木のように生きよう!!

「世界の巨樹を見に行く会」で巨樹を訪ねるとともに、日本の写真が海外のアート市場で認められるように頑張っています……。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南米ツアーは見所満載でした!!

2014-03-13 08:52:21 | 巨樹の旅


2014年2月21日~3月3日、今年初の『世界の巨樹を見に行く会』の海外ツアーが開催されました。
場所は南米です。


P1090747 
今回訪ねたのは、チリとアルゼンチンの巨樹、そして、ボリビアのウユニ塩湖でした。


P1090792 
世界最大の塩湖は四国の半分もある広さ。そして、天空の水鏡ともいわれる絶景を余すところなく見せてくれました。標高3700メートルで高山病にも悩まされましたが、青空を映すウユニ塩湖の中でいただいたランチは忘れられない思い出になりました。


P1090973 
チリではトゲトゲの樹皮と葉が印象的なモンキーパズル(チリ松)の巨樹を見に行きました。常緑の南極ブナとチリ松、竹の混合林はこれまで見たことのない森です。

そして、かつて日本の建築材として盛んに伐採されていたアレルセの巨樹も見に……。樹齢3000年以上の圧倒されるほどの木でした。


P1090953_3 
アレルセの森を見た晩はこんな美しい火山と湖が窓の外に広がる素敵なホテルに宿泊しました。

富士山のように美しいこの山を眺めながら、次の日は、バスと船を7回も乗り換えながら、陸路でアルゼンチンへと渡りました。


P1100005 
アルゼンチンでは、南米のスイスといわけるバリローチェからこんな変わった森も見に行きました。ギンバイカというユーカリの1種で巨木もありましたが、この森は世界で唯一ここにしかないそうです。

ビクニックにきていた現地の方が飲んでいたマテ茶をいただいたのもいい思い出になりました。特製のカップに水筒からお湯を注いで、金属性のストローで飲むマテ茶はあまりにも苦かった~。


P1100065 
ブエノスアイレスではこんな巨木も見ました。イチジク属のゴムノキの仲間らしいです。植えられたものだということでしたが、これよりも大きい木など数本がありました。


P1100110 
樹の本を探しに行ったブエノスアイレスの本屋さんもこんなに素敵なところでした。元映画館だったということですが、それにしても素敵!!

ほかにも、今回はタンゴショーを見学したり……。

チリとアルゼンチンはとにかく遠く、広い国。3つの国を訪ねたこともありますが、なんと飛行機には10回乗りました。途中でも船とバスを何度も乗り換えたりと結構たいへんな旅になりましたが、それだけに中身のたっぷり詰まった忘れられない旅になった気がしています。

ということで、そんな旅を動画にまとめてみました。
※ハイビジョン撮影していますので、720HD画質&大型プレーヤーに設定変更してご覧ください。


YouTube: 2014年南米ツアーvol.1



YouTube: 2014年南米ツアーvol.2



YouTube: 2014年南米ツアーvol.3



YouTube: 2014年南米ツアーvol.4



YouTube: 2014年南米ツアーvol.5




参加してくださった皆さん、たいへんお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

来年はいよいよスイスですよー!!!!
そして、今年2回目はブータン? ボルネオ? スリランカ? どこにしようかな?
いま、調査中なので、お楽しみにー!!!!!!!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感動のイギリスツアーでした!! | トップ | 写真で世界を目指す方を応援... »
最近の画像もっと見る

巨樹の旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。