漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大人虎変 > 君子豹変 > 小人革面

2009年11月22日 04時39分46秒 | Weblog
 [ブログ内検索] [易―中国古典選] [漢字に関する書籍]
大人虎変 > 君子豹変 > 小人革面

 大人虎変 > 君子豹変 > 小人革面 は、『周易』の第49卦 の 解説 に登場する言葉だが、このことばは一般的には、

 「過則勿憚改」(あやまてば、すなわち、あらたむるにはばかるなかれ) の意味で使われることが多いようだ。

 子曰:「君子不重則不威。學則不固。主忠信。無友不如己者。過則勿憚改。」

 (君子、重からざれば、すなわち威あらず。学べば、すなわち固ならず。忠信を主とせよ。己に如かざる者を友とする無かれ。過ちてはすなわち改むるに憚るなかれ。)

 とあるように、「まちがったら、わるびれずに、いさぎよく改めろ」というほどの意味で使われる。

 もっともあざやかに変わるのが「虎変」、「虎変」ほどではないがみごとに変わるのが「豹変」

 これに対して、「つまらない人間」(というけど、ごく普通の人 -- 小人)は、ちょっと顔色を変えるだけで、何も改めようとしないものだ。

 ・・・ などと解釈されている。

 けれども、『周易』を見るかぎり、そのような解釈はない。ただ「小人は、君主に従順にしたがうということだ」と記述されているにすぎない。君主がかわれば、次の君主にも素直に従うことと解釈すべきではなかろうか。まあ、人民はしたたかだから、いつの時代も「従順」に見せかけて、「うわべ」だけで服従してきたのかもしれない。

 また、為政者の側から言えば、「民は依らしむべし。知らしむべからず」 であり、「民」は無知蒙昧なので、為政者が代わっても、その都度その都度、すぐにてなずけることができる ・・・ ということではないか。

 それはさておき、「豹変」 という言葉は、いつの間にか悪い意味に使われるようになってしまった。今まで行ってきたこと、言ってきたことをケロリと忘れて変節する。

 今まで与党としてさんざんなことをしてきて、野党になったとたん、自分たちが行ってきた結果である現状を批判するなんて・・・。昨日言っていたことと違うじゃないか。図々しくも豹変したな。

 ・・・などという時に使う。

 しかし、それは本当の使い方ではない。

 「誠意をもって天命を改めれば吉」

 という、すなわち 「改革を断行しよう!」 という意味にもとれる、

  
  

 革 (澤火革)たくかかく 離下兌上

 の卦の解説なのでした。




「人と民」-- 漢字家族

虎・寅・とら・トラ(1)
虎・寅・とら・トラ - 漢字家族BLOG版
一擧兩得(いっきょりょうとく) -- 二頭の虎
假虎威狐(虎の威をかる狐)
暴虎馮河(ぼうこひょうか)
十干十二支 -- 干支(えと・かんし)

漢字家族携帯サイトURL




漢字質問箱バックナンバー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虎・寅・とら・トラ | トップ | 一擧兩得(いっきょりょうと... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL