かに。の徒然バトルライン 

8-senses製作の無料ゲームBATTLE LINEに関して色々と。あと対戦配信とかも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第8回FNBL参加レポート

2009年10月27日 | BATTLE LINE
ネタの鮮度の△さに定評のあるかに。です。

先週金曜に保坂さん主催の第8回FNBLに参加してきました。
結果は3勝1敗の4位と上々だったのですが、
多少頑張って参加できるようにした反動か、週末は公私ともにする事が多かったです。
という訳で今回もちょっと遅めのFNBLの参加レポートです。


まずは使用デッキの方から

デッキ名『SDW』


デッキタイプ:射単ウィニー
食料/ユニット/戦術: 10/20/10
総コスト/食料供給:2.0(24/12)

コスト分布
0: 4枚
1:11枚(パクノスはコスト1でカウント)
2: 3枚
3: 2枚

昔から使っている射単デッキの中のひとつですね~。
軽量弓兵10体セットに、コストパフォーマンスの良い無兵種を2種4体、
ハイロウで強化することで非常に高い場の掌握能力を発揮する
ガンブレード兵1体 を一般兵として採用しています。
英雄は弱くはないんだけれどなんだかんだで地味な子が多めですね。

しかし、他にも何人かの方が仰っていますが、
野良試合で勝てるデッキと大会で勝てるデッキはやっぱり違うんですね~。

今まで射撃デッキにおけるプルルの必要性をあまり感じ感じて来なかったのですが、
上手い人の正確な位置取りで繰り出される大型ユニットに対抗するためには
「読まれた上で止められない」プルルのカードパワーが必要なのだと今回の大会で実感しました。

このデッキを改良するならば、やはり 
『マーサ → プルル』が最初に来るのではないでしょうか?
そうするとやや「待ち」の形が増える&トーファイがさらに止まらなくなる
ので、ベルセルクが欲しくなりますね~。
その時にガンブレード兵を抜いてしまっても良いのですが、
3点射撃要因が減ってしまうのと、コストが軽くなる事も考えると
同時に『パクノス → アルゴ』なんかもアリかもしれません。
ハイロウとプルルのダブルエースと考えれば結構な安定感ですし
両方引いた場合はハイロウを戦術的に使えますね。

これからは自分の射撃デッキの中に時々プルルも見かけるようになると思います。
毎度のことですが、普段と違う大会という機会で発見できることは多いですね。



では、以下各試合の振り返りです。


1回戦 VS シンさん

初戦の相手はドラフト大会と同じでシンさん。
先攻のシンさんはバンディットからのスタート。
これを弓兵の射撃で打ち落とそううとしますが5ターン目に突風を使われます。
まあしかしこれで後の心配がなったなと思っていると今度はバクドウ。
陣形に気を配りながらにらみ合いに、結局17ターン目に2対2交換と被害を最小限に抑えます。
そして登場するテジロフ、19ターンにはプルルと弓兵も出現します。
しかし、ここでまさかのフリーズ;;
延長前だったので、引き分けかなと思っていたのですが、
シンさんが紳士的に「負けで良いですよ」と言ってくれたので、
(一応シンさんの食料値が5だったのと自軍のユニットの中にフロトンがいたことも考えて)
ご好意に甘えて自分の勝ちということにさせてもらいました。


2回戦 VS gameさん

次の相手はgameさん。
称号が【対戦大好き】VS【ゲーム大好き】だったのが少し面白かったです。 
対戦内容の方は、20枚程度のドローで(12枚中)11枚の食料を引いてしまったという
gameさんの事故っぷりに乗じて弓スクラム4でユニットをねじ込み勝利。
制圧までに片手で数えられるほどのユニットしか見ませんでした;;
デッキにはギア、バルザック、ピリカといったユニットが入っていたそうなので
普通のドローであればかなり苦しい戦いになっていたと思います。
一回戦に続いて棚ボタ的勝利です。


3回戦 VS tenteさん

3回戦の相手は前回も後一歩で優勝だったtenteさん。
先攻をとって攻撃するも最初に出てきたメリッサにしっかりと守られて
これを倒すのに時間をとられてしまします。
その後もそれなりに攻めこめるのですが制圧には程遠いまま、延長戦へ。
延長突入時に残っていた敵ユニットはの4体だけ
(パラディン、装甲槍兵、ヴァージンパイク、ドロシー)
だったのですが配置が絶妙でどうがんばっても頭数を減らせない陣形に
20ターン目に登場したヴァージンパイクと案内人で飛んできた装甲槍兵
にしてやられてしましました。
やはり、最終20ターンの案内人は射単の天敵です。
ここでマーサよりプルルの方が良いんじゃないかと思うように。
(この試合ではマーサを引いてなかったんですけどね。)


4回戦 VS WILさん

最終戦はFNBLで一番負けている相手、WILさんと対戦。
いや、別に苦手とか言う話じゃなくて純粋に強いんですよね;;
しかし今回はデッキの相性が良かったようで、(半ネタの伝説デッキ)
序盤に出てきたロンパイア兵とマナには苦しめられますが
早い段階から移動戦術を握っていたこともあって全体的に有利に試合を進められました。
終盤に色々とうっかりとしていたせいで、バルガに中立で巨大化されたりもしましたが
ハイロウがいたので無事にクロスボウで撃墜。
食料値に差があったためユニットの数で圧倒する形で勝利しました。
しかし、運よく勝てたから良かったもののプラチナ星するのプレイじゃないよ……;;

ちなみに対戦後の会話で「射単で先攻はありなの?(要約)」と聞かれたのですが……
無しではないけど、大会上位者ほどの相手にはつらいな~という感じでしょうか;
射単デッキだと上手く凌がれてしまうと、「どうにもできない状況」というのが多く出てくるので……
ここでもプルルの必要性を感じることが出来ました。



5回戦(エキシビジョンマッチ)VS FSSさん

今回は参加者が少なめだったエキシビジョンマッチ。
見事初優勝を決めたFSSさんがお相手です。
しかし、WILさんとのお話に夢中になっていていて遅刻;;
プレイヤー同士の交流も大会の魅力だからしょうがないですよね?

スイマセン、次からは気を付けます……orz

対戦内容をあまり思い出せないのですが(書くのが遅いから)
大型ユニットをどうにもできなくて敗北、的確に弱点を突かれた形だったと思います。
一時期エキシビジョンではなかなか勝てないな~と思っていたのですが
あれです、単純に腕の割に本戦で成績残せているから
強い人と当るのが原因だと最近気がつきました。


今回もいつも通り楽しい大会でした。
次回FNBLはまた2週間後ということでデッキを練る時間はたっぷりとあります。
今まで参加したことの無い方も是非ぜひ参加してくださいね。
きっと多くの出会いと発見があるはずですよ~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  やっべ、オラ、何だかワクワ... | トップ | 対戦ライブ配信 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。