いつまで続くかBLOG

私(かにたま)の適当きまぐれブログです☆
気軽にコメント!よろしくメカドック

料理教室・61度目☆

2016年10月07日 | ネパール料理・教室
写真のストックを見てたら~中国地方旅行記に紛れて、9月の料理教室をUPし忘れてたことに気がついた(^^;

てなわけで、9月はこんなご様子

ふふふ、茶色いまつり♪茶色いおかずはおいしいのだ( ̄m ̄)でも、ちゃんと見るとカラフルなんだよ!

メインで習ったのはエッグビリヤニ☆
7月に習ったエッグカレーをさらに進化させてつくるメニューなのだ。

大きな鍋に硬めに茹でたお米(バスマティライス)、カレー、お米と層のように入れて、ナッツやフライにした玉ねぎ、彩りに人参やミントなどの葉物をのせて蒸らし…

仕上がったところで、底からすくい出すようにして混ぜると、ビリヤニの特徴である色んな色のごはんに仕上がるというワケ(^.^)パッと見に鶏肉みたいに見えるのは、焼き色をつけた玉子…この焼き色の部分はまた香ばしくて風味がよいのである。

ダイニングテーブルいっぱいにお皿を広げて配膳しているよ~一番お腹が鳴る時かも(笑)


他のおかずたちはこんな感じ↑左上から時計回りに
・バンダコアチャール
バンダ=茄子、それの酸っぱい和えもの。焼き茄子をベースに作るんだけど~それまで焼き茄子には生姜と醤油だとばかり思ってたのが、こんな食べ方もあったんだと初めて習った時は目からウロコだったなぁ(*^^*ゞ
先日クックパッドの茄子料理のランキングで1位になったんだとか!すごい!
・季節のサブジ
サブジは平たく書くとカレーっぽい風味の炒め煮。野菜の甘さとスパイスの風味でずーっと食べ続けられそうな味。先生のように風味良くは仕上げられないけれど、今では家でも時々作って食べるメニュー。野菜が沢山摂れるのだ。
・玉ねぎのピャジ
ものすごいシンプルな玉ねぎオンリーのかきあげのようなもの。日本ではかき揚げの生地に小麦粉を使うけれど、ピャジの場合はベイスン粉というひよこ豆の粉を使うのだ。風味づけなのかな?アジョワンシードをさらっと入れて、塩少々入れたら、玉ねぎの水分だけでまとめて揚げるの…香ばしく、玉ねぎの甘みとアジョワンの風味でこれまた美味しい。
・ローサラダ
もう何バージョン目なのか数えてない先生オリジナルのサラダ。びっくりすることに生のピーマンと茗荷も入ってる!なかなかパンチのある組み合わせだよなって思うけれど、アボカドが入ることでまろやかでクセがちょうどいい具合に落ち着くのだ。これも真似しようにもなかなか~なもの。


仕上げにチヤ(スパイシーなミルクティ)と自家製デザート。
デザート…今回はパフェなのだ!
ベースにココナッツのパンナコッタ、赤いのは秘密なゼリー(材料言われるまで分からなかった!)そしてフルーツいっぱいとココナッツサブレ…美味しい(*^_^*)満腹でもぺろりさ♪

今回はご自分でもネパール料理のお店をされてる方もご一緒で、何の前触れも無く普通に手食(手で食べること)されてて、それがまぁ違和感なく自然でびっくりしたよ~先生と一緒に「ネパールあるある」を話されてて、こう視点が違うとこんな質問なんだとか話題なんだとか、いつも以上に新鮮で楽しかった☆
数だけ見ると60回以上通ってても…毎月書いてるけれど発見や勉強だらけ!(^-^)嬉しいなぁなのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 40年 | トップ | カレーまつり その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。