BLOG STATION
東京発世界行

written by Ken
 



ブログの過去記事の活用といったテーマで、最近、記事を書き続けているのですが、その中で、過去記事についてのネガティブな側面の書かれた記事をいくつか読みましたので、このことについて考えてみたいと思います。

■強要はよくない
過去記事を読むか読まないかについては俺も余り、人様の過去記事は読んで無いので何ともいえないけど。そのブロガーの大まかなバックボーンくらいは、掴んでおきたいですね。

ですが、そのブロガーと関わる場合、予備知識として、相手の過去記事を、わざわざ時間を割いて読む必要は無いです。

過去記事を置いている理由は、検索から飛んでくるアクセス数を獲得する為に過ぎないです。最近の記事を読んだ読者に、過去記事を読め、と強要する為に置いてるわけでは有りません。

(中略)

ブロガー同士が交流するにおいて、過去記事を読め、と強要するような人とは関わりたく無いです。読むか、読まないかの選択権は、俺に有ります。

 (heartbraking.:過去記事は無理して読まなくてイイです
本を読むときに、1ページ目から順番に読まなくてはならない決まりはありません。それと同様、ブログも過去記事から順番に読まなければならないわけではなく、読者が過去記事を読んでいる前提で説明不足な書き方をするのは、読者に対して不親切だと思います。
長編小説を読む場合は、1ページ目から順に読まないとストーリーがわからなくなってしまいますが、これは十分に筋書きや伏線が練られた構成になっているからであって、permalink を主体とするブログのほとんどが、当初からそのような構成になっていない以上、良い書き方とはいえないのではないでしょうか。(よく考えたら、小説家は必ずしも1ページ目から順に書いているわけではありませんよね。)

■気持ち悪い
過去ログ読みました。全部ですっ!……気持ち悪いよ、やっぱり。
 (【SOMETHING BLUE】 - 長文コメントと過去ログに関して。

ある日お初と思われる人が来て、同じ人が全ての記事をカテゴリごとに全部読んで行ったのをたまたま見つけてしまい、「コレ、ダレ?」と背中が薄ら寒くなった思い出があります。
それが嬉しい、という人も居るのでしょうが、わたしゃダメですね。

 (同コメント欄
この「気持ち悪さ」は、感覚的には僕もよくわかります。
僕は、過去記事が読まれること自体は嫌ではないのですが、読者からの反応が全くないまま、アクセスだけが増えていく状態というのは、なんとなく薄気味の悪さを感じることがありますし、ある日突然、「あなたのブログの記事を全部読みました」なんて言われたら、かなりビビります。
この「気持ち悪い」心理はどこから来るのでしょうか。

■文章って外見だよね
 文章って外見だよねと思う。正確には外見よりも偽りやすく、外見よりも内面を垣間見る可能性のあるものだ。文章から判断できる人物像は偽りでありながらも真実である。どうやっても癖がでるいじょう、そうとうの技術でもない限り内面を出さないことは不可能である。
 第一印象は外見で決められるとよくいわれる。ブログだってそのときにはじめてみた文章でその人の像を作り、見続けることで自分なりのその人の像をつくっていく。それは他人とは違う部分もあれば同じ部分もある。そういう幻なのだ。結局、文章からは人はよくわからないのだ。

 (タルタルソースも空をとぶ:文章から人はわからない
文章には書き手の人柄がにじみ出るものだと思いますし、書き手の人柄が窺える文章に共感を覚えることはよく経験するところです。
しかし、文章に書かれているのは、書き手の全てではありません。僕は自分が考え、思ったことを文章にしますが、そこに書かれているのは、僕の全てではないのです。
僕が自分について書くとき、それは読者に「見せたい自分」を切り取って書いているわけで、そういう意味で、文章に書かれているのは、“自分の外見”だということになりますね。
そこで、「これが自分の姿だ」と読者に思わせることが出来れば、文章としてはそれなりに成功なのかもしれませんが、思わぬところで錯覚してしまう読者も出現することがあります。
「あなたの過去記事を読破しました」と、うれしそうに報告するひとが、往々にして、相手のことを全部理解したかのように振舞うとき、前項で述べた「気持ち悪さ」を感じるのかもしれませんね。

---
【関連記事】
「書く」ことは「自分を見せる」ことである

コメント ( 12 ) | Trackback ( 2 ) このエントリーを含むはてなブックマーク



« 読まれる過去記事... トラックバックと... »
 
コメント
 
 
 
「気持ち悪い」 (reitoki)
2006-05-02 19:58:41
気持ち悪い、とい表現は適切ではなかったかなぁ、と思いながらその感情をうまく表せなかったのですが、このエントリーを読んで、「ああそうか。」と思いました。



過去ログを読まれたことで「私を全部知られた」感覚にとらわれていたのかもしれません。

実際の自分はかなり性悪ですのでたまに誉められたりするのも気持ち悪かったりします。

「それはあなたの錯覚ですよ」とも言えないし。



私にとって過去ログは「思い出」なんですよ。古い日記(記事)と古い手紙(コメント)。

捨てられないし触られたくない。そういう感じです。
 
 
 
パズルだよな (小樽)
2006-05-02 20:14:58
最近考えたのは過去記事って永遠に完成しないパズルの断片だよなってことですね。



俺も興味をもった人の人物像を組むのにごくごくまれですが過去記事を見ます。その中からその人を考えるんですが、断片はどうやってもたりません。また、当てはめた断片が本当に正しい断片化なんて誰にもわからないです。



