岩手の頑固親父

恵まれた自然、環境に暮す 老農のつぶやき、ぼやき

「ありがとうございます」

2017-07-23 12:07:47 | いなか暮し

 入院中の8階の病室からは盛岡の街が見下ろせる。
 道路を行く車や、歩く人が僅かに見えているが、そのほかは大小のビルやマンションが林立して、殺風景な景色が広がり、その向こうには岩手山が見えている。
 殺風景な景色も、優しい看護婦さん(あえて師ではなく婦)に救われる。
 みんな優しくてきれい (だと、思う・・みんなマスクをしている)
 加えて、病院の指導もあるのだろう、何につけても 「ありがとう ございます」と言ってくれる。
 看護婦さんばかりではない、掃除をしてくれる人、お茶を持ってきてくれる人、先生までもが気軽に 「ありがとうございます」
 「ありがとうございます」 は人を近づける、つられてこちらも 「ありがとうございます」
 その言葉で、殺風景な病院も明るい感じがする。
  今の時期、里山には白い豪華な花が咲く、何という花だろう・・

 居心地は悪くはないが入院生活は退屈・・・・・
 田舎で暮らすわが身は、やっぱり花の咲く田舎がいい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「脳トレ・・・」 | トップ | 「政じい様」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いなか暮し」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。