かに。の徒然バトルライン 

8-senses製作の無料ゲームBATTLE LINEに関して色々と。あと対戦配信とかも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第10回FNBL対戦動画。2回戦(槍)

2009年12月02日 | BATTLE LINE
今日は第10回FNBL2回戦の動画をUPしました。

2回戦で使ったのは槍デッキです。対戦相手は元祖「厄」のいまゆしさん。

↓2回戦の対戦動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8980462

↓同じ試合、こちらはセクシーヴォイスが聴けるいまゆしさんSide
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8954947

↓使用デッキはこちらです。

デッキ名『単兵祭り~槍~』


第6回FNBLで使用したデッキがベースになっています。
ミクニが弱体化してしまったので、パクノスにチェンジ、
飛ばすものがない現地の案内人の変わりに偽報が入っています。
パクノスの投入で食料枠に1枚分の余裕が出来たので
手札に1枚あると選択肢が一気に増えるヴァージンパイクを採用しています。
もちろんパクノスよりもディアドラやマノスを使っても良いと思いますが
この辺りは好みの問題になるかと思います。



※ここから別の話。

とりあえず動画作りの作業手順を変えてみたら意外と良い感じに。
とりあえず自分のための覚え書きを。

・アマレココで撮影 800×600(10fps)(コーデックはAMV3可逆標準)
・Crystel Engineで3倍速化 800×600(30fps)(H.264 loss less)
・AnyFileConverterで 800×600(30fps)の.avi から 512×384(15fps)の.mp4に。
 ビットレートも600kbps以下になる様に調整。

BatchDOO だと微妙なビットレートのコントロールが難しかったのと、
800×600から512×384解像度に縮小したときのノイズが激しかったので。
使用ソフトを BatchDOO から AnyFileConverter に変更。 
ノイズも問題なさそうなので解像度も 800×600(10fps)→ 512×384(15fps)に。
BatchDOOが対応していない(?)コーデックが意外とあったということもあります。

Crystel Engineもようやくまともに機能を使えるようになってきました。
ffdshowを利用してCrystel Engineで編集したモノも可逆圧縮で出力するように。
これで中間出力を全部可逆圧縮で行えるようになりました。


BGMは今回もヴィーナス&ブレイブスから借用。

↓シナリオもシステムもとってもステキなゲーム『ヴィーナス&ブレイブス』の販促PV
http://www.nicovideo.jp/watch/sm230390

今でもこのPVで鳥肌&涙腺緩んでしまうぐらい好きなゲームです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10回FNBL対戦動画。1回戦... | トップ | 第10回FNBL対戦動画。3回戦... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ビター茶)
2009-12-03 17:27:48
初めまして。
動画を拝見させていただきました。

私の場合射撃が怖くて大型になりがちなのですが、
こういう速い展開も出来るんだと参考になりました。

動画UP毎回楽しみにしてます。
ありがとうございます。 (かに。)
2009-12-03 23:17:17
バトルネットでは何度か対戦させてもらいましたね。
ビター茶さんのブログも時々見させてもらってます。

動画を撮るようになって自分のミスの多さに愕然としていて
正直UPしていて恥ずかしい時も多いのですが、
このように言ってもらえるとやはり嬉しいものです。

今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。