漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虎・寅・とら・トラ

2009年11月22日 01時54分13秒 | Weblog


虎(韓玉麟先生)

 [ブログ内検索] [漢字に関する書籍] [漢字源]
周易 革 (澤火革)たくかかく 離下兌上

 九五,大人虎變,未占有孚。

 《象》曰:“大人虎變”,其文炳也。

 上六,君子豹變,小人革面,征凶,居貞吉。

 《象》曰:“君子豹變”,其文蔚也。 “小人革面”,順以従君也。


「虎」(hu3の発音 | [藤堂明保著作]

  この解説は、Googleサイトで 「虎・寅・とら・トラ(1)」

虎(字形)
 「虎」という字は、字形のとおりトラの姿を描いた象形文字だが、なぜ「トラ」を「コ」と呼ぶのだろうか?

 動物園に行ったことがある人は、虎の「ホオー! ホー!」というなんともいえない恐ろしげな声を聞いたことがあることでしょう。

 音読みの「コ」、北京語では「hu3」 ・・・ というのは、虎が吠える声をとった擬声語だろう。

 「猫」のことを「mao1」と呼ぶのと同じ。

 さて、『周易』の第49の卦が 「澤火革」

 ここに、

 大人虎変 > 君子豹変 > 小人革面

 という一節があるが・・・


 とここまで書いたら、疲れてしまったので続きは次回に。 「寅」(十二支の寅)

 前置きの、「虎・寅・とら・トラ(1)」 だけでヘトヘトになってしまった。枕だけで終わるとは、カンタンのまくら。夢枕にしようと思ったけど目が冴えてしまったので別の作業にうつります。

 <引用はじめ>
  ニワトリはケーケーと鳴くので(ケイ・唐代には kei)といい、カラスはアーアーと鳴くので(ア・唐代には a1)という。トラはおそろしい声でホーホーとほえるので(コ・唐代には ho)と呼ぶし、キツネはクワクワと叫ぶので(コ・漢代には hua)という。してみると、イヌを(ケン)と称するのは、いうまでもなくそれがケンケン(k'uen)と鳴くからだ、と考えてよい。犬(ケン)ということばは、いわゆる擬声語なのである。

  『漢字の話Ⅰ』(藤堂明保・朝日新聞社)
 <引用おわり>

   「犬 狗 戌(いぬ)干支(えと) ─ 漢字家族」

 ・・・ 李時珍いうはその声に象(かたど)ると、虎唐音フウ、虎がフウと吼(ほ)えるその声をそのまま名としたというんだ。これはしかるべき説で凡(すべ)てどこでもオノマトープとて動物の声をその物の名としたのがすこぶる多い。 ・・・

   虎に関する史話と伝説民俗(南方熊楠 ・ 十二支考)




虎・寅・とら・トラ(1)
大人虎変 > 君子豹変 > 小人革面
一擧兩得(いっきょりょうとく) -- 二頭の虎
假虎威狐(虎の威をかる狐)
暴虎馮河(ぼうこひょうか)
十干十二支 -- 干支(えと・かんし)
「虎に関する史話と伝説民俗」(南方熊楠 ・ 十二支考)


漢字質問箱バックナンバー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーデル・リャンガー ??? | トップ | 大人虎変 > 君子豹変 > 小... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL