漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牛・丑・うし・ウシ(2) 「牛」の語源について

2008年11月15日 11時50分27秒 | Weblog

 [ブログ内検索][丑の語源][牛・丑・うし・ウシ 鶏口牛後]
 

■音
 【ピンイン】[niu2]
 【漢音】ギュウ 【呉音】
 【訓読み】うし、ぎゅう
牛(字形)
■解字
 象形。牛の頭部を描いたもの。ンゴウという鳴き声をまねた擬声語。

「楚辞」の天問や「山海経」によると、殷(イン)の王子王亥(オウガイ)がはじめて牛を飼いならしたという。

 藤堂明保博士の 『漢字の話』(上)によると・・・

 「隋・唐の時代には ngiəu と発音したので、日本の漢字音ではギュウと読む」

 だそうで、今の北京語では、ng が n に変わったので niu2 というのだそうだ。

 まだ日本語になれていない中国人が、牛肉のことを 「ニューにく」 と発音したりするので、そこはきちんと聞き分けてあげる必要がある。

 「牛」のことを、ngiəu と発音した理由は、ウシのなき声をそのままとった擬声語だからだそうだ。

 役牛(えきぎゅう)は敏速ではないが忍耐力がある。中国人は重苦しくてねばっこい声を「ゴウゴウ(ngəu)」と形容するそうだが、それはウシの声とよく似ているから。

 鈍重だがねばりけのある性格を「牛性」というらしい。

 「牛耕」、すなわち牛を使う農作業は、漢の時代に普及し、さらに中国から西方へ伝わっていったという。

 中国でも古くから牛を食用にしていたらしく、論語に「割鶏焉用牛刀」という言葉があるが、これについては次回に。


十干十二支 -- 干支(えと・かんし)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛・丑・うし・ウシ(1) ... | トップ | 牛・丑・うし・ウシ(3) ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
インド・ヨーロッパ語族とシナ・チベット語族は同源もしくは接触したのか (人名力)
「今年の記述方針」で書いたように、漢字で外国人の名前を表記する時に対応する漢字があるかもしれない。『英語の語源』でも述べているように、シナ・チベット語族とインド・ヨーロッパ語族は、同源もしくは接触したのではないか。また、より詳しい記述は『漢英語源比較研...