岩手の頑固親父

恵まれた自然、環境に暮す 老農のつぶやき、ぼやき

「政じい様」

2017-07-23 17:38:51 | 日々の暮らし

  痩せた土壌に良く咲く、きれいなピンクの「ねじり花」 最近は群生は、ほとんど見かかない、たまに数本、見かけるが草刈機で刈られたり、除草剤の影響を受けて少なくなっている。

 テレビもなかった昔、近所に「物知りの政じい様」と言われる人がいた。
 お金持ちとか学歴があるかではなく、むしろ学歴らしきものはなかった人だったかと思う。
 「物知りの政じい様」は、ほら(うそつき)じいさまと悪態をつく人もあったが「政じい様」のほら話は子ども心に楽しく、次の話をねだった。

 昔々、弓矢自慢の武将が、胡四王山から北にそびえる山に向かって弓矢を放った。
 現代で言えば、その距離10㌔近く、その山に僅かのところで、矢はそびえる山に届かなかった。
 「届かない」は、この地方の方言で「とづかない」・・「とづかない森」・・・「戸塚森」と呼ばれるようになった。
   胡四王山付近から戸塚森を望む 弓矢の届く距離ではない!

 万事、この調子の「政じい様」の話は、子ども心をわくわくさせ、次の「ほら話」を待った。
 三郎堤の「首洗いの池」 、 本宮さんの「首塚」、  寝小便する子が参る山の神さんの「金精さま」、姥捨ての話等々

 パソコン、スマホ全盛の現代、裏付けのない話など子供が受け付けてくれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ありがとうございます」 | トップ | ゆっくり田んぼ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。