマイアミでも決勝でフェデラーに敗れ準優勝。フェデラーの奇跡の復活劇の陰に隠れてはいましたが、ナダルもまた見事な復活を遂げていました。

 フェデラーはクレーシーズンに入って休みを取りましたが、ナダルはクレーシーズンで前述のように3大会優勝と完全に復活しました。この後にローマ、そして全仏とクレーの大会が続きますが、この勢いなら全て勝ってしまうかも知れません。それほどの勢いを感じます。

 ただナダルがここまで猛威を震っている裏には、昨年までフェデラーとナダルを追いこんでいたジョコビッチ、マレー、バブリンカの不調が影響しています。3人はここ3年間ほどツアーの主役となっていました。しかし過酷なツアーで常に勝ち上がるということは試合数が増大し、疲れと故障の元となります。3人とも決して若い選手ではなくベテランです。落ち込む順番がフェデラー、ナダルから彼らに回ってきてしまったのかも知れません。

 ナダルの不安は全仏まで体が悲鳴を上げないでもつかどうかです。錦織も手首の痛みを理由に早めに休みを取りましたが、ナダルの手首は大丈夫なのでしょうか。大舞台に主役が欠けることがないように祈りたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊調馨の逡巡 | トップ | 荒木もカウントダウンしない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テニス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。