完成しないパズルか…それはそれでおもしろくもあったりするんですけど。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2006-05-02 20:25:11
>reitokiさん

「思い出」は、捨てられないし、触られたくもない。

その気持ちは、僕もすごくわかります。

でも、はてブコメントに書かれているように、それだけではないのかもしれません。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.goo.ne.jp/kanimaster/e/1a8e5e6c6ebbb577cfc0160255f3697d

では一体、ブロガーが記事(ログ)を残すのは何のためなのか。

意外に深いテーマかもしれませんね。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2006-05-02 20:29:06
>小樽さん

読者がいくら記事を読んでもパズルが完成しないのと同様に、

ブロガーはブログを完成させることは出来ないのかもしれません。

僕たちは、一体何のためにブログの更新を続けるのでしょうか。

コメント、ありがとう。
 
 
 
こんばんは。 (ゆがんだはしご)
2006-05-02 23:57:19
1ページ目から順に表示しても、同カテゴリーの記事数が、100件前後になってしまうと、余程熱心な読者でなければ読まないですよね。膨大な過去記事には、手が付けられない現状を放置しています。



常々kenさんがおっしゃるように、既出の記事を新たに書き直してUPした方が良いかもしれません。



新しいエントリーの中に、過去記事の「最も色気のある断片」を取り入れて、それとなく匂わすのも、ミステリアスで良いかと思います。気になる読者は、過去を遡って読破しようと試みるかもしれません。



あくまで強要はしないが、それとなく気付かせる、チラリズムみたいな。チラチラと小出しに見せてくのが良いかもしれません。隠してるものは、暴きたくなる心理です。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2006-05-03 11:42:03
>ゆがんだはしごさん

ブログ主からおすすめ(強要)されなくても、読者が興味を持てば、過去記事を読んでみたくなるものですね。

ゆがんだはしごさんは、僕のブログの過去記事を丹念に読んで、ブクマしてくださっているので、とてもうれしく思っているんですよ。

本記事の末尾からリンクしている【関連記事】は、割とよくクリックされているようですので、最新記事から過去記事へリンクを貼る方法も、書き手の立場から見ると、効果的といえるかもしれません。
 
 
 
Unknown (ブリ)
2007-12-29 10:41:51
はぢめまして。ブリといいます。小樽クンのブログから来ました。
そうですよね〜。確かに文章って人となりが表れるけど全てではない。リアルで会って「日記と全然違う・・つか文章に出てた人となりがみじんも感じられない」という人もいたもの。人間って未知のものには恐れるから「これはこういう人だ」と人間象を作ってそれに当てはめて安心してるのかもしれないね。誰(たとえば芸能人)に似てるとか考えるのは無意識のうちに恐れているからだそうです。

「過去ログ全部読みました!」というのもアレですね。気持ちはわかるけど敢えてそれを言うのは如何なものかと(汗)。あなたに興味があるから・・というものなんだろうけど。それはそれで嬉しいけどねぇ。ウチにもそういう人が来たことあるのだけど律儀な・・としかいいようもないくらいな人で(つか弱小SNSの管理人みたい)。人それぞれですよね。

更新頑張ってください。でわでわ。
 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2007-12-29 11:53:07
>ブリさん
1年半前の記事へようこそ。
(このブログは現在更新していないんですけどね。)
この記事自体が過去記事になってしまっているので、ちょっと不思議な気持ちになりました。
 
 
 
そっこーレスありがとうございます。 (ブリ)
2007-12-29 18:06:31
つか早っ。ま、過去記事にレスなんて検索から来ればいっぱいありますもんね。逆アクセスランキングというよりはウチの記事ランキングを貼り付けたら意外や意外、初期のころの記事やタイトルが妙にエッチ(じ、じっさいはマジメなんだよ)だったりしたのが来たりして面白いです。「ふぅぅん。こんな記事が人気なのか」って。実際は人気というよりも検索された順位なのですがね(ぶっ)。
 
 
 
ブリさん (Ken)
2007-12-29 21:46:53
検索エンジン経由で過去記事に到着するのは当たり前の話なので、この記事には関係ないですね。
 
 
 
気持ち悪い について (na)
2008-02-23 03:30:08
はじめまして

そういった感覚に陥ることが理解できません。

なぜなら、僕は本当に興味ある人のブログはすべて読むからです。ただ、そのことをアピールするかしないかは別として。

本気で過去のことに対して隠したいならこんなブログに掲載するよりも、メモ帳でデスクトップにでも保存すればいいのでは?

検索のネタ>過去の自分の記事のすべて

とでも、言えばいいのでしょうか?

 
 
 
こんにちは。 (Ken)
2008-02-23 09:51:05
>naさん
「気持ち悪い」という感覚を理解できなくても構わないと思うんですけど、そういう風に感じるひとが存在することは認識しておいたほうが良いと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
過去ログを読まれるのが気持ち悪い心理 (suVeneのあれ)
BLOG STATION:過去記事を読まれて違和感を感じるケース 過去ログを読まれると気持ち悪さを感じる人がいるという。 よく見かけるのは、「気持ち悪い」って言うのは、いい言葉が思いつかなくて使われているようだ。
 
 
 
[blog]過去ログはどこまであなたを表すのか? (北の大地から送る物欲日記)
過去ログを読まれることについての話題を追いかけながら。 ekken♂:過去ログを読まれて「気持ち悪い」のなら削除しておけば?(from Alpha Clipper Clips)を読んで、最近「過去ログ」というキーワードがちらほらと目についていたので、紹介されている記事や引用 ...
 
 


 
HP制作