漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「東」に似た部首?(柬)について

2008年09月28日 13時45分18秒 | 漢字質問箱ログ

 [ブログ内検索] [漢字に関する書籍] [漢字源] [中国古典選]
東に似た部首? 投稿者:瀋陽  投稿日:2008年 9月28日(日)12時38分51秒

 諫早 欄干 波瀾万丈などに使われる
 東に似た部分があります。これ単身の漢字は
 なさそうです。これはどのような意味で使われているのでしょうか
 ちなみに東の部首は木のようですが、これは木で引いても
 出てきません。教えていただけないでしょうか。


 瀋陽さんへのお返事です。

 「柬」という字は単独で存在します。
 「諫」と「欄」、「瀾」などは、別の家族に属するようです。

【柬】
 ■解字
  会意。「束(たば)+八印(わける)」。たばねたものをよりわけることを示す。
 ■音
  【漢音】カン 【呉音】ケン
  【訓読み】えらぶ
 ■意味
  えらぶ。えりわけて取り出す。選抜する。

【諫】
 ■解字
  会意兼形声。「言+音符(カン・よしあしをわける、おさえる)」。
 ■意味
  いさめる(いさむ)。いさめ。目上の人の言動をよりわけて、不正をおさえとどめるために意見する。


【欄】
 ■解字
  会意兼形声。「木+音符(ラン・さえぎる)」で、横に連ねて出入りを止める棒のこと。

【瀾】
 ■解字
  会意兼形声。は、出入り口の左右を横につないで出入りをとめること。瀾は「水+音符闌」で横に波頭をつらねたなみ。ずるずるとつながる意味を含む。⇒闌


【東】 の部首は「木」ではありません。
 「東」=「木+日」という説は誤りです。(訂正します)
 これは、本編にありますので、是非こちらをごらんください。
   ↓
10.「東」「同」「通」「衝」「童」「用」 ・・・(つきとおる)の家族

Re: 東に似た部首? 投稿者:nori  投稿日:投稿日:2008年 9月28日(日)14時00分35秒

nothingさん、お久しぶりです。

東の部首の件ですが、次のように考えております。

部首とは辞書編集者が辞書利用の便宜を目的に、楷書なり明朝体なりの、字形上の特徴から(その時の知見をもとにして)漢字を分類したもの。従って、特に、字源研究が進めば、字源とはかけはなれてしまう場合がある。

「東」=「木+日」という説は俗説だと思います。しかし、現在、木に分類している辞書がほとんどなので「東の部首は木である」のはしかたがないと思っています。というか、部首ってそういうものなんだろうな、と。

そこで質問ですが、東の部首を新たに設定するとしたら何でしょうか?
御意見をいただければ幸いです。

Re: 東に似た部首? 投稿者:nothing  投稿日:2008年 9月28日(日)22時42分11秒

noriさんへのお返事です。


> 部首とは辞書編集者が辞書利用の便宜を目的に、楷書なり明朝体なりの、字形上の特徴から(その時の知見をもとにして)漢字を分類したもの。

そのとおりですね。
字源的に「東=木+日」で成り立っているわけではない、とはいえますが、
東の部首は「木」ではない、とはいえないですね。
訂正いたします。

今、説文解字を見てみますと、「従木」とありましたので、多くの辞書ではこれにもとづいて部首を「木」としていると思います。(基本的には「康熙字典」を踏襲しているはずですが)
引く側から見れば、これは自然なことで引きやすいと思います。
すでに何度もコメントしていますが、長澤規矩也著の三省堂の明解漢和辞典では、
もちろん「木」で引けると思いますし、
「勝」という字も語源にかかわらず、「月」で引けるようになっています。

「部首」での分類をはじめた説文にしたがえば当然「木」となりますし、他の辞書でも同様だと思います。
「字源」と「部首」とは別々に考えないといけませんね。
回答をあせると、こういうミスがでます。
ご指摘ありがとうございました。

> そこで質問ですが、東の部首を新たに設定するとしたら何でしょうか?

新たに設定する必要性はないと思います。

Re: 東に似た部首? 投稿者:瀋陽  投稿日:2008年 9月28日(日)18時09分55秒

nori様へ、nothing様へ
ご丁寧なご回答まことに恐縮です。

nothing様の
>「柬」という字は単独で存在します。

でもう一度よくみましたら
木の部の5画目にありました。
失礼いたしました。

漢字に理解不足な私にとって音も意もわから
ないもののとき、漢和辞典(漢辞海)を持ち出して
もいつも苦労しています。音がわかれば国語辞典で
引いてしまい、漢和辞典は敬遠しがちで、なかなか
慣れません。

大変助かりました。どうもありがとうございました。


以上


漢字家族携帯サイトURL




漢字質問箱バックナンバー

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荘子:斉物論第二(3) 敢問天籟 | トップ | 荘子:斉物論第二(4) 大知閑... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たいき)
2011-02-12 23:56:02
1番目の字が携帯に出ない

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